ホンダ田辺テクニカルディレクター、ハンガリーGPへ意気込み「前半戦をいい形でしめくくれるように」

ホンダの田辺豊治F1テクニカルディレクターが、F1ハンガリーGPに向けてコメントを発表。ハンガリーGPを力強く戦い、良い形で前半戦を締めくくりたいと語った。

ホンダ田辺テクニカルディレクター、ハンガリーGPへ意気込み「前半戦をいい形でしめくくれるように」

 2021年のF1前半最終戦ハンガリーGPが、今週末にハンガロリンクを舞台に行なわれる。

 前回は角田裕毅(アルファタウリ)が獲得した1ポイントのみに終わったホンダのパワーユニット(PU)ユーザー勢。今回はなんとか大量ポイントを手にして、夏休みを迎えたいところだ。

 このハンガリーGPに先立ち、ホンダの田辺豊治F1テクニカルディレクターは、プレスリリースにコメントを寄せた。

「先日の英国・シルバーストーンのレースでは、ポールポジションからスタートしたレッドブルの(マックス)フェルスタッペン選手が他車との接触で1周もせずにリタイアという、非常に残念な結果になりました。初のスプリント予選が導入されるなど、新たな試みがあったシルバーストーンの週末は、我々ホンダ勢にとって難しい展開となってしまいました」

 そう語る田辺テクニカルディレクターは、ハンガロリンクはオーバーテイクがしにくいため、予選順位が重要になると指摘する。


「今週末は気持ちを切り替え、前半戦最後の戦いのためにハンガリー・ブダペストに向かいます」


「ここまで、フランス、オーストリア、英国と、高速サーキットでのレースが続きましたが、今回の舞台となるハンガロリンクは一転して、低速かつテクニカルなサーキットです。ストレートが短く、低速コーナーが多く配されているレイアウトになっており、オーバーテイクが難しいため、予選でのポジションがとても重要になります」

 しかもハンガリーGPは真夏開催。灼熱のコンディションに、ドライバーもマシンも耐えなければならない。そういう意味でも、厳しい週末となる。

「例年真夏の暑い中で開催されるのに加えて、車速が遅いことから冷却性能に厳しいこともハンガリーの特徴となります」


「F1サマーシャットダウン前最後となるハンガロリンクでのレースをいい形で戦えるように、そして前半戦をいい形で締めくくれるように、十分に準備を進めていきたいと思います」

 

Read Also:

シェア
コメント
2021年F1前半最終戦、”低速”ハンガロリンクを制するのは?:DAZN F1ハンガリーGP配信スケジュール
前の記事

2021年F1前半最終戦、”低速”ハンガロリンクを制するのは?:DAZN F1ハンガリーGP配信スケジュール

次の記事

F1王者ハミルトンとメルセデス、多様性向上を目指す共同慈善団体『Ignite』を立ち上げ

F1王者ハミルトンとメルセデス、多様性向上を目指す共同慈善団体『Ignite』を立ち上げ
コメントを読み込む