F1
28 3月
イベントは終了しました
R
エミリア・ロマーニャGP
16 4月
次のセッションまで……
3 days
R
ポルトガルGP
30 4月
次のセッションまで……
17 days
R
スペインGP
06 5月
次のセッションまで……
23 days
R
モナコGP
20 5月
次のセッションまで……
37 days
R
アゼルバイジャンGP
03 6月
次のセッションまで……
51 days
R
カナダGP
10 6月
次のセッションまで……
58 days
R
フランスGP
24 6月
次のセッションまで……
72 days
R
オーストリアGP
01 7月
次のセッションまで……
79 days
R
イギリスGP
15 7月
次のセッションまで……
93 days
R
ハンガリーGP
29 7月
次のセッションまで……
107 days
R
ベルギーGP
26 8月
次のセッションまで……
135 days
R
オランダGP
02 9月
次のセッションまで……
142 days
R
イタリアGP
09 9月
次のセッションまで……
149 days
R
ロシアGP
23 9月
次のセッションまで……
163 days
R
シンガポールGP
30 9月
次のセッションまで……
170 days
07 10月
次のセッションまで……
177 days
R
アメリカGP
21 10月
次のセッションまで……
191 days
R
メキシコGP
28 10月
次のセッションまで……
198 days
R
ブラジルGP
05 11月
次のセッションまで……
206 days
03 12月
次のセッションまで……
234 days
R
アブダビGP
12 12月
次のセッションまで……
243 days

F1デビュー決定の角田裕毅、レッドブルの重鎮も太鼓判「日本のモータースポーツを盛り上げてくれる」

アルファタウリからF1デビューすることが決まった角田裕毅について、レッドブルのドライバー育成責任者のヘルムート・マルコは、日本のモータースポーツを盛り上げる存在だと語った。

F1デビュー決定の角田裕毅、レッドブルの重鎮も太鼓判「日本のモータースポーツを盛り上げてくれる」

 角田裕毅が、2021年にアルファタウリからF1デビューすることが正式に発表された。2014年の小林可夢偉以来となる、日本人ドライバーF1フル参戦ということになる。

 鈴鹿サーキット・レーシングスクールを2016年に卒業した角田は、ホンダのドライバー育成活動であるフォーミュラ・ドリーム・プロジェクトのメンバーとして2017年から2年間、FIA F4日本選手権にフル参戦。2018年にチャンピオンを獲得した。

 2019年からレッドブルへのパワーユニット供給が決まったこともあって、ホンダはレッドブルと共同での若手ドライバー育成プログラムを始動。角田も渡欧し、F3のオーディションテストを受けた。

Read Also:

 レッドブルのモータースポーツアドバイザーで、ドライバー育成責任者を務めるヘルムート・マルコは、当時について次のようにコメントした。

「ホンダと協力を始めた時、山本(雅史/F1マネージングディレクター)さんに有望な若手ドライバーのリストを頂いた。リストの3選手の中で一番印象的だったのがユウキだった」

「その後のF3のテストでは、高速コーナーで素晴らしい走りを見せるなど目を見張るものがあった。ホンダにはホンダ・フォーミュラ・ドリーム・プロジェクトがあり、挑戦ではあったが彼らと共に裕毅のF3参戦をサポートした」

 ホンダとレッドブル、双方の育成プログラムに所属することになった角田は、2019年にイェンツァーからFIA F3に参戦。決して戦闘力の高いとは言えないチームで1勝を挙げランキング9位となり、F2へとステップアップ。F2でランキング3位を獲得し、F1に昇格するにふさわしい速さを持っていることを証明した。

 マルコは、角田のF2昇格は正しい判断だったと語り、日本のモータースポーツを盛り上げる存在だと話した。

「F3では1勝のみで時期尚早という声もあったが、翌年のF2挑戦は正しい判断をしたと思っている。日本は非常にモータースポーツが盛んな国だ。ここ10年、F1で成功した日本人はいない。ユウキのように若く、向上心のあるドライバーが日本のモータースポーツ界をまた盛り上げてくれると信じている」

Read Also:

シェア
コメント
F1の2021年エントリー料が明らかに。レース数減少で減額傾向も、メルセデスは支払い4億円超え

前の記事

F1の2021年エントリー料が明らかに。レース数減少で減額傾向も、メルセデスは支払い4億円超え

次の記事

ラッセル、ウイリアムズ“復帰”の方が難題だった?「メルセデスはよくできたクルマだった」

ラッセル、ウイリアムズ“復帰”の方が難題だった?「メルセデスはよくできたクルマだった」
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
ドライバー 角田 裕毅
チーム アルファタウリ・ホンダ