F1ドメニカリCEO、悪天候下のレーススタートは「主催者との契約とは全く関係ない」と説明

F1のCEOであるステファノ・ドメニカリは、わずか2周のセーフティカー先導走行によりレース成立となったベルギーGPについて、商業的に考慮する必要があったのではないかという噂を否定した。

F1ドメニカリCEO、悪天候下のレーススタートは「主催者との契約とは全く関係ない」と説明

 2021年のF1ベルギーGPは、悪天候により長いスタート延期を経て、セーフティカー先導でレースがスタート。しかしわずか3周目で、コンディションが悪化したとして赤旗中断となり、そのままレースが終了することになった。

 レースは規定の周回数の75%を走れなかったためハーフポイントとなったが、レギュレーションで規定された2周以上を走行したことになり、レース成立となった。

 一部では、ベルギーGPの主催者との契約を履行するために、強引にレースを成立させたのではないかという疑いの声も挙がっている。レースが成立すれば、F1は主催者から開催権料を100%受け取ることができるのだ。

 しかしF1のCEOであるステファノ・ドメニカリは、難しいコンディションながらレースをスタートさせたことは、主催者との契約とはまったく関係ないとmotorsport.comに対して語った。

「そんなことはない」

 ドメニカリCEOはそう語った。

「背景に商業的な議論があったのではないかという指摘を聞いたが、それは真実ではない。我々がレースについて話をする時、そこには責任がある。それは明確なプロセスだ。商業的なこととは全く関係ない」

 またドメニカリCEOは、天候の隙間を待ってレースをスタートさせたものの、その直後に中止することを決めたFIAのF1レースディレクターであるマイケル・マシの判断を全面的に指示すると語った。

「もちろん、みなさんにとっては残念なことだっただろう。だれもが、適切なレースを見たいと思っていたはずだからね」

 そうドメニカリCEOは語る。

「しかし、レースコントロールによって下された決定は、絶対に正しいと思う」

「レースをしたいという願いと意志はあった。そして情報がもたらされる度に、私は状況を注視していた。そしてレースができるかもしれない、天候が改善する可能性がある隙間があったんだ」

「レースが再開されると、(ドライバーたちから)かなり明確なコメントがもたらされた。そしてその一方で、新たな天気予報も受け取った。それによれば、レースは不可能だった。誰もががっかりしたが、マネジメントという面では、レースを終了させるという判断は正しいことだったと思う」

 チケットを購入していた観客に対して、ドメニカリCEOは次のように語った。

「メッセージは明確だ。残念ながら、我々は時間についてはコントロールしていない。2周するか、もしくは周回しないかだ」

「周回数の問題ではない。レースをしようとするかどうかがポイントだったのだ。その上で、レースコントロールは、レースをするために最大限のことをしようとしたと思う。だから今回のことは、本当に不幸な状況だったんだ」

「全ての人の安全を考慮する必要がある。それが非常に重要なことだ。私はレースが大好きなので、レースができないとなれば、最初にがっかりするのは私だ。でも、レースできない可能性は常に存在する」

 ドメニカリCEOは、レースの主催者と協力して、観客のために何ができるのか、それを見極めるつもりだと語った。

 2005年のアメリカGPでは、ミシュランタイヤユーザーがレーススタートを断念したため、ブリヂストンユーザーわずか6台のみがスターティンググリッドからスタートすることになった。観客はその前代未聞の事態に激しいブーイングをしたが、結局はミシュランのサポートもあり、チケット代金は払い戻されることになった。

 メルセデスのルイス・ハミルトンらは、今回のベルギーGPでも同じように払い戻しが行なわれることを要求している。

「それは主催者と話し合うべきモノだ」

 そうドメニカリCEOは語った。

「私たちがチケットを販売しているわけではない」

「だが最終的には、主催者は我々と共に、今回のことに対する配慮を検討する。ファンのみなさん対して、最大限の配慮をね。それは確かだ」

「今年起きたことを考えれば、彼らには既に、検討しているアイデアがあると思う」

 ドメニカリCEOはまた、月曜日にレースを延期することは不可能だったと語る。

「それはロジスティクスの問題ではないが、多くの理由があるんだ。マーシャルの手配や、その他のことに関する多くの理由により、レースを翌日に延期することはできなかった」

「もちろん、その可能性も検討されたが、不可能だった。プロモーターとは、全てのことを緊密にやりとりしている。そして彼らは、決定のプロセスに従ったのだ」

 

Read Also:

シェア
コメント
悪天候&異例のベルギーGPで、ホンダ勢2台が入賞。田辺豊治テクニカルディレクター「常に最善を尽くすことが重要」

前の記事

悪天候&異例のベルギーGPで、ホンダ勢2台が入賞。田辺豊治テクニカルディレクター「常に最善を尽くすことが重要」

次の記事

ジョージ・ラッセル、F1初表彰台はわずか2周……でも「そんなの関係ない」とご満悦

ジョージ・ラッセル、F1初表彰台はわずか2周……でも「そんなの関係ない」とご満悦
コメントを読み込む