Adam Cooper
執筆者

Adam Cooper

Latest articles by Adam Cooper

グリッド
リスト

アルピーヌもF1イギリスGPにアップデート投入へ。オコン「僕らにとって良い一歩になるはず」

アルピーヌのエステバン・オコンは、イギリスGPに投入されるアップデートで、チームのパフォーマンスを向上させることができるはずだと期待する。

NetflixがF1の魅力を引き立てる? チーム代表間で口論も「ファンが舞台裏を知れれば良い」とアルピーヌ

Netflixのカメラが入ったこともあってか、激しい論争が繰り広げられたF1カナダGPの定例会合。そうした場面を写すことの是非をアルピーヌのオットマー・サフナウアー代表に問うと、結果的にそれでF1が盛り上がるかもしれないと語った。

マクラーレン、予算制限の遵守は絶望的?「みんなにとって明確な解決策が必要だ」

マクラーレンのアンドレアス・ザイドル代表は、シーズン終了までに予算上限をオーバーしてしまう見込みだと認めた。

イギリスGPの舞台シルバーストンは、2022年F1マシンの”素晴らしさ”がよく分かる?

マクラーレンのランド・ノリスは、イギリスGPの舞台であるシルバーストン・サーキットは、2022年のF1マシンと以前のマシンの違いを如実に表すコースになるだろうと考えている。

マクラーレン、チームランキング4位死守に向け”総合力”の改善が急務と語る。躍進するアルピーヌらを警戒

熾烈なF1中団争いの中で、マクラーレンは現在ランキング4番手につけているものの、アルピーヌやアストンマーチンなどの改善を警戒し、チームとしての総合力を上げていく必要があると語った。

ニース市街地F1計画は、モナコに”プレッシャー”をかけるためのものではない? リバティCEO「素晴らしいレースを開催したいだけ」

リバティ・メディアのCEOであるグレッグ・マフェイは、F1フランスGPの開催地をニース市街地に移すという計画は、モナコGPにプレッシャーをかけるためのモノではないと主張する。

アルピーヌ代表、FIAのポーパシング対策を歓迎。ただし「特定のF1チームが得をしない限り」

アルピーヌはFIAが進めるポーパシング&バウンシング対策を歓迎しているものの、それはチーム間に不平等がでないことが条件だとしている。

アロンソの5秒加算ペナルティで、オコンの好サポートが台無しに「DRSを使わせようと後退した」

アルピーヌのエステバン・オコンは、チームメイトのフェルナンド・アロンソがバルテリ・ボッタス(アルファロメオ)からの攻撃を退けられるよう、手助けしたという。しかしアロンソは、蛇行したとしてペナルティを受けた……。

アルピーヌの”秘蔵っ子”ピアストリ、FP1デビューは近し? フランスGPが本命か

アルピーヌは、F1フランスGPのフリー走行1回目に育成ドライバーのオスカー・ピアストリを起用するとみられる。

メルセデス、迷走はまだ続く。ラッセル「トラップにハマり続けている感じ……」

ジョージ・ラッセルは、メルセデスが様々な方向性のセットアップを試した結果、罠にハマり続けているようだと語った。

アルピーヌ、アロンソのPUトラブルはエア漏れ「メルセデスと戦えたはずなのに……」

アルピーヌのオットマー・サフナウアー代表は、カナダGPでフェルナンド・アロンソのPUにエア漏れが起きたことで、メルセデス勢と戦うチャンスを失ったと語った。

消滅危ぶまれたフランスGPに光……モナコGPの未来に暗雲。F1 CEO、ニース市街地での開催案の存在明かす

F1のステファノ・ドメニカリCEOは、フランスGPの来季以降の開催契約を巡る交渉の中で、ポールリカール・サーキットではなくニース市街地でレースを行なう案があることを明かした。

アロンソ、エンジンに問題が発生し、表彰台を逃す「メルセデスも抑えられていたはず」|F1カナダGP

フェルナンド・アロンソは、F1カナダGPでペナルティを受けたこともあり、9位となった。しかしアロンソ曰く、エンジンに問題が発生したため、本来の走りができなかったと語った。

FP3は好調だったのに……ベッテル、予選Q1敗退の理由は”タイヤの内圧”にあった?

アストンマーチンF1のチーム代表であるマイク・クラックは、タイヤの内圧の問題が、セバスチャン・ベッテルがカナダGPの予選で苦戦した原因だったと信じている。

ルクレール、19番手スタートも希望は捨てず「運が味方すれば、上位争いに復帰できるかも」

フェラーリのシャルル・ルクレールは、F1カナダGPの決勝を19番手からスタートするものの、上位争いに加わることができるかもしれないと、希望を持っているようだ。

メルセデス代表、FIAの介入により”パフォーマンスを追求する自分たち”から身を守ることができると主張

メルセデスのトト・ウルフ代表は、FIAがポーパシングの問題に介入することで、チームは”パフォーマンスを追求する自分たち”から身を守ることができると語った。

ハミルトン、今季最上位グリッドの4番手に喜び爆発「F1デビュー戦の時にとても似たワクワクだ!」

メルセデスのルイス・ハミルトンは、乾きかけの路面状況の中行なわれた予選Q3で今季最高となる4番手を獲得。その喜びは2007年オーストラリアGPでのデビュー戦に似たモノがあるという。

ラッセル、スリックタイヤ履くギャンブル戦略に一片の悔いなし「3〜4番手を目指すためここにいる訳じゃない」

メルセデスのジョージ・ラッセルは、F1カナダGPの予選Q3でポールポジションを狙いスリックタイヤで賭けに出たことを後悔してはいないようだ。

”犬猿の仲”レッドブル&メルセデス代表も同意見。FIAのポーパシング対策は取り締まりが難しい?

FIAのポーパシング&バウンシング対策に対して正反対の考えを持っているレッドブルのクリスチャン・ホーナー代表とメルセデスのトト・ウルフ代表は、その取り締まりの難しさという点では意見が一致している。

マシンの振動でドライバーたちのダメージ甚大……シューマッハーやガスリーも”負傷”

ハースのミック・シューマッハーは、F1アゼルバイジャンGPで激しい振動に見舞われ、シートベルトで打撲を負ったと語った。

アルピーヌの”ストレート特化”作戦は成功か、失敗か? カナダGPに向けて戦略を評価

アルピーヌのドライバーは、バクーで極端な低ドラッグのセットアップを行なった後、カナダGPに向けてダウンフォースレベルを見直す必要があると語った。

シューマッハーに足りないのは”バランス感”。ハース代表、クラッシュは厳禁だが「F1はパフォーマンス主義だ」

ハース代表は、ミック・シューマッハーにはクラッシュせずにパフォーマンスを引き出すバランス感覚が必要だと語った。

FIA、F1ドライバーを悩ませるポーパシング抑制に向け動く……ただ”発端”のメルセデスには不利に働く?

FIAは、ポーパシングの安全上の懸念を訴えるF1ドライバーからの要請を受け、カナダGPを前に新たな技術指令を発表した。

フェラーリ、新型リヤウイングでレッドブルとのトップスピード差解消と自信。一方でPUの信頼性トラブルは調査中

フェラーリのマッティア・ビノット代表は、アゼルバイジャンGPで実戦投入した新型リヤウイングによりレッドブルとのトップスピード差を解消できたと自信をみせている。一方で、ここ数戦頭痛の種になっているPUの信頼性トラブルは現在調査中だという。

“ポーパシング”と“バウンシング”は同じではない? バクーで起きていたのは「バウンシングの方」とメルセデスが説明

メルセデスF1のチーフストラテジストであるジェームス・ボウルズは、今季チームが苦しめられているポーパシングとバウンシングがそれぞれ別の現象であると強調した。

F1、オーストラリアGPと2035年までの長期契約を締結。F2、F3も開催へ

F1はオーストラリアGPと契約を延長。2035年までメルボルンで開催されることとなった。

F1ドライバー、予選で黄旗・赤旗原因となった場合の罰則化を支持。ベストラップ抹消が最善策?

F1ドライバーたちは、予選で黄旗や赤旗の原因となったドライバーにペナルティを科すというFIAの構想を支持している。

ルイス・ハミルトンの奇妙な体験……ウォールに当たるのが怖いなんて「これまで考えたこともなかった」

メルセデスのルイス・ハミルトンは、F1アゼルバイジャンGPでポーパシングのためにコントロールを失い、ウォールにクラッシュするのを”恐れる”という「奇妙な経験」をしたと語る。

マシントラブル続くフェラーリ、それでも『”遅くて”信頼性が高い』よりはマシ?

フェラーリF1のマッティア・ビノット代表はトラブルの続く現状に対して、”信頼性が高く、競争力の低い”パッケージを改善するよりは良いと考えを示した。

ノリス、マクラーレンのチームオーダーには“ひとまず”納得。序盤リカルドの”我慢”に理解示す

ランド・ノリスはF1アゼルバイジャンGPでチームオーダーの関係で僚友のダニエル・リカルドの後ろでのフィニッシュとなった。彼は今回の決定については受け入れているものの、チームとは話をするつもりだと語った。

フェラーリ、F1アゼルバイジャンGPで”全滅”の原因は不明「現状で明確な答えは出せない」と代表

フェラーリのマッティア・ビノット代表は、アゼルバイジャンGPでシャルル・ルクレールとカルロス・サインツJr.の両ドライバーを襲った信頼性トラブルについて、チームは答えを見つけられていないと語った。

ロングランも中断……ハミルトン、振動で背中に痛み「ぶつからないようにするのが精一杯」

ルイス・ハミルトンは、メルセデスのマシンの激しいバウンドにより背中に痛みを感じており、F1アゼルバイジャンGP決勝に向けて懸念があるとこぼした。

スロー走行で呼び出しのノリス、納得できず反発? 赤旗再開後のアタック”なだれ込み”の方が危険と主張

マクラーレンのランド・ノリスは、F1アゼルバイジャンGP予選で発生したスロー走行に対する取り締まりをルイス・ハミルトンと共に受けたが、それよりもチェッカーフラッグに間に合わせようとしていたドライバーのほうが危険だったと反論している。

ハミルトン、予選で”不必要な”スロー走行でスチュワードから呼び出しも「最大タイムは問題なかった」と反論

アゼルバイジャンGPの予選で不必要なスロー走行を行なったとしてスチュワードから呼び出しを受けたルイス・ハミルトンだったが、彼は最大タイムを下回っていたとして反論。なお、お咎めなしの裁定が下っている。

F1新冷戦。予算制限の上限緩和派と断固反対派……二極化するチーム間対立にF1はどう対応すべきか?

インフレとそれに拍車をかけるロシアのウクライナ侵攻に伴うエネルギー価格の上昇が世界をかき乱す2022年。F1も同様にその影響を受けている。予算制限下で戦うチームは現在、その上限を緩和するかしないかという点において大きく二極化している。

クラッシュ続発でハースの”お財布”がヤバい! 波乱傾向のアゼルバイジャンを乗り越えられるか?

ハースF1のギュンター・シュタイナー代表は、予算上の圧力が生じているため、ミック・シューマッハーがこれ以上大きなクラッシュを続けることはできないと語った。

ルクレール、初日首位で好調な滑り出しも「レッドブルとフェラーリの力関係は分からない」

F1アゼルバイジャンGPの金曜日で首位で終えたフェラーリのシャルル・ルクレールは、真の勢力図にはまだ”疑問符”が残っていると語った。

F1ドライバーの給与制限はナンセンス? フェルスタッペン&ノリスは下位カテゴリーへの影響懸念

F1界では現在、ドライバーの報酬に上限を設けることが議論されているが、マックス・フェルスタッペンは下位カテゴリーのドライバーを含めて影響が大きいと、否定的な考えを示した。

シューマッハー、モナコGPでの大クラッシュ原因について説明「路面の状況を楽観的に捉えていた」

ミック・シューマッハーは前戦モナコGPでの大クラッシュについて、走行ラインを外したことが原因だったと認めた。

F1フランスGPの将来に暗雲。モナコやスパも……「どれもF1にとって特別なモノなんだ!」とオコン開催継続を切望

アルピーヌのエステバン・オコンは、2023年のF1カレンダーからフランスGPが外される可能性が高いことについて「残念だ」と語っている。

F1チームの予算制限は、新パーツの投入にどんな影響を及ぼすのか?

昨シーズンから導入された年間予算額の制限により、各F1チームは、1戦限りしか使わない”特殊な”パーツの開発を削減する必要性に迫られているという。

拡大続けるF1、2023年以降は開催カレンダーの“地域集約”進める方針。ドメニカリCEOがチーム側へ明かす

F1は年間のレース開催数を拡大させてきたが、今後は各地域ごとに開催時期をグループ化することを推し進め、人と物の移動を効率化し、持続可能性を高めていく方針を示している。

自由競争OK! レッドブル代表、フェルスタッペンとペレスの「どちらがF1世界チャンピオンになっても構わない」

レッドブルでチーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは、マックス・フェルスタッペンとセルジオ・ペレスのふたりがタイトル争いを展開することは自由だと語っている。

直線番長からオールラウンダーへ。レッドブル、マシン特性の変更に柔軟な姿勢「立ち止まれば、置いていかれる」

レッドブルのチーフエンジニアは、タイトル争いを戦い抜くべく、今季のマシン特性を様々な方向性に進化させていくと語った。 

フェラーリ代表、パワーユニットの信頼性問題で懸念認める「F1タイトル争いで重要な要素になる」

フェラーリのマッティア・ビノット代表は、前戦でトラブルが発生したパワーユニットの信頼性がチームにとっての懸念材料だと認めている。

ルクレールに抜かせなかったアルボン、当時の状況釈明。周回遅れでも速さは上?

F1モナコGP決勝でシャルル・ルクレールは周回遅れのアレクサンダー・アルボンに前を塞がれてしまう場面があった。アルボンはこの時の状況に関して、ルクレールよりもペースがいいと考えていたと説明した。

ラッセル、”絶品”オーバーテイクが放送されずがっかり……抜かれたノリス「あれが素晴らしいオーバーテイクだって?」

メルセデスのジョージ・ラッセルは、F1モナコGP決勝レースでマクラーレンのランド・ノリスを抜いた瞬間が放送されなかったことを知り、落胆している。

ランド・ノリス、モナコ6位に満足せず「完璧な戦略で戦えたわけじゃない」

マクラーレンのランド・ノリスは、F1モナコGPでの戦略について、自身とチームは見直す必要があると語った。

移動のコストと負担を削減するため……来季のF1スケジュールは地理的な問題を”もっと”考慮?

F1の首脳陣は、貨物や人員の移動に関する負荷を減らすために、2023年のレース開催カレンダーを整理し、地域ごとに移動できるようにするつもりだという。

”カオス”となったF1モナコGPのスタート前……レッドブル代表は「検証」の必要性を提言

レッドブルのチーム代表であるクリスチャン・ホーナーは、F1モナコGPのスタート手順に関してFIAが下した決断を検証する必要があると語る。これについては、各チーム代表が様々な意見を持っているようだ。

波乱のF1モナコGP、レッドブルの勝因は「自分たちの頭で考え、基本を上手くやったから」

レッドブルのクリスチャン・ホーナー代表は、モナコGPで勝つことができた原因は”基本をしっかりやること”、”自分たちの頭で考えたこと”だったと語った。

ノリス、扁桃炎を患って走るF1レースの辛さを語る。スペインGPでは「何度もリタイアが頭をよぎった」

マクラーレンのランド・ノリスはF1モナコGPの予選後、初めて彼を苦しめている扁桃炎について詳しく語った。

F1、燃料温度の監視手順を一部変更。スペインGPではフェルスタッペンがピットスタートの危機に

FIAは、F1スペインGPでマックス・フェルスタッペン(レッドブル)が燃料温度の規定に違反する危機に陥ったことを踏まえ、監視手順を一部変更した。

アロンソ、予選7番手も集中欠きクラッシュ「誇らしいとは思えない」と語る。一方、雨のレースはカオスを予想

F1モナコGPの予選Q3に進出したフェルナンド・アロンソは、途中5番手にも上がる快調さを見せたものの、最終アタックでクラッシュ。その原因は集中力の欠如にあると認めた。

ボッタス、F1モナコGPでも信頼性トラブルに泣くも「トップ10に入れない理由はない」と意気込む

アルファロメオのバルテリ・ボッタスは、F1モナコGPのフリー走行1回目でPUのMGU-Kにトラブルが発生。またも信頼性に泣くこととなったものの、ここでの速さはあると自信を見せた。

マクラーレンのノリス、扁桃炎から順調に回復も「まだ100%の状態ではない」と代表明かす

マクラーレンのアンドレアス・ザイドル代表は、扁桃炎に悩まされるランド・ノリスの体調は万全ではないものの、モナコでのレース週末には問題ないと語った。

レッドブルに”酷似”したBスペックマシンを投入したアストンマーチン。その理由とは?

レッドブルRB18と酷似したサイドポンツーンを備えたBスペックマシンをF1スペインGPで投入したアストンマーチン。テクニカルディレクターのアンドリュー・グリーンが、大きく異なるコンセプトのマシンを投入する理由を説明した。

オコン、アップデートでアルピーヌの進歩実感「でも、もっと色々なモノが必要」

エステバン・オコンは、アルピーヌが最新パッケージで正しい方向に進んでいるとしながらも、まだまだ改善が必要だと注意を促している。

F1チームの予算がピンチ? レッドブル代表「数レース欠場するチームが出てくるかも……」

レッドブルのクリスチャン・ホーナー代表は、チームの予算上限を調整しない限り、シーズンを戦うことができないチームもあると示唆している。

フロア開発の”価値”はフロントウイングの10倍に? アルピーヌ「コストはほぼ同じだが、見返りが違う」

アルピーヌのチーフテクニカルオフィサーであるパット・フライは、フロントウイングよりもフロア開発に投資した方が10倍以上の利益を得られると語った。