F1
29 8月
-
01 9月
イベントは終了しました
05 9月
-
08 9月
イベントは終了しました
19 9月
-
22 9月
イベントは終了しました
26 9月
-
29 9月
イベントは終了しました
10 10月
-
13 10月
イベントは終了しました
24 10月
-
27 10月
次のセッションまで……
1 days
R
第19戦アメリカGP
31 10月
-
03 11月
次のセッションまで……
8 days
14 11月
-
17 11月
次のセッションまで……
22 days
R
第21戦アブダビGP
28 11月
-
01 12月
次のセッションまで……
36 days

F1イタリアFP2:ルクレールが首位も、ハミルトン肉薄。フェルスタッペンは5番手

シェア
コメント
F1イタリアFP2:ルクレールが首位も、ハミルトン肉薄。フェルスタッペンは5番手
執筆:
2019/09/06 16:37

F1イタリアGPのフリー走行2回目が行われ、フェラーリのシャルル・ルクレールがトップタイムを記録した。

 F1第14戦イタリアGPのフリー走行2回目が行われた。トップタイムを記録したのはシャルル・ルクレール(フェラーリ)で、タイムは1分20秒978だった。

 気温19℃、路面温度25℃というドライコンディションの下でスタートしたFP2。FP1はセッションのほとんどがウエットコンディションとなったためにドライタイヤのデータが不足していたこと、さらにFP2でも途中から雨が降り出すという予報が出ていたこともあり、各チームはすぐさまコースイン。ミディアムタイヤやハードタイヤで連続周回を行った。

 そんな中、開始10分の段階で首位に立ったのは1分21秒972を記録したルイス・ハミルトン(メルセデス)。そこにセバスチャン・ベッテル(フェラーリ)、マックス・フェルスタッペン(レッドブル)、シャルル・ルクレール(フェラーリ)らの上位陣が順当に続いた。

 その後、バルテリ・ボッタス(メルセデス)が1分22秒045を記録し、2番手に浮上。メルセデスのワンツー体制となった。

 ほとんどのマシンが10周前後の連続周回を完了する中、ランド・ノリス(マクラーレン)だけはインスタレーションラップを終えたのみで再びコースインすることができず、ガレージで長時間を過ごすこととなった。

 フェラーリはソフトタイヤを投入し、再びコースに。ルクレールが1分20秒978、ベッテルが1分21秒179をマークしてワンツー体制を築き上げた。フェルスタッペンもソフトタイヤでタイムを更新し、ルクレールから0.372秒差の3番手タイムを記録した。

 セッション開始から30分が経過。セッション途中からぱらぱらと降り始めた雨も本降りとなり、各車ピットへと戻っていった。その後ほどなくしてセッションは赤旗中断となり、コース上に落ちている砂利がマーシャルによって処理された。

 8分ほどの中断を経てセッション再開。メルセデス勢はここで新品のソフトタイヤを装着し、ハミルトンが1分21秒046で2番手、ボッタスが1分21秒347で4番手に入り込んできた。

 残り20分を切り、ついにノリスがコースに復帰。ソフトタイヤを履いてタイム計測に入った。

 セッション終盤は小雨の降る中、各車ユーズドのタイヤを装着して走行。上位陣ではルクレールのみがハードタイヤを履いて周回を重ねた。

 目立ったタイム更新はないままセッションが終了し、ルクレールの2セッション連続のトップタイムが確定した。2番手にはハミルトンが0.068秒差という僅差でつけており、フェラーリとメルセデスのパフォーマンス差はスパほどは大きくないとも感じさせる結果となった。3番手にはベッテル、4番手にはボッタスが入った。レッドブル勢はフェルスタッペンが5番手、アレクサンダー・アルボンが6番手となった。

 中団勢トップの7番手にはピエール・ガスリー(トロロッソ)が入った。チームメイトのダニール・クビアトも10番手に入っており、トロロッソ勢が好調さをアピールした格好だ。

Read Also:

【リザルト】F1第14戦イタリアGPフリー走行2回目タイム結果

順位 ドライバー 周回数 タイム 前車との差 平均速度
1 Monaco シャルル ルクレール 37 1'20.978     257.536
2 United Kingdom ルイス ハミルトン 32 1'21.046 0.068 0.068 257.320
3 Germany セバスチャン ベッテル 39 1'21.179 0.201 0.133 256.898
4 Finland バルテリ ボッタス 34 1'21.347 0.369 0.168 256.368
5 Netherlands マックス フェルスタッペン 29 1'21.350 0.372 0.003 256.358
6 Thailand アレクサンダー アルボン 30 1'21.589 0.611 0.239 255.607
7 France ピエール ガスリー 42 1'22.124 1.146 0.535 253.942
8 France ロマン グロージャン 44 1'22.153 1.175 0.029 253.853
9 Australia ダニエル リカルド 36 1'22.249 1.271 0.096 253.556
10 Russian Federation ダニール クビアト 37 1'22.260 1.282 0.011 253.522
次の記事
【動画】F1第14戦イタリアGPフリー走行2回目ハイライト

前の記事

【動画】F1第14戦イタリアGPフリー走行2回目ハイライト

次の記事

グリッドペナルティのシステムに懐疑的な声上がるも、代替案は見つからず?

グリッドペナルティのシステムに懐疑的な声上がるも、代替案は見つからず?
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
イベント 第14戦イタリアGP
サブイベント FP2
執筆者 戎井健一郎