ロバート・クビサ、バーレーンGPのフリー走行1回目に出走。今季はDTMで表彰台も

F1第15戦バーレーンGPのフリー走行1回目において、ロバート・クビサがアルファロメオから出走することがわかった。

ロバート・クビサ、バーレーンGPのフリー走行1回目に出走。今季はDTMで表彰台も

 11月27日から開始されるF1第15戦バーレーンGP。そのフリー走行1回目において、アルファロメオのリザーブドライバーであるロバート・クビサがキミ・ライコネンに変わってステアリングを握ることとなった。

 クビサは昨年ウイリアムズF1から離脱すると、今年はアルファロメオにリザーブドライバーとして加入。その傍らでDTMに参戦し、表彰台も獲得している。クビサのFP1への出走はスティリアGP、ハンガリーGP、F1 70周年記念GPに続くもので、今季4回目だ。 

From the editor, also read:

「8月以来初めて(F1の)ドライビングシートに戻れて、とても嬉しく思う」

 クビサはそうコメントした。

「こう言うととても長い期間だったようだけど、僕は今季ファクトリーでのシミュレーター作業や自分のDTMプログラムで本当に忙しくしていたから、以前からあまり時間が経っていないように感じられる」

「DTMのシーズンが終わった今、僕はアルファロメオF1での役割に戻りたいと思っている。まだ戦いが多く残っているし、僕は自分の働きがチームに対しポジティブな影響を及ぼすだろうと確信している」

 アルファロメオのチーム代表であるフレデリック・バスールはクビサのFP1出走に際し次のように語った。

「ロバートが再びFP1に戻ってくることを、みな嬉しく思っている」

「彼のチームに対する貢献は、これまでのシーズンにおいて重要なものだった。彼の経験と技能の大半が、ここバーレーンでもチームが改善を続ける上で助けになるだろう」

「ここサクヒールは彼もよく知るサーキットであり、その点は我々のレースウィークに対しても大いに役に立つだろう」

 なおバーレーンGPのFP1ではウイリアムズからロイ・ニッサニーも出走する予定となっている。

 また同サーキットではバーレーンGPの翌週に、大きく変更されたレイアウトでサクヒールGPが開催される予定だ。

 

Read Also:

シェア
コメント
DAZNでバーレーンGP全セッション生配信……角田裕毅F1へ、負けられないF2も配信

前の記事

DAZNでバーレーンGP全セッション生配信……角田裕毅F1へ、負けられないF2も配信

次の記事

悔しいトルコから巻き返しなるか? ホンダ田辺TD「3連戦初戦、良い形のスタートを」

悔しいトルコから巻き返しなるか? ホンダ田辺TD「3連戦初戦、良い形のスタートを」
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
イベント バーレーンGP
ドライバー ロバート クビサ
チーム Alfa Romeo
執筆者 Alex Kalinauckas