来季マクラーレンからデビューのピアストリ。カーナンバーは81に決定「カート時代に使っていた番号だけど、どうして選んだかは覚えていないんだ」

オスカー・ピアストリは、来季F1デビューするにあたって、カーナンバー81を選択したことを明らかにした。しかしその番号は、当初は消極的な理由で選んだものであり、どうしてその番号にしたかは、よく覚えていないという。

来季マクラーレンからデビューのピアストリ。カーナンバーは81に決定「カート時代に使っていた番号だけど、どうして選んだかは覚えていないんだ」
Listen to this article

 来シーズン、マクラーレンからF1デビューすることになったオスカー・ピアストリは、カーナンバーに81番を選択したことを明らかにした。

 今季アルピーヌのリザーブドライバーを務めていたピアストリは、当初はフェルナンド・アロンソの後任として、来季アルピーヌからF1デビューすると発表された。しかしピアストリは、この発表はチームの一方的なモノだとして、アルピーヌとの契約を拒否。この問題は契約認定委員会にまで持ち込まれ、最終的にはマクラーレンからデビューすることが決まった。

 そのピアストリは、カーナンバーに81番を選んだことを明らかにした。この81という数字についてピアストリは、カートへの参戦を始めた際に限られた選択肢しかなかったためこの番号をつけてレースを戦い、そしてF1でのカーナンバーにも、それを引き継いだと説明した。

「81は、カートでの番号だったんだ」

 そうピアストリは語る。

「どうして81番になったのかという話は、特に面白いわけではないよ。でも、とにかく説明するよ」

「最初にレースした時、番号を選ばなきゃいけなかった。でも僕が行ったカートショップには、1のステッカーしか在庫がなかった。そのレースでは、1桁か2桁の数字にする必要があったんだけど、明確な理由により、1番をつけることがでなかった。だから、最初の数レースを11番で走ることになった」

「その後、ビクトリア州のタイトル戦にエントリーした。でも、誰かが既に11番を使っていたんだ。どうして81にしたのか……その理由は覚えていないんだ。でも、十の位を8に変更した後は、変えることなくそのまま走り続けることになったんだ」

 
Read Also:

シェア
コメント
メルセデスF1、ペトロナスとのパートナーシップを2026年まで延長。次世代PUに向けて強力タッグ継続
前の記事

メルセデスF1、ペトロナスとのパートナーシップを2026年まで延長。次世代PUに向けて強力タッグ継続

次の記事

契約延長の角田裕毅、初挑戦のシンガポールに挑む「暑く湿度が高いけど、日本でも同じだから大丈夫!」

契約延長の角田裕毅、初挑戦のシンガポールに挑む「暑く湿度が高いけど、日本でも同じだから大丈夫!」