F1
25 9月
イベントは終了しました
09 10月
イベントは終了しました
23 10月
イベントは終了しました
27 10月
イベントは終了しました
13 11月
イベントは終了しました
R
サクヒールGP
04 12月
フリー走行1回目 まで
10 days

最終周のミスで表彰台を逃し、落ち込むルクレール……ベッテル「彼の将来には無関係」

シェア
コメント
最終周のミスで表彰台を逃し、落ち込むルクレール……ベッテル「彼の将来には無関係」
執筆:

F1トルコGPの最終ラップにミスを犯し、表彰台を逃すことになったフェラーリのシャルル・ルクレール。落ち込むルクレールに対しチームメイトのセバスチャン・ベッテルは、「将来には無関係なこと」だと語るつもりだという。

 フェラーリのシャルル・ルクレールは、F1トルコGPの最終ラップでレーシングポイントのセルジオ・ペレスを抜き、2番手に浮上した。しかしその直後、ルクレールはターン12のブレーキングでミス……コーナーをワイドに走ることになってしまい、ペレスのみならずチームメイトのセバスチャン・ベッテルにも抜かれ、4位でのフィニッシュとなった。

Read Also:

 ルクレールはフィニッシュ後、チーム無線で自分を責めた。

「最悪な仕事をしてしまった。最悪な仕事だ。これ以上ない最低なことをしてしまったよ……」

 チームはルクレールを落ち着かせようと試みたが、その前にルクレールはそう語った。

 ルクレールのミスにより恩恵を被る形となったベッテルは、ルクレールは今後数多く獲得するであろう表彰台の、たったひとつを失っただけだと考える必要があると語った。

「シャルルとチームメイトとして接していると、時々彼の中に、僕がいるように感じることがある」

 そうベッテルは語った。

「彼は僕よりもずっと若く、とても速い。でも今回表彰台に立つかどうかは、彼の将来にとって無関係だと後で話すつもりだ。まだ話すチャンスがないんだけどね」

「彼は今後、たくさんの表彰台フィニッシュを手にすると確信している」

「彼が苛立っていることは、正しいことだと思う。彼はミスを犯し、表彰台を失った。でもさっき言った通り、彼全体を考えた時には、おそらくそれほど大きな影響はないだろう」

 ベッテルとルクレールは、昨年のブラジルGPや今年のシュタイアーマルクGPなど、同士討ちを喫してきたため、最高の関係を築いてきたとは言い難い。しかしそんな中でも、今シーズンはチームメイトとしてもうまく機能しているようにも見える。そのため、トルコGPの最終ラップで順位が入れ替わったことについては、個人的な遺恨は残らないだろうと考えている。

「僕らは十分に成熟していると思う。今回のようなことで頭に血が昇ったり、僕らの間に何かの問題が入り込む余地はないだろう」

 そうベッテルは説明する。

「彼(ルクレール)は良いヤツなので、彼がこれまでに成し遂げてきたこと、そして将来達成するだろうことは、何でも喜ばしいよ」

「今回のレースは、明らかに厳しいモノだった。レース中ずっと、僕ら全員がポジションを失うギリギリのところで戦っていた。でもそれが最終ラップで起きてしまえば、とても苦痛なことだと思う」

Read Also:

ハミルトンの成功はマシンのおかげ……7度目タイトルでこの論調に終止符が打たれる?

前の記事

ハミルトンの成功はマシンのおかげ……7度目タイトルでこの論調に終止符が打たれる?

次の記事

サインツJr.の恐れ……来季開幕前テストは僅か3日。移籍ドライバーにとっては大打撃

サインツJr.の恐れ……来季開幕前テストは僅か3日。移籍ドライバーにとっては大打撃
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
執筆者 Jonathan Noble