「人生で一番幸せだったかも」ビニャーレス、アプリリアMotoGPテストに大満足

マーベリック・ビニャーレスはアプリリア加入後、ミサノで初めてのテストを行なった。テスト後、彼はMotoGPバイクを走らせることの幸せを感じたと語った。

「人生で一番幸せだったかも」ビニャーレス、アプリリアMotoGPテストに大満足

 2021年8月、マーベリック・ビニャーレスはチームとの関係悪化の末にヤマハとの契約が即時終了となった。彼は2022年に向けてアプリリアへ移籍し、8月末には早くもミサノでRS-GPのテストを行なったが、MotoGPマシンを走らせることの喜びを改めて感じたという。

 ビニャーレスはサマーブレイク明けの第10戦スティリアGPで、マシンに故意にダメージを与えようとしていたとして、ヤマハ側から続くオーストリアGPの出場停止処分が決定。後にビニャーレスは謝罪したが、彼らの関係は修復されず、2021年末まで続くはずだったヤマハとの関係は、第12戦イギリスGPを前に即時解除となった。

Read Also:

 ただビニャーレスは来季に向けてアプリリアと契約を締結。イギリスGP終了後にミサノ・サーキットで2日間のテストに参加し、アプリリアのMotoGPマシンを走らせた。なおビニャーレスは第13戦アラゴンGPでのデビューが決まっている。

「恐らく僕の人生で、これ以上幸福な時はなかった。というのも(ヤマハでの)5年間は浮き沈みがあり、訳の分からないことも多かったからだ」

 テスト後には非常にポジティブなコメントも出していたビニャーレスに、ミサノテストが今年のMotoGPで最も幸せだったのか? と、motorsport.comは尋ねてみると、彼はそう答えた。

Maverick Vinales, Aprilia Racing Team Gresini

Maverick Vinales, Aprilia Racing Team Gresini

Photo by: Aprilia Racing

「アプリリアに移籍してすぐに、ポテンシャルや、僕がここで何ができるのかを理解できて良かった。それに早く乗れるのも素晴らしい。6レースを走るチャンスがあるんだ」

「5日間のプレシーズンテストをするよりも(レースを走るほうが)ずっと良い。そしてアレイシ(エスパルガロ/チームメイト)と2022年のバイクをしっかり準備していきたい。それが僕にとってとても重要なことだ」

 ビニャーレスはこれほど早くに、アプリリアでテストやレース出場が実現するとは思っていなかったと認めている。さらにスズキとヤマハ時代に乗り慣れてきた並列4気筒エンジンから、アプリリアのV型4気筒エンジンへの乗り換えがスムーズに進んでいることにも驚いたという。

「正直、11月のテストでバイクに乗るまでは、家で過ごすことになると予想していた」

「だけど(ヤマハからの)離脱があって、アプリリアが僕にこの機会を提供してくれた」

「僕をハッピーにさせてくれているのは、懸命に働いてくれている全てのスタッフ達なんだ。彼らの熱意は本当に凄い」

「(イギリスGPで)表彰台獲得もあった。チームへ参加し、彼らにフィードバックをするのには最適な時期だ」

「アレイシと(ロレンソ)サヴァドーリは素晴らしい仕事をしてくれていた。彼らはとても速く、バイクはうまく機能している」

「それで、僕も(テストでは)驚きが合った。バイクへの適応がかなり早かったからだ」

「基本的に僕が変えなくちゃいけないのはブレーキングの方法だ。そこは少し違う」

「これは多大な学習プロセスなんだ。アプリリアのマシンでできるブレーキングは、(ヤマハと)完全に異なっている」

「だから周回を重ねて行くことが必要だろう。アレイシはとてもハードなブレーキングの使い手だから、僕も彼がどうやってあのブレーキングをしているかを学ぶ必要がある。でも、自信はあるよ」

 

Read Also:

シェア
コメント
急成長アプリリア、タイトル争いは2023年以降? チーム代表「表彰台争いをコンスタントにせねば」

前の記事

急成長アプリリア、タイトル争いは2023年以降? チーム代表「表彰台争いをコンスタントにせねば」

次の記事

PP獲得し躍進エスパルガロ弟、チームマネージャーの言葉で発奮「ハッキリ言ってくれる、それが良い」

PP獲得し躍進エスパルガロ弟、チームマネージャーの言葉で発奮「ハッキリ言ってくれる、それが良い」
コメントを読み込む