歴史的タイトル争いの決着は『正しい方法』で! ハミルトンVSフェルスタッペン、両者想いは同じ

メルセデスのルイス・ハミルトンは、タイトルが決定する最終戦アブダビGPが”正しい方法”で行なわれることを望んでいると語った。

歴史的タイトル争いの決着は『正しい方法』で! ハミルトンVSフェルスタッペン、両者想いは同じ

 2021年シーズンのF1タイトル争いは、最終戦アブダビGPへと持ち越されている。マックス・フェルスタッペン(レッドブル)とルイス・ハミルトン(メルセデス)は全くの同ポイントであり、基本的にはアブダビで先にフィニッシュしたドライバーがチャンピオンの栄冠を獲得することになる。

 しかしアブダビGPに向けてはいくつか懸念もある。前戦サウジアラビアGPでフェルスタッペンとハミルトンとの間では接触が発生しており、アブダビでも同様の事態となるのではないかという見方があるためだ。そして、仮に両者がノーポイントでレースを終えた場合には、勝利数の関係で、フェルスタッペンが2021年の王者となる。

 そんな”危ない”予想もあるアブダビGPに先立ち、F1レースディレクターのマイケル・マシはチームとドライバー側に対し、スポーツマンらしくない行動が、チャンピオンシップポイントの減点につながる可能性があるとリマインドしている。

 ただフェアな戦いをしたい、というのはハミルトンとフェルスタッペンに共通する思いであり、最悪の結果は避けたいと語っている。

「今週末、レースウィークに入ってしまえば、僕はそうしたことに対しては、何もエネルギーは消費しない」と、ハミルトンは言う。

「結局のところ、皆もここには”勝つために”来ていると、僕は本当にそう信じている。誰もが正しい方法でやりたいと、そう望んでいると信じたい」

「だから、そうしたことで揺さぶられたりはしない」

「僕はここに、素晴らしいレースをするために来ている。チームとしてポジティブな形で迎えているし、マシンも素晴らしい調子だ。レッドブルは過去2年、ここで勝利している。だから今週末彼らが速いだろうことに疑いはない。でも僕らも追いかけて、何度も彼らを捕まえてきた。今週末、僕らはここで強くなれると思っている」

 フェルスタッペンも2021年のタイトルを決するアブダビGPでは”議論の的になる”決着は避けたいと語っている。

「今シーズンは、もう何度か物議を醸すシーンがあったと思う」

「でもそれが現実であって、それについては何もできない」

「僕らは今週末に向けて、ただポジティブなことに集中するしか無いと思う。そして、コース上でのアクションを求めている」

「どちらの側としても、勝ちたいのは明らかだ。物議を醸すような結末ではなく、コース上での決着が目的であるべきだ」

 
Read Also:
シェア
コメント
キミ・ライコネン、ついに引退レース。F1離脱で恋しくなるのはパドックの”友情”?
前の記事

キミ・ライコネン、ついに引退レース。F1離脱で恋しくなるのはパドックの”友情”?

次の記事

スーパーフォーミュラ参戦中のドライバーには、インディ参戦を目指す存在も? 佐藤琢磨「そうなれば僕も嬉しい」

スーパーフォーミュラ参戦中のドライバーには、インディ参戦を目指す存在も? 佐藤琢磨「そうなれば僕も嬉しい」
コメントを読み込む