スーパーフォーミュラ 第1戦・第2戦:富士

デビュー戦優勝の偉業達成! リアム・ローソン「勝利を目指せると思って、レースに臨んだわけじゃない」 SC中、実はトラブルの兆候も??

リアム・ローソン(TEAM MUGEN)は、富士スピードウェイで行なわれたスーパーフォーミュラの開幕戦で優勝。曰く、勝利を目指せるとは思っていなかったという。

リアム・ローソン:Team Mugen

 スーパーフォーミュラの2023年シーズン開幕戦が富士スピードウェイで行なわれ、TEAM MUGENのリアム・ローソンが初優勝。ローソンはこれがスーパーフォーミュラで最初のレースであり、それを勝利で飾るという望外の結果を手にすることになった。

 ローソンはこの結果について「勝利を目指していたわけではなかった」と語った。

 ローソンは予選3番手となり、後方では多数のエンジンストールやクラッシュが相次ぐ中、比較的順調なスタートを決め、3番手のポジションをキープしていた。その後大湯都史樹(TGM Grand Prix)を抜いて2番手に浮上すると、あとはチームメイトであり、昨年までスーパーフォーミュラ2連覇中の野尻智紀との一騎打ち。ローソンは野尻よりひと足早くピットに入る作戦を採ってアンダーカットを成功させ、首位に浮上。そのままトップチェッカーを受けた。

「今朝はまだコースを学んでいる段階だった。だから、マシンが完璧かどうかは分からなかったんだ」

 そうローソンは語った。

「マシンにはまだまだ引き出せるラップタイムがあるし、経験値も増えた。明日はもう少し快適に走れるといいなと思っている。でも、明日は厳しいレースになるだろうと予想している」

「最大の勝因はレースペースだった。全てのことが落ち着くと、バランスは非常に強力だった」

 ローソンは前日の段階で、勝利できるとは考えておらず、夜はプレッシャーのためになかなか寝付くことができなかったようだ。

「昨夜はあまり眠れなかった。少しプレッシャーを感じていて、眠るまでかなり時間がかかったような気がする」

 そうローソンは明かす。

「常に最高の結果を目指しているけど、時には現実的になる必要がある時もある。勝利を争えると期待して、今日に臨んだわけではないんだ」

「当初の計画では、20周を走り切ったところでピットに入るつもりはなかった。でも、最初のセーフティカーが出た後の早い段階で、僕のペースは非常に速かった。だからプッシュし続けて野尻さんを追いかけ、ピットストップの安全なマージンが開くのを待った」

「そして僕らはアンダーカットすることを試みたけど、それは僕らに有利に働いたんだ」

 なおローソン曰く、レース終盤のセーフティカー走行中に、ギヤシフトに不具合が起きていたという。ローソンはしっかりとゴールに辿り着けるか心配していたようだが、なんとか解決できたようだ。

「セーフティカー中に問題が起きて、ほとんどと停まりそうな状況だったんだ。すごくびっくりしたよ」

 そうローソンは言う。

「間違った形でニュートラルに入ってしまった。ギヤを入れたんだけど、駆動力がまったくなかったんだ」

「その時僕は坂を登っていた。セーフティカーは、僕からどんどん離れていったんだ。幸運にも、野尻さんは僕がそれを解決するまで、(先行せず)待っていてくれた。そして駆動力を取り戻し、走り続けることができたんだ」

「自分で何をしたのか分からない。ボタンを押したり、クラッチレバーを引いたりした。見直すことが必要だね」

 優勝という結果には満足していると語るローソン。しかしこの結果に浮かれることなく、常に最高の仕事をしていくつもりだと誓う。

「結果にはとても満足している。この結果は、事前に考えていたようなモノではないよ」

「勝利を手にできたのは素晴らしいことだけど、レース前はできる限り最高のレースをするために、集中しなければいけない。そうすれば、自分がいるところよりも前に進むことができるだろう」

 
関連ニュース:

前の記事 リアム・ローソンの初参戦初優勝に、無限の田中監督も脱帽「すごいドライバーが来た! 過去の”外国人”ドライバーの中でも異色」
次の記事 まさか! 22台中4台がエンジンストールの大混乱。原因はテスト日程の少なさ?  阪口晴南「準備不足だったかなと思う」

Sign up for free

  • Get quick access to your favorite articles

  • Manage alerts on breaking news and favorite drivers

  • Make your voice heard with article commenting.

Motorsport prime

Discover premium content
登録

エディション

日本 日本