F1
31 7月
イベントは終了しました
07 8月
イベントは終了しました
14 8月
イベントは終了しました
28 8月
イベントは終了しました
17 8月
イベントは終了しました
25 9月
イベントは終了しました
09 10月
次のセッションまで……
9 days
23 10月
次のセッションまで……
23 days
31 10月
次のセッションまで……
31 days

F1イタリアFP3:マクラーレン勢がボッタスに次ぐ2、3番手。“大渋滞”も既に発生

シェア
コメント
F1イタリアFP3:マクラーレン勢がボッタスに次ぐ2、3番手。“大渋滞”も既に発生
執筆:

F1イタリアGPのフリー走行3回目が行なわれ、メルセデスのバルテリ・ボッタスがトップタイムを記録した。

 F1第8戦イタリアGPのフリー走行3回目が、モンツァ・サーキットで行なわれた。トップタイムを記録したのはバルテリ・ボッタス(メルセデス)で、タイムは1分20秒089だった。

 サーキット周辺の気温は26℃、路面温度は37℃。60分間のセッションがスタートすると、アントニオ・ジョビナッツィ(アルファロメオ)がまず先頭でコースに出ていった。最初の15分間は、ジョビナッツィをはじめとする6台がインスタレーションラップを行なったのみにとどまり、静かな時間が流れた。

 その後、カルロス・サインツJr.(マクラーレン)が1分21秒875を記録して、タイムシートに名を刻んだ最初のドライバーとなった。これをきっかけとするかのように、各車が続々とコースインしていった。

 メルセデスはルイス・ハミルトンが1分20秒658、ボッタスが1分20秒774をマークして早々にワンツー体制を築いた。好調アルファタウリ・ホンダのピエール・ガスリーも1分21秒275で3番手につけた。

 コース上にかなり多くのマシンがいるため、各車クリアラップを刻むのに苦労している模様。アタックに入る順番を巡って、ランド・ノリス(マクラーレン)とシャルル・ルクレール(フェラーリ)が交錯しかける場面もあった。

 エステバン・オコン(ルノー)はミディアムタイヤを履き、1分20秒856をマーク。メルセデス勢に肉薄する3番手タイムを記録した。以下マックス・フェルスタッペン(レッドブル)、セルジオ・ペレス(レーシングポイント)、ガスリーと続いた。

 ボッタスはソフトタイヤでの2度目のアタックで1分20秒622にタイムを更新しトップに。しかしフェルスタッペンがミディアムタイヤで1分20秒456をマークし、それを上回ってみせた。

 セッションが残り20分となると、終盤の予選シミュレーションに備え、各車がピットへと戻った。この時点でのタイム上位はフェルスタッペン、ボッタス、ハミルトン、オコン、ペレス、ガスリーとなっており、このうちフェルスタッペン、オコン、ペレスがミディアムタイヤでのタイムだ。一方地元のフェラーリは依然としてタイムが伸びず、ルクレールが13番手、セバスチャン・ベッテルが17番手だ。

 その後、メルセデス勢は他チームに先駆けてコースイン。ボッタスが1分20秒089をマークしてトップタイムを更新し、ハミルトンも1分20秒439で2番手に続いた。

 セッションは残り10分に。コースにはまたマシンが増えていった。初日フリー走行から好タイムを記録していたノリスが2番手タイムを記録すると、ダニエル・リカルド(ルノー)が3番手につけた。しかし、そんなリカルドはマシンの異常を感じ、レズモ手前のコース脇にマシンを止めてしまった。これにより、セッションは残り8分で赤旗中断となった。

 残り3分という段階で赤旗は解除に。最後の1アタックを行なうため各車がコースインしていき、予選さながらの状況となった。FIAからは不必要なスローダウンに対して忠告が出されているが、多くのドライバーが前のマシンと間隔を取るために、最終コーナーのパラボリカ前で“待機”するようなシーンが見られた。そんな中、パラボリカに向かって高速で走行していたハミルトンが、スロー走行するマシンの集団に遭遇してあわや接触、という危険な場面もあった。

 最後のアタックでタイムを更新したドライバーは多くなかったが、サインツJr.が1分20秒318を記録して2番手に。これでセッションは終了となり、首位ボッタスにサインツJr.、ノリスとマクラーレンの2台が続くような形となった。

 4番手以下はリカルド、ハミルトン、フェルスタッペン、アレクサンダー・アルボン(レッドブル)と続いた。ここまでのセッションでトップ10に顔を出していたアルファタウリ勢は、ガスリー12番手、クビアト13番手に終わった。

 

Read Also:

順位 ドライバー 周回数 タイム 前車との差 平均速度
1 Finland バルテリ ボッタス 14 1'20.089     260.395
2 Spain カルロス サインツ Jr. 14 1'20.318 0.229 0.229 259.652
3 United Kingdom ランド ノリス 15 1'20.412 0.323 0.094 259.349
4 Australia ダニエル リカルド 9 1'20.419 0.330 0.007 259.326
5 United Kingdom ルイス ハミルトン 11 1'20.439 0.350 0.020 259.262
6 Netherlands マックス フェルスタッペン 15 1'20.456 0.367 0.017 259.207
7 Thailand アレクサンダー アルボン 15 1'20.563 0.474 0.107 258.863
8 France エステバン オコン 13 1'20.693 0.604 0.130 258.446
9 Canada ランス ストロール 14 1'20.804 0.715 0.111 258.091
10 Mexico セルジオ ペレス 13 1'20.897 0.808 0.093 257.794

【動画】2020F1第8戦イタリアGPフリー走行3回目ハイライト

前の記事

【動画】2020F1第8戦イタリアGPフリー走行3回目ハイライト

次の記事

F1イタリアGP予選速報:ハミルトンがPP。レッドブルのフェルスタッペンは5番手

F1イタリアGP予選速報:ハミルトンがPP。レッドブルのフェルスタッペンは5番手
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
イベント イタリアGP
執筆者 戎井健一郎