スーパーGT第2戦富士のエントリーリスト発表。1号車STANLEYは山本、武藤、牧野の3名を登録

富士スピードウェイで行なわれるスーパーGT第2戦のエントリーリストが明らかとなった。

スーパーGT第2戦富士のエントリーリスト発表。1号車STANLEYは山本、武藤、牧野の3名を登録

 ゴールデンウィーク中の5月3日、4日に富士スピードウェイで開催されるスーパーGT第2戦のエントリーリストが、4月19日に発表された。

 GT500に目を向けると、ディフェンディングチャンピオンである1号車STANLEY NSX-GTに療養中の牧野任祐の名前がある。ただ彼は第3ドライバーとして登録されており、第2ドライバーには開幕戦で牧野の代役を務めた武藤英紀が引き続き登録されている。

 また、37号車KeePer TOM'S GR Supraは、未だ入国が叶っていないサッシャ・フェネストラズの代役として、開幕戦に引き続いて阪口晴南を起用する。阪口は開幕戦ではポールポジションを奪ってみせるなど、印象的な活躍を見せた。そして阪口の代役出場に伴い、彼が所属するK-tunes Racingは引き続き平良響を新田守男のパートナーとして起用している。

 なおフェネストラズのマネジメントチームはmotorsport.comの取材に対し、「残念ながら、現時点でお伝えできる最新情報はあまりない。日本のモータースポーツ統括団体と、日本政府との間で行なわれる議論がうまくいき、サッシャの再入国が許可されることを期待している」とコメントしている。彼らがそう語るように、4月14日に行なわれた自民党モータースポーツ振興議員連盟総会では、GTアソシエイション、日本レースプロモーション、日本モーターサイクルスポーツ協会、そしてラリージャパン事務局の代表者らが、外国人選手らの入国に関する特例措置等を要望したようだ。

 

 また今回はレース距離が500kmと長いため、GT300クラスではいくつかのチームが第3ドライバーを登録している。2号車muta Racing Lotus MCは小高一斗、22号車アールキューズ AMG GT3は山下亮生、30号車TOYOTA GR SPORT PRIUS PHV apr GTは上村優太、360号車RUNUP RIVAUX GT-Rは開幕戦にも出走した内田優大が、それぞれ第3ドライバーに名を連ねた。また48号車植毛ケーズフロンティア GT-Rは、開幕戦の富田竜一郎に代わって飯田太陽が第2ドライバーとなっている。

■2021年スーパーGT第2戦戦岡山 GT500エントリーリスト

車両名/ドライバー/エントラント/タイヤ

#1 STANLEY NSX-GT/山本尚貴、武藤英紀、牧野任祐/TEAM KUNIMITSU/ブリヂストン
#3 CRAFTSPORTS MOTUL GT-R/平手晃平、千代勝正/NDDP RACING with B-MAX/ミシュラン
#8 ARTA NSX-GT/野尻智紀、福住仁嶺/ARTA/ブリヂストン
#12 カルソニック IMPUL GT-R/平峰一貴、松下信治/TEAM IMPUL/ブリヂストン
#14 ENEOS X PRIME GR Supra/大嶋和也、山下健太/TGR TEAM ENEOS ROOKIE/ブリヂストン
#16 Red Bull MOTUL MUGEN NSX-GT/笹原右京、大湯都史樹/TEAM Red Bull MUGEN/ダンロップ
#17 Astemo NSX-GT/塚越広大、ベルトラン・バゲット/Astemo REAL RACING/ブリヂストン
#19 WedsSport ADVAN GR Supra/国本雄資、宮田莉朋/TGR TEAM WedsSport BANDOH/ヨコハマ
#23 MOTUL AUTECH GT-R/松田次生、ロニー・クインタレッリ/NISMO/ミシュラン
#24 リアライズコーポレーション ADVAN GT-R/高星明誠、佐々木大樹/KONDO RACING/ヨコハマ
#36 au TOM'S GR Supra/関口雄飛、坪井翔/TGR TEAM au TOM'S/ブリヂストン
#37 KeePer TOM'S GR Supra/平川亮、阪口晴南/TGR TEAM KeePer TOM'S/ブリヂストン
#38 ZENT CERUMO GR Supra/立川祐路、石浦宏明/TGR TEAM ZENT CERUMO/ブリヂストン
#39 DENSO KOBELCO SARD GR Supra/ヘイキ・コバライネン、中山雄一/TGR TEAM SARD/ブリヂストン
#64 Modulo NSX-GT/伊沢拓也、大津弘樹/Modulo Nakajima Racing/ダンロップ

■GT300エントリーリスト

#2 muta Racing Lotus MC/加藤寛規、阪口良平、小高一斗/muta Racing INGING/ブリヂストン
#4 グッドスマイル 初音ミク AMG/谷口信輝、片岡龍也/GOODSMILE RACING & TeamUKYO/ヨコハマ
#5 マッハ車検 GTNET MC86 マッハ号/平木湧也、平木玲次/TEAM MACH/ヨコハマ
#6 Team LeMans Audi R8 LMS/本山哲、片山義章/Team LeMans w/ MOTOYAMA Racing/ヨコハマ
#7 Studie PLUS BMW/荒聖治、山口智英/BMW Team Studie × CSL/ヨコハマ
#9 PACIFIC NAC CARGUY Ferrari/木村武史、ケイ・コッツォリーノ/PACIFIC CARGUY Racing/ヨコハマ
#10 GAINER TANAX with IMPUL GT-R/星野一樹、石川京侍/GAINER/ダンロップ
#11 GAINER TANAX GT-R/平中克幸、安田裕信/GAINER/ダンロップ
#18 UPGARAGE NSX GT3/小林崇志、名取鉄平/TEAM UPGARAGE/ヨコハマ
#21 Hitotsuyama Audi R8 LMS/川端伸太朗、篠原拓朗/Audi Team Hitotsuyama/ヨコハマ
#22 アールキューズ AMG GT3/和田久、城内政樹、山下亮生/R'Qs MOTOR SPORTS/ヨコハマ
#25 HOPPY Porsche/松井孝允、佐藤公哉/HOPPY team TSUCHIYA/ヨコハマ
#30 TOYOTA GR SPORT PRIUS PHV apr GT/永井宏明、織戸学、上村優太/apr/ヨコハマ
#31 TOYOTA GR SPORT PRIUS PHV apr GT/嵯峨宏紀、中山友貴/apr/ブリヂストン
#34 Yogibo NSX GT3/道上龍、密山祥吾/Yogibo Drago CORSE/ヨコハマ
#35 arto RC F GT3/ショーン・ウォーキンショー、ジュリアーノ・アレジ/arto Ping An Team Thailand/ヨコハマ
#48 植毛ケーズフロンティア GT-R/田中優暉、飯田太陽/NILZZ Racing/ヨコハマ
#50 Arnage AMG GT3/加納政樹、柳田真孝/Arnage Racing/ヨコハマ
#52 埼玉トヨペットGB GR Supra GT/吉田広樹、川合孝汰/埼玉トヨペット Green Brave/ブリヂストン
#55 ARTA NSX GT3/高木真一、佐藤蓮/ARTA/ブリヂストン
#56 リアライズ日産自動車大学校 GT-R/藤波清斗、ジョアオ・パオロ・デ・オリベイラ/KONDO RACING/ヨコハマ
#60 SYNTIUM LMcorsa GR Supra GT/吉本大樹、河野駿佑/LM corsa/ダンロップ
#61 SUBARU BRZ R&D SPORT/井口卓人、山内英輝/R&D SPORT/ダンロップ
#65 LEON PYRAMID AMG/蒲生尚弥、菅波冬悟/K2 R&D LEON RACING/ブリヂストン
#87 グランシード ランボルギーニ GT3/松浦孝亮、坂口夏月/JLOC/ヨコハマ
#88 JLOC ランボルギーニ GT3/小暮卓史、元嶋佑弥/JLOC/ヨコハマ
#96 K-tunes RC F GT3/新田守男、平良響/K-tunes Racing/ダンロップ
#244 たかのこの湯 GR Supra GT/三宅淳詞、堤優威/Max Racing/ヨコハマ
#360 RUNUP RIVAUX GT-R/青木孝行、田中篤、内田優大/TOMEI SPORTS/ヨコハマ

 

Read Also:

シェア
コメント
スーパーGT、第2戦富士からFCY導入を検討? SC出動時ピット閉鎖の”有利不利”を廃するため

前の記事

スーパーGT、第2戦富士からFCY導入を検討? SC出動時ピット閉鎖の”有利不利”を廃するため

次の記事

スーパーGT開幕戦、日産勢は苦戦も「マシンの開発状況には自信がある」と松村総監督

スーパーGT開幕戦、日産勢は苦戦も「マシンの開発状況には自信がある」と松村総監督
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ スーパーGT