ハースF1、2021年シーズンを戦う新車『VF-21』のカラーリングを発表

ハースF1チームは、2021年シーズンを戦う新車『VF-21』のカラーリングを3月4日に発表した。

ハースF1、2021年シーズンを戦う新車『VF-21』のカラーリングを発表

 ハースF1チームは、3月4日に2021年のF1を戦う新車『VF-21』のカラーリングを発表した。

 発表されたVF-21のカラーリングは、従来の白・赤・黒に加えて青が使われており、新鮮な印象を受ける。タイトルスポンサーにロシアの化学企業であるウラルカリが新たに加わったことで、新しいカラーリングを採用した形だ。

Read Also:

 昨シーズンは大苦戦し、コンストラクターズランキング9位に沈んだハース。2021年シーズンはドライバーラインアップをミック・シューマッハーとニキータ・マゼピンのルーキーコンビに一新して臨む。

 なお、ハースはすでに2021年のマシン開発を開幕前のタイミングで止めることを明かしている。これは、新しい技術レギュレーションが導入され、マシンが大きく変わる2022年に向けて開発リソースを集中させるための決断だ。

 そのためVF-21はバーレーンで行なわれるプレシーズンテストの後、アップデートが投入されないまま、丸々1シーズンを戦うことになる。ハースのギュンター・シュタイナー代表も、2021年シーズンは最下位で終わるリスクがあると認めており、ルーキーふたりは厳しい戦いを強いられそうだ。ただその分、プレッシャーがない環境でF1での経験を積むことができる。

 今回発表されたのはVF-21のカラーリングのみであり、VF-21実車はバーレーンで開催されるプレシーズンテスト初日、午前8時30分(日本時間14時30分)のお披露目となる。

Read Also:

シェア
コメント
アストンマーチンF1が目指した“美しいグリーン”。そこには12ヵ月にも及ぶ長い戦いが

前の記事

アストンマーチンF1が目指した“美しいグリーン”。そこには12ヵ月にも及ぶ長い戦いが

次の記事

エイトケン、2021年もウイリアムズのリザーブドライバーに。レースプログラムも近日発表か

エイトケン、2021年もウイリアムズのリザーブドライバーに。レースプログラムも近日発表か
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1