インギングがGT300に参戦! ゼッケン6番の86 MC、強力布陣を構築

シェア
コメント
インギングがGT300に参戦! ゼッケン6番の86 MC、強力布陣を構築
2020/02/10 9:48

INGING MOTORSPORTは、2020年のスーパーGT GT300クラスに、マザーシャシーの86 MCで参戦すると発表した。

 INGING MOTORSPORTは、2020年のスーパーGT GT300クラスに、マザーシャシーの86 MCで参戦すると発表した。

 ドライバーはベテランの阪口良平と、期待の若手である小高一斗がレギュラーを務め、第3ドライバーに堤優威を起用する。

 カーナンバーは6番。スーパーGTの前身である全日本GT選手権(JGTC)に、INGINGが初めて参戦した1998年につけていたゼッケンだ。

 当時はチームと同じ山口県出身の高木真一をJGTCにデビューさせるべく、JZA80スープラでGT500クラスにエントリー。漆黒のボディに大きな虎のイラストがあしらわれた『タイガーエッソスープラ』でシーズンを戦った。

 しかし並行して参戦していた全日本F3選手権に集中するため、JGTCでの活動は一年で幕を閉じ、カーナンバー6は翌年からチームルマンに引き継がれた。そして今回、INGINGが再び6番を背負うこととなったのだ。

 カラーリングはブラック&ゴールド。世界的ブレーキシステムメーカーのADVICS、ファッションブランドのmuta JAPANのサポートを受け、最強のレース用ブレーキシステムを開発するという使命を背負っているという。

 さらに2019年シーズンにGT300クラスを席巻したブリヂストンタイヤを装着。GT500クラスでチャンピオン獲得経験もある田中耕太郎氏がチーフエンジニアを務める。開幕戦から目が離せない存在となりそうだ。

Read Also:

次の記事
開幕まで時間がない! 松井孝允が語る2020シーズンへの“期待”と“心配”

前の記事

開幕まで時間がない! 松井孝允が語る2020シーズンへの“期待”と“心配”

次の記事

狙うは2度目のGT500王座! コバライネン、新体制チーム&好調の新車に自信

狙うは2度目のGT500王座! コバライネン、新体制チーム&好調の新車に自信
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ スーパーGT