NAKAJIMA RACINGに浜島裕英が加入へ

ブリヂストンでF1等のタイヤ開発に従事し、その後フェラーリF1やセルモ等で活躍した浜島裕英が、NAKAJIMA RACINGに加入することが分かった。

NAKAJIMA RACINGに浜島裕英が加入へ

 NAKAJIMA RACINGに、浜島裕英が加入することになった。

 今季はスーパーフォーミュラで復活の兆しを見せ、開幕戦では牧野任祐がポールポジションを獲得、第4戦富士でもアレックス・パロウがポール・トゥ・ウインを記録してみせた。またスーパーGTでも、鈴鹿戦でレース序盤に先頭グループを走るなど、好調ぶりを見せている。

 そんなNAKAJIMA RACINGに、浜島が加わることになった。浜島はブリヂストンでF1をはじめとしたモータースポーツ用タイヤを開発した後、フェラーリのF1チームに加入。帰国後はCERUMOに加入し、スーパーフォーミュラ(P.MU / CERUMO・INGING)とスーパーGT(ZENT CERUMO RC F)のチームを率いてきた。

 その職を昨年限りで退いた浜島だが、今季残りはNAKAJIMA RACINGで仕事をすることになるという。先日スポーツランドSUGOで行われたスーパーGTの公式テストの際には、すでにチームシャツに袖を通した浜島の姿が確認できた。

 今季はシーズン途中からの加入ということもあり、まずはスーパーGTのみ関わる予定。そして来季からは、スーパーフォーミュラへの関与もスタートすることが目指されている。

 今回の浜島の起用に関して、中嶋悟総監督は次のように語った。

「もし時間があるなら、ウチに仕事があるよと言って誘いました。もちろん、彼にはタイヤの管理をしてもらいたいと思っています。ただ、今年は全てのレースに来れるわけではないようなので、とりあえず仕事になるかどうかやってみようということになりました」

「来年についてはまだ分かりません。とりあえず、今年やってみてからという感じですね。彼とは、昔からの知り合いですから」

シェア
コメント
SC導入とほぼ同時だった6号車のピットイン。“問題なくセーフ”判定になった理由とは

前の記事

SC導入とほぼ同時だった6号車のピットイン。“問題なくセーフ”判定になった理由とは

次の記事

スーパーGT第6戦オートポリス|公式練習タイム結果

スーパーGT第6戦オートポリス|公式練習タイム結果
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ スーパーGT
執筆者 田中 健一