DAZN、2022年のF1、FIA F2、FIA F3配信継続を正式発表

スポーツチャンネルDAZNは、2022年もF1、FIA F2、FIA F3の3カテゴリーのライブ配信を、引き続き継続することを正式に発表した。

DAZN、2022年のF1、FIA F2、FIA F3配信継続を正式発表

 スポーツチャンネルDAZNは、2022年のF1配信継続を正式に発表。また今シーズンに引き続き、FIA F2とFIA F3も配信が継続されることになった。

 2016年のサービス開始以来、F1に加え、その登竜門とも言えるFIA F2とFIA F3(当初はGP2およびGP3)の配信を続けてきたDAZN。来シーズンも、この3カテゴリーが引き続きライブ配信で楽しむことができることが正式に発表された。

 2022年のF1は、テクニカルレギュレーションが大変更されるため、各チームのマシンも完全に一新される。そのコンセプトはもちろん、見た目もこれまでのマシンとは一線を画すことになるはずだ。その結果、勢力図が一変する可能性も十分にある。

 またFIA F2やFIA F3は、今やF1を目指すドライバーたちにとって避けては通れないカテゴリーとなっており、今シーズンはF2卒業生の角田裕毅(アルファタウリ・ホンダ)やミック・シューマッハー、ニキータ・マゼピン(共にハース)がF1にデビュー。来季も現F2参戦中の周冠宇がアルファロメオからF1デビューすることが決まっている。

 またDAZNでは、このオフシーズン中に角田裕毅に密着したドキュメンタリー『THE BIRTH OF AN F1 DRIVER』(全6回)の他、エンツォ・フェラーリやアイルトン・セナのドキュメンタリー番組も12月中に配信することを予定しているという。

 
Read Also:

シェア
コメント
「これまで以上にリラックスしている」ハミルトン、僅差のタイトル争いにも余裕たっぷり?
前の記事

「これまで以上にリラックスしている」ハミルトン、僅差のタイトル争いにも余裕たっぷり?

次の記事

フェルスタッペン、タイトル争い山場でのエンジン交換の”恩恵”を否定「ホンダPUはずっと安定している」

フェルスタッペン、タイトル争い山場でのエンジン交換の”恩恵”を否定「ホンダPUはずっと安定している」
コメントを読み込む