【F1】バーレーンF1合同テストのラインアップが明らかに

4月18日(火)からバーレーンで行われる合同テストの、各チームの走行ラインアップが明らかになった。

 バーレーンGP決勝から1日の休息を挟み、4月18日(火)から2日間にわたって、合同テストがバーレーンで行われる。このテストで走行するドライバーラインアップが発表されている。

 バーレーンGPで勝利を収めたフェラーリは、現在ランキングトップにつけるセバスチャン・ベッテルが水曜日に走行予定。火曜日の走行は、今季開幕2戦をザウバーで走ったアントニオ・ジョビナッツィが担当する予定だ。

 メルセデスはレギュラーのふたりが搭乗。火曜日にルイス・ハミルトンが、水曜日にバルテリ・ボッタスが、それぞれマシンに乗り込む。

 レッドブルは、火曜日をダニエル・リカルドが担当。マックス・フェルスタッペンには走行予定はなく、水曜日の走行は週末にスーパーフォーミュラの開幕戦を控えているピエール・ガスリーが行う。

 フォースインディアは、初日にレギュラーのふたりが走行をシェア。2日目にはアルフォンソ・セリスが走る。ウイリアムズも初日はレギュラーのふたりをシェアするが、2日目にはゲイリー・パフェットが担当する。

 トロロッソは、初日の走行をインドネシア出身のシーン・ゲラエルに託す。水曜日はレギュラーのふたりがシェアする。

 ハースはレギュラーのふたりが1日ずつを担当。ルノーは初日にニコ・ヒュルケンベルグが走り、2日目をテストドライバーのセルゲイ・シロトキンが担う。ザウバーもレギュラーのふたりが1日ずつ走ることになっている。

 マクラーレンは、テスト兼開発ドライバーのオリバー・ターベイが、初日の走行を担当する。チームのレーシングディレクターであるエリック・ブーリエによれば、ターベイは実走行とシミュレータの相関関係を微調整することに焦点を当てるという。2日目にはストフェル・バンドーンが走行する。またホンダはこのテストに、パフォーマンス向上に向けた新しいアイデアを投入する予定としている。

【関連ニュース】

【F1】ホンダ、バーレーン合同テストに”新アイデア”を投入予定

【F1】メルセデス、チームオーダー見直し検討か。「今は状況が違う」

【F1】バーレーンGPから”学ぶ”5つのこと

【F1】逆転優勝のベッテル「メルセデスを"撹乱"させることが重要だった」

【F1】アロンソ、”ホンダパワー”の不足を無線で訴える

バーレーン合同テスト走行ドライバーラインアップ

チーム 火曜日 水曜日
 フェラーリ  アントニオ・ジョビナッツィ  セバスチャン・ベッテル
 メルセデス  ルイス・ハミルトン  バルテリ・ボッタス
 レッドブル  ダニエル・リカルド  ピエール・ガスリー
 フォースインディア

 セルジオ・ペレス

 エステバン・オコン

 アルフォンソ・セリス
 ウイリアムズ

 ランス・ストロール

 フェリペ・マッサ

 ゲイリー・パフェット

 トロロッソ  シーン・ゲラエル

 カルロス・サインツJr.

 ダニール・クビアト

 ハース  ロマン・グロージャン  ケビン・マグヌッセン
 ルノー  ニコ・ヒュルケンベルグ  セルゲイ・シロトキン
 ザウバー  マーカス・エリクソン  パスカル・ウェーレイン
 マクラーレン  オリバー・ターベイ  ストフェル・バンドーン

 

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
記事タイプ 速報ニュース