F1
14 11月
-
17 11月
イベントは終了しました
28 11月
-
01 12月
イベントは終了しました
MotoGP
01 11月
-
03 11月
イベントは終了しました
15 11月
-
17 11月
イベントは終了しました
スーパーGT
02 11月
-
03 11月
イベントは終了しました
スーパーフォーミュラ
26 10月
-
27 10月
イベントは終了しました

Moto2イタリア予選:シュロッターが今季3度目のポール獲得。マルケス弟が3番手

シェア
コメント
Moto2イタリア予選:シュロッターが今季3度目のポール獲得。マルケス弟が3番手
執筆:
2019/06/01 14:16

MotoGP第6戦イタリアGPのMoto2クラス予選が行われ、マルセル・シュロッターが今季3度目のポールポジションを獲得した。

 Moto2クラスの予選が行われ、マルセル・シュロッター(Dynavolt Intact GP)が今季3度目のポールポジションを獲得した。

 日本の長島哲太(ONEXOX TKKR SAG Team)はダイレクトにQ2進出を決めるなど好調ぶりを見せたが、ソムキャット・チャントラ(IDEMITSU Honda Team Asia)の代役で参戦となった名越哲平はQ1スタートとなった。

Q1:ポイントリーダーのバルダッサーリ、なんとかQ2進出を果たす

 まず行われた予選Q1。1度目のアタックでトップタイムにつけたのはジャビ・ビエルヘ(EG 0,0 Marc VDS)だった。そしてQ1スタートとなったポイントリーダーのロレンソ・バルダッサーリ(Flexbox HP 40)が2番手につけた。

 しかし、ニッコロ・ブレガ(SKY Racing Team VR46)とブラッド・ビンダー(Red Bull KTM Ajo)、ボー・ベンスナイデル(NTS RW Racing GP)がタイムを伸ばしてきたことで、バルダッサーリはQ2進出圏外に押し出されてしまう。

 セッションの残り時間が半分を切り、2度目のアタックに入るライダーが増えると、ホルヘ・マルティン(Red Bull KTM Ajo)がタイムを更新し2番手に浮上。さらにバルダッサーリもタイムを1分51秒904まで縮めて3番手にポジションを戻した。

 残り2分という終盤でマルコ・ベッツェッキ(Red Bull KTM Tech 3)が転倒を喫してしまう。身体は無事のようで、自力で歩いてコースを後にした。

 最終的に、大きくタイムを更新するライダーのいないままチェッカーフラッグを迎え、ビエルへ、マルティン、バルダッサーリ、ブレガの4名がQ2進出となった。

 また、代役出場の名越は18番手と最後尾に沈んでしまった。

Q2:シュロッターが今季3度目のポールポジション。長島が7番手自己ベストグリッド

 Q2に各ライダーが続々と出走する中、EG 0,0 Marc VDSのアレックス・マルケスとビエルヘはタイミングをずらし、ランデブー状態で出走することを選んだ。

 ひとまずトップの座に着いたのはトーマス・ルティ(Dynavolt Intact GP)で、1分51秒169を記録した。2番手にはブレガ、そしてアウグスト・フェルナンデス(Flexbox HP 40)が続く。また、長島哲太が良い走りをみせて、4番手の位置につけた。

 そして、更に良いラップで回ってきたマルケスが2番手に入る。

 セッションの半分を消化したタイミングで、トップタイムのルティがピットインを選択。タイヤを交換して2度目の出走に向かう。

 一方で周回を続けていたマルケスは、更にタイムを更新する走りでセクター2まで回ってくるが……前を走る長島に引っかかってしまったことでペースダウン。長島に対して怒りの仕草を見せた。

 残り1分、長島が自己ベストでラップを進めるも、途中ブレーキングで止まりきれず、タイム更新はならなかった。

 そして、チェッカーフラッグ後のラストアタックでマルセル・シュロッター(Dynavolt Intact GP)が1分51秒129という僅差のベストタイムでトップを奪取する。

 その後、タイムを更新するライダーは現れず、シュロッターが今季3度目のポールポジションを獲得した。2番手にはベテランのルティ、3番手はマルケスが入った。

 また日本の長島は、自己ベストグリッドを更新する7番手につけた。

MotoGP第6戦イタリアGP Moto2クラス予選結果

順位 ライダー タイム
1 Germany マルセル シュロッター 1'51.129  
2 Switzerland トーマス ルティ 1'51.169 0.040
3 Spain アレックス マルケス 1'51.346 0.217
4 Italy ニッコロ ブレガ 1'51.401 0.272
5 Spain ホルヘ ナヴァッロ 1'51.470 0.341
6 Italy ルカ マリーニ 1'51.484 0.355
7 Japan 長島 哲太 1'51.640 0.511
8 United Kingdom サム ロウズ 1'51.692 0.563
9 Spain Augusto Fernandez 1'51.697 0.568
10 Australia レミー ガードナー 1'51.724 0.595
次の記事
マルケス弟、2020年のMotoGP昇格も? プラマック代表、接触を認める

前の記事

マルケス弟、2020年のMotoGP昇格も? プラマック代表、接触を認める

次の記事

Moto2イタリア決勝:アレックス・マルケス、Moto2で初の連勝! バルダッサーリはランク首位を死守

Moto2イタリア決勝:アレックス・マルケス、Moto2で初の連勝! バルダッサーリはランク首位を死守
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ MotoGP , Moto2
イベント Mugello
執筆者 永安陽介