F1
03 7月
イベントは終了しました
10 7月
イベントは終了しました
17 7月
イベントは終了しました
31 7月
イベントは終了しました
07 8月
Race まで
00 時間
:
48
:
06
14 8月
次のセッションまで……
4 days
28 8月
次のセッションまで……
18 days
R
イタリアGP
04 9月
次のセッションまで……
25 days
R
トスカーナ・フェラーリ1000・2020ムジェロGP
11 9月
次のセッションまで……
32 days
R
ロシアGP
25 9月
次のセッションまで……
46 days
R
アイフェルGP
09 10月
次のセッションまで……
60 days
23 10月
次のセッションまで……
74 days
R
エミリアロマーニャGP
31 10月
次のセッションまで……
82 days

アルボン、イタリアGP初日でアライ製ヘルメットをテスト

シェア
コメント
アルボン、イタリアGP初日でアライ製ヘルメットをテスト
執筆:
2019/09/07 1:33

アレックス・アルボンはイタリアGP初日にアライ製の真っ白なヘルメットをテストした。

 アレックス・アルボン(レッドブル)はF1ベルギーGPの金曜フリー走行で真っ白なデザインのヘルメットを使用した。これはレッドブル昇格2戦目のアルボンがアライ製ヘルメットを新たにテストすることで、空力性能との関係性を調べる狙いがあったようだ。

 これまでアルボンはF1でベルのヘルメットを使用してきたが、今回からアライのヘルメットを持ち込んできた。なお、土曜日のセッションからはペイントされたバージョンが届く予定だという。

 レッドブルは以前、今季のマシンの空力コンセプトがアライ製ヘルメットに基づいたものであることを明かしていた。フリー走行では、パフォーマンスにどういった違いが表れたかがテストされた模様だ。

 またアルボンは、ヘルメットの変更によって気流だけでなく無線交信も改善されることを期待しており、次のように語った。

「とても遅い決定だった。うまくいけば明日(土曜)にはペイントされたものが手に入るだろう」

「これが無線交信の改善に役立つかどうか、そしてもちろんパフォーマンスに役立つかどうかも確かめたかったんだ」

 アルボン曰く、アライ製ヘルメットはさほど違和感がなかったとのことだ。なお、チームメイトのマックス・フェルスタッペンはアライ製ヘルメットが合わないとしてシーズン中にシューベルト製のものに変更している。

「僕はエイドリアン(ニューウェイ)ではないので、多くを語ることはできないけど、それを試してみたいと思っていた」とアルボンは続けた。

「僕としてはそれほど違和感はない。最近のヘルメットはどれも大きな仕様の違いがないので、被ってしまえばほとんど同じだと思う」

 また、残りのシーズンでどのメーカーのヘルメットを使っていくかは未定だという。

「様子を見るよ。次もこれを使うとは思うけど……」

 レッドブルは金曜フリー走行で、フェラーリやメルセデスに対してそれほど大きなタイム差をつけられることなく、健闘したとも言える。アルボンは土曜の予選、そして日曜の決勝に向けて意気込みを語った。

「まだタイムを削ることができると思う」

「明日何が起こるかを見てみようと思う。フィーリングはとても良い。バランスも悪くなかったので、タイムを削っていこうと思う」

Read Also:

「感触良く、マシンに満足」初日7番手ガスリー、トロロッソ復帰2戦目も好調

前の記事

「感触良く、マシンに満足」初日7番手ガスリー、トロロッソ復帰2戦目も好調

次の記事

「メルセデスは力を隠している」ルクレール、ホーム戦初日トップもライバルを警戒

「メルセデスは力を隠している」ルクレール、ホーム戦初日トップもライバルを警戒
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
イベント 第14戦イタリアGP
ドライバー アレクサンダー アルボン
チーム レッドブル・ホンダ 発売中
執筆者 Jonathan Noble