DAZNのF1ロシアGP配信スケジュール……直線&90度コーナーの組み合わせを制するのは誰だ?

F1ロシアGPのDAZNでの配信スケジュールが決定。併催のF2、F3も含め、全セッションがライブ配信される。

DAZNのF1ロシアGP配信スケジュール……直線&90度コーナーの組み合わせを制するのは誰だ?

 2021年のF1第15戦の舞台は、ロシアのソチ・オートドロームである。このサーキットは言わずと知れた、2014年のソチ冬季五輪のメイン会場。聖火台やアイスアリーナ、ホッケーのスタジアムなどの間を縫うように、コースが敷設されている。世界を見渡してもユニークなコースと言えよう。

 そのレイアウトは、長い長い2本の直線と、直角コーナーが組み合わされたようなモノ。それだけ言えばストレートスピードとトラクション重視というようにも考えられるが、聖火台をぐるりと回り込むようなターン3は、ダウンフォースも必要である。

 最大の注目は、勝つのはメルセデスか、それともレッドブルかというところだ。ベルギー、オランダはレッドブルのマックス・フェルスタッペンが連勝したが、前回のイタリアGPではメルセデス勢が速さを見せた。

 これまでの実績を考えれば、今週末のソチもメルセデスが優勢……と言えそうだ。同地ではこれまで7回グランプリが開催されているが、いずれもメルセデスが勝利。ルイス・ハミルトンが4勝、バルテリ・ボッタスが2勝、ニコ・ロスベルグが1勝……まさに完璧な強さである。レッドブルとしては、2020年にフェルスタッペンが2位に入ったのが唯一の表彰台……これまでの実績を見れば、まさに雲泥の差である。

 それでもレッドブル陣営は、今季のマシンのパフォーマンスには自信を持っており、メルセデスに太刀打ちできるはずだと考えている。特に今シーズンは、ハミルトンとフェルスタッペンとの間で、実に僅差の戦いが繰り広げられている。それを考えれば、いかに1レースと言えども、そう簡単に落とすわけにはいかない。

 ただフェルスタッペンには、前戦イタリアGPでのハミルトンとのクラッシュの責任があるとして、3グリッド降格ペナルティが科されている。これがレースの行方をどんな風に作用するのか、注目である。

 中団グループの争いも面白そうだ。マクラーレンは前戦イタリアGPで1-2フィニッシュ。前述の通りロシアも長い直線があるため、彼らの戦闘力が活きそうだ。ただフェラーリも、このロシアGPでシャルル・ルクレールのマシンに新型のパワーユニットを投入すると言われている。今回はこの投入によりグリッド降格ペナルティを受ける予定だが、その新パワーユニットがどんなパフォーマンスを見せるのか注目だ。

 またアルファタウリ・ホンダの角田裕毅は、ソチ・オートドロームはFIA F3とFIA F2で走行経験のあるサーキット。しかもF2時代にはポールポジション&2位を獲得している。そんなサーキットでどんな活躍を見せてくれるのだろうか?

 なお今回のF1ロシアGPは、F2とF3も3レースずつ開催される、実に忙しい週末となる。その全てのセッションが、スポーツチャンネルDAZNで生配信される。配信スケジュールは、以下の通りとなっている。

■9月24日(金)
14:55 F3フリー走行 英語実況
16:05 F2フリー走行 英語実況
17:30 F1フリー走行1回目 解説:小倉茂徳、田中健一
19:00 F3予選 英語実況
21:00 F1フリー走行2回目 実況:笹川裕昭/解説:柴田久仁夫
22:25 F2予選 英語実況

■9月25日(土)
14:35 F3レース1 実況:市川勝也/解説:中野信治
16:30 F2レース1 英語実況
18:00 F1フリー走行3回目 実況:サッシャ/解説:小倉茂徳
19:40 F3レース2 英語実況
21:00 F1予選 実況:サッシャ/解説:中野信治
22:45 F2レース2 英語実況

■9月26日(日)
15:55 F3レース3 実況:笹川裕昭/解説:中野信治
17:20 F2レース3 実況:市川勝也/解説:小倉茂徳
20:20 F1決勝 実況:笹川裕昭/解説:中野信治

 

Read Also:

シェア
コメント
フェラーリ育成ドライバーのF1昇格は厳しいものに……「選択肢はあまり多くない」とビノット代表

前の記事

フェラーリ育成ドライバーのF1昇格は厳しいものに……「選択肢はあまり多くない」とビノット代表

次の記事

ハースF1、2022年もマゼピン&シューマッハーを継続。残る未確定シートはアルファロメオのみ

ハースF1、2022年もマゼピン&シューマッハーを継続。残る未確定シートはアルファロメオのみ
コメントを読み込む