角田裕毅、SC先導2周で終了のベルギーGPで順位UPの機会なく……「でも安全が最も重要」

F1ベルギーGP決勝でアルファタウリ・ホンダの角田裕毅は、ポジションを上げる機会がなく、結局15番手でフィニッシュした。

Yuki Tsunoda, AlphaTauri AT02, Mick Schumacher, Haas VF-21, and Nikita Mazepin, Haas VF-21

写真:: Mark Sutton / Motorsport Images

 アルファタウリ・ホンダの角田裕毅は、F1ベルギーGPを15位で終えた。

 角田は予選アタックがうまくいかず、Q1敗退となる17番手。アストンマーチンのランス・ストロールにグリッド降格ペナルティが科されていたため、16番グリッドからのスタートとなる予定だった。しかしダミーグリッドに向かうレコノサンスラップで、レッドブルのセルジオ・ペレスがクラッシュ。これで角田は15番手に上がった。

 しかし決勝レースは悪天候に見舞われ、フォーメーションラップを走っただけで中断。長い中断時間を経た後、セーフティカー(SC)先導でレースがスタートしたものの、SC先導のまま3周目を走行していたところで、コンディション悪化のため再度赤旗中断。そのままレースは再スタートしないこととなった。

 角田はポジションを上げるチャンスすらないまま、レースを終えることになった。

 その角田はチームのプレスリリースにコメントを寄せ、レースを早々に終了させるというFIAの判断は正しいものだったと語った。

「今日は、レースができないのは明らかでした」

 角田はそうコメントした。

「特に7番手以降のドライバーにとっては、視界が悪過ぎたと思います。今日は、特にスパのような高速コースでレースをするのは危険すぎたと思います。安全のためには、FIAは正しい決断をしたと思います」

「今日、ポイントを争うチャンスがなかったことについては、明らかに失望しています。でも、安全を守ることの方が、はるかに重要だと思います」

 

Read Also:

Be part of Motorsport community

Join the conversation
前の記事 F1ベルギーGP決勝:雨が全てを狂わせた“長く短い”グランプリ。勝者はフェルスタッペン! ラッセルが初表彰台、角田15位
次の記事 2021年のベルギーGPはF1史上最短のレースに……FIA「月曜日に延期することはできなかった」

Top Comments

コメントはまだありません。 最初のコメントを投稿しませんか?

Sign up for free

  • Get quick access to your favorite articles

  • Manage alerts on breaking news and favorite drivers

  • Make your voice heard with article commenting.

Motorsport prime

Discover premium content
登録

エディション

日本