Alex Kalinauckas
執筆者

Alex Kalinauckas

Latest articles by Alex Kalinauckas

グリッド
リスト

ハミルトン、F1スペインGPで”ライバル”フェルスタッペンについて「多くを学んだ」

メルセデスのルイス・ハミルトンはF1スペインGPで、2021シーズンのタイトル争いのライバルであるレッドブルのマックス・フェルスタッペンについて「他のどんなレースよりも多くを学んだ」と語った。

レースは”マラソン”! ハミルトン、スタート直後は無理せず「フェルスタッペンにスペースを与えた」

F1第4戦スペインGPで優勝したメルセデスのルイス・ハミルトンは、スタート直後のターン1でマックス・フェルスタッペン(レッドブル)にスペースを与えようと考えたと語った。

ハミルトン、通算100回目のポール獲得の大記録樹立「最初の一回と同じように感じた」

F1第4戦スペインGPの予選でポールポジションを獲得したルイス・ハミルトンは、記念すべき通算100回目のポールポジションについて、自身のキャリア最初の1回目と同じように感じたと語った。

メルセデスのハミルトン&ボッタス「ミディアムタイヤスタートにメリットなし」予選Q2の戦略を説明

メルセデスのルイス・ハミルトンとバルテリ・ボッタスは、F1スペインGPの決勝スタート時のタイヤに、ミディアムタイヤではなくソフトタイヤを選択した理由を語った。

ターン10を改修したカタルニア・サーキット、オーバーテイクは増える? ドライバーの反応は様々

F1第4戦スペインGPが開催されるカタルニア・サーキットは、冬にターン10の改修が行なったが、これについてドライバーの反応は様々だ。

F1復帰のアロンソ、苦戦報道に“メディアは大げさ”と苦言。「1年が終わってから話そう」

F1へ復帰したフェルナンド・アロンソは、2021年シーズン初期の戦いで苦戦していることがあまりにも大きく取り上げられていると感じているようだ。

ロバート・クビサ、F1スペインGPのFP1でアルファロメオをドライブ

アルファロメオF1の開発ドライバー、ロバート・クビサは今週末に開催されるスペインGPのフリー走行1回目を担当し、GP終了後のピレリのタイヤテストにも参加するようだ。

ルイス・ハミルトンが、再スタートでマックス・フェルスタッペンに抜かれた理由「一瞬ミラーを見た隙に……」

メルセデスのルイス・ハミルトンは、F1ポルトガルGPのセーフティカーランからの再スタート時に、一瞬マックス・フェルスタッペン(レッドブル)をチェックした際にバルテリ・ボッタスに逃げられ、さらにフェルスタッペンに抜かれることになったと説明した。

ボッタス、タイヤの”弱点克服”がポールポジションの鍵に「良い予選ができたのは久々」

メルセデスのバルテリ・ボッタスは、2021年シーズンこれまでの予選で弱点となっていた問題に対処したことが、F1第3戦ポルトガルGPのポールポジション獲得につながったと語った。

ラッセル、イモラF1クラッシュ後の行動を改めて謝罪。でも「僕らには入賞を争う力があった」

ウイリアムズF1のドライバーであるジョージ・ラッセルは、エミリア・ロマーニャGPでメルセデスのバルテリ・ボッタスとクラッシュした後に自身が取った行動は、「非常に誤った判断」だったと語る。

フェルスタッペン、勝利の鍵となった”抜群のスタート”に驚き。レッドブル「ホンダの努力に感謝」

マックス・フェルスタッペンは、昨年はウエットコンディションのスタートで苦戦していたにも関わらず、エミリア・ロマーニャGPで抜群のスタートが切れたことに驚いたと話した。

ランド・ノリス、再スタートでソフトタイヤ装着は「正しい判断だった」チームの決断を称賛

マクラーレンのランド・ノリスは、F1エミリア・ロマーニャGPの赤旗中断から再開する際にソフトタイヤを装着した。無事に走りきり3位表彰台を獲得したが、当初はその戦略に自信を持てなかったと語った。

リスタート直前にフェルスタッペンがあわやスピン……ルクレールはあそこで追い抜くべきだった?

フェラーリのシャルル・ルクレールは、赤旗後の再スタート時に前を行くマックス・フェルスタッペンがコントロールを乱した時、フェルスタッペンからポジションを奪わなかった理由について説明した。

レッドブルが“数的優位”で臨む決勝……「彼らの方が戦略面で良いカードが揃っている」とハミルトン

ルイス・ハミルトンは、F1エミリア・ロマーニャGP決勝に向けて、レッドブルが戦略的に“良いカード”を持っていると考えている。

ペレス、予選2番手獲得に驚き「マシンとの調和はまだまだ……」ソフトタイヤスタートには懸念なし

F1第2戦エミリア・ロマーニャGPの予選で2番手を獲得したセルジオ・ペレスは、この結果に驚きを隠しておらず、レッドブルのマシンとの調和にはまだ時間がかかると話した。

アルファタウリ、小柄な角田裕毅のためにコックピットを調整。”特別なペダルケース”を用意

アルファタウリ・ホンダの角田裕毅は、自身のフィードバックを受けてチームがマシンのコックピットを調整し、ペダルにきちんと足が届くように特別なペダルケースを作ったと明かした。

松山英樹に続け! 角田裕毅「僕も日本のファンに良い結果を見せたい。まずはチームのために入賞を」

アルファタウリ・ホンダの角田裕毅は、F1での2戦目エミリア・ロマーニャGPに向け、マスターズで勝利を手にした松山英樹を引き合いに出し、「日本のファンに良い結果を見せたい」と語った。

ペレス、レッドブルへのさらなる適応を目指す。前戦は予選Q2敗退も「リスクを覚悟した戦略は続ける」

セルジオ・ペレスは、バーレーンGPの予選Q2で敗退したにも関わらず、レッドブルはこれからもリスクを覚悟した予選戦略を立てていかなければならないと語った。

”初めてのタイトル争い”に臨むフェルスタッペン「今まで以上に、自分の力を発揮できる」

レッドブルのマックス・フェルスタッペンは、タイトル争いができる2021年のレッドブルのマシンであれば、さらに優れたパフォーマンスを発揮できると感じているという。

ヒュルケンベルグ、アストンマーチンのリザーブ兼開発ドライバーへ就任。2020年は“スーパーサブ”として活躍

アストンマーチンF1はニコ・ヒュルケンベルグを2021年シーズンのリザーブ兼テストドライバーとして任命すると発表した。

レッドブル・ホンダには、今後もっと差をつけられそう……王者ハミルトンの”警戒”

メルセデスのルイス・ハミルトンは、レッドブルとの激しいタイトル争いが繰り広げられそうな状況にファンがワクワクしていることを喜んでいるが、今後はレッドブルにさらに差をつけられる可能性があると考えている。

開幕戦勝利も、気を引き締めるメルセデス。ハミルトン「フェルスタッペンは同じミスをしない」

ルイス・ハミルトンは、マックス・フェルスタッペンがバーレーンGPでの敗北から学び、同じようなミスは2度としないだろうと語った。

開幕戦制したハミルトン、“非最速マシン”の今季は自らの価値をさらに高めるチャンス?

ルイス・ハミルトンは、バーレーンGPで純粋な速さにおいて勝るレッドブルを下したことで、今季は「ハミルトンはマシンのおかげで勝てている」という風潮が間違っていることを証明するチャンスだと考えている。

勝てると思わなかった……ハミルトン、フェルスタッペンとの最高で”恐ろしい”バトル振り返る

F1バーレーンGPで優勝したルイス・ハミルトンは、レース終盤のバトルでレッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンを抑えておけないのではないかという”恐怖”を感じていたと語った。

マックス・フェルスタッペン、レース終盤ハミルトンに“再アタック”できなかった理由とは?

マックス・フェルスタッペンは、コース外走行をしてルイス・ハミルトンをオーバーテイクしたことから彼に一旦ポジションを譲ったが、その後再度ハミルトンに仕掛けられなかった理由を説明した。

フェルナンド・アロンソ「何も期待していなかった」F1復帰後初予選の9番手を喜ぶ

アルピーヌのフェルナンド・アロンソは、F1復帰戦バーレーンGPの予選でトップ10に入れたことには満足しているが、最初の数レースは苦戦するだろうと改めて語る。

ハミルトン、フロアの空力規則変更に苦言「メルセデスを遅くするためのルールだ」

メルセデスのルイス・ハミルトンは、2021年シーズンから導入されたフロアの空力規則変更が、メルセデスを遅くするためのモノだと主張している。

驚速PPフェルスタッペン、実はフロアにダメージあり……その影響は0.1秒?

レッドブル・ホンダのチーム代表であるクリスチャン・ホーナーによれば、開幕戦バーレーンGPでポールポジションを獲得したマックス・フェルスタッペンのマシンにはフロアにダメージがあり、それにより0.1秒ほど失うことになったという。

ルクレール、2021年は「もっと上手く戦いたい」と意気込み。フェラーリの改善も後押し?

フェラーリのシャルル・ルクレールは、オープニングラップで2度リタイアした昨年から学び、2021年はより上手く戦いたいと語った。

ルイス・ハミルトン、人種差別抗議の“膝つき”は今季も継続へ「この戦いはずっと続いていく」

ルイス・ハミルトンは、人種的な平等を達成するために2021年シーズンのF1でも膝をついて意思表示をしていくと語った。

F1テストで苦戦のメルセデス「どのくらいパフォーマンスを取り戻せたかはわからない」

メルセデスは2021年のF1プレシーズンテストにおいてハンドリングの問題に苦しめられたが、バルテリ・ボッタスは開幕を前にパフォーマンスがどのくらい回復したのか分からないと語った。

ハミルトン、1年契約もプレッシャーはなし「こういうのは初めてじゃないからね」

メルセデスのルイス・ハミルトンは、契約延長が大きく遅れた上、その契約期間も1年のみという状況にも関わらず、シーズン中に気を紛らわせてしまう原因にはならないと考えている。

レッドブル・ホンダ、2020年の”教訓”を生かして打倒メルセデス目指す「5度目のタイトルを諦めない」

レッドブルF1のチーム代表であるクリスチャン・ホーナーは、2020年のRB16の問題に対処するために学んだ教訓が、今季メルセデスの挑む上で役立つことになると考えている。

レッドブル・ホンダ、シミュレーションと風洞の”相関関係”を是正? ホーナー代表の期待

2021年用のニューマシン、RB16Bを発表したレッドブル。同チームの代表であるクリスチャン・ホーナーは、F1マシンのデザインと風洞実験の相関関係のズレに対処することができたと語る。

レッドブルF1の”育成外”セルジオ・ペレス起用は「成熟した決断」ホーナー代表語る

アレクサンダー・アルボンに代わり、セルジオ・ペレスを起用することを決めたレッドブル。同チームのクリスチャン・ホーナー代表は、育成ドライバー以外から新たなドライバーを採用したのは”成熟した決断”だったと語る。

Netflix、F1ドキュメンタリー第3期を3月配信へ。コロナ禍でも舞台裏密着

Netflixの人気ドキュメンタリーシリーズ「Formula1:Drive to Survive(邦題:栄光のグランプリ)」第3シーズンの配信が3月19日になることが判明した。

ペレス加入でフェルスタッペン/リカルド時代の再現を……! ホーナー代表期待滲ませる

レッドブルのクリスチャン・ホーナー代表は、今シーズン新たにチームへ加入するセルジオ・ペレスとマックス・フェルスタッペンのコンビは、かつてダニエル・リカルドが在籍していた時代を再現することができると考えている。

「フェラーリからの目標は明確」3年目迎えるジョビナッツィ、結果求められる年に

アルファロメオで3年目のシーズンを迎えるアントニオ・ジョビナッツィ。彼は支援を受けるフェラーリから、今季は明確な目標が設けられ、リザルトを求められていると語った。

ストロール、2020年は”最高のシーズン”。だけど「たくさんのチャンスも逃した」

アストンマーチンF1のランス・ストロールは、2020年シーズンがこれまでのキャリアで最も成功した1年だったとしながらも、多くのチャンスを逃したと考えている。

師匠兼チームメイト? ジョビナッツィ「今年もライコネンと一緒で嬉しい」

アルファロメオのアントニオ・ジョビナッツィは2021年もキミ・ライコネンとチームメイトとなることを喜んでおり、F1王者も経験したライコネンから多くのモノを学ぶことで自身を高めていけると考えている。

ウイリアムズ、新体制でも”家族感”を大切に!「我々はまだ”ウイリアムズ”だ」

ウイリアムズの新オーナーは、チームの建て直しを図る中でも、チームの特徴であった”家族感”を維持していきたいと考えているという。

ジョビナッツィ「スタート改善は映像学習の成果!」2020年の進歩に満足げ

アルファロメオのアントニオ・ジョビナッツィは、F1の2020年では映像学習でスタート改善に取り組んだことが、ルーキーシーズンと比較しての改善の鍵だったと振り返った。

ジョージ・ラッセルを大きく成長させた、2020年”苦戦”ベッテルとの戦い

ジョージ・ラッセルは、2020年にセバスチャン・ベッテルとホイール・トゥ・ホイールのバトルを繰り広げたことが、レースの組み立て方を改善するのに大きく役立ったと語る。

コスト削減が実現しなければ生き残れなかった? アルファロメオ代表、F1の団結に感謝

アルファロメオのチーム代表であるフレデリック・バスールは、F1がコスト削減策や部分的な開発凍結を導入しなければ、F1に残れていたかどうか分からないと語った。

【インタビュー:ルイス・ハミルトン】タイトルを獲る以外の、もうひとつ重要だった目標

メルセデスのルイス・ハミルトンは、7度目のドライバーズタイトルを獲得した。しかし今シーズンには、もうひとつの重要な目標があったと語る。

ハース、2021年のマゼピン起用を改めて明言。不適切動画の問題は「内部で処理」

ハースF1チームは2021年にニキータ・マゼピンを起用する意向を改めて示し、彼の最近の行動についての内部調査を完了させた。

ペレス、ドライバーズランキング4位に満足も最終戦リタイア「信頼性が低かった」

レーシングポイントのセルジオ・ペレスは、2020年のF1最終戦アブダビGPでリタイアを喫することになった。しかしドライバーズランキングは自己最高位の4位。シーズンを通して見れば、満足いく1年だったと語った。

ベッテル、フェラーリでのラストレースは14位。最後はイタリア語の替え歌で感謝伝える

2020年のアブダビGPを14位で終えたセバスチャン・ベッテルは、フェラーリでの最後のF1レースを“感動的な1日”だったと表現した。

ルクレール、“ベッテル送別ヘルメット”の経緯語る「セブは人として本当に素晴らしい男」

シャルル・ルクレールはF1最終戦アブダビGPで、“素晴らしい男”であるセバスチャン・ベッテルへのリスペクトを込めた特別カラーリングのヘルメットを着用する。

ルクレール、タイヤのオーバーヒートに苦しみ失望の予選「もっと出来ると思っていた」

フェラーリのシャルル・ルクレールは、F1アブダビGPの予選Q1で3番手タイムを記録していたにも関わらず、最終的に予選9番手となったことに失望したと語った。

「僕は来年もウイリアムズに残る」メルセデスで輝き放ったラッセルが改めて強調

ジョージ・ラッセルは、2021年シーズンもウイリアムズでドライブすることを強調し、メルセデスに昇格する可能性があると示唆したサクヒールGP後のコメントは“勢いで言ったもの”だと話した。

ボッタス、“SNSシャットアウト”で気持ちをリセット。最終戦勝利で来季に繋げられるか?

バルテリ・ボッタスは自らがより良い走りをする必要があると認めたが、F1最終戦アブダビGPに向けてはエネルギーに満ち溢れていると語った。

Wシリーズ、2021年シーズンの開催カレンダー発表。全8戦がF1のサポートレースに

Wシリーズは、F1のサポートレースとして行なわれる2021年シーズンの開催カレンダーを発表した。

マシン乗り換えはやっぱり大変? ラッセル「予選中にニュートラルボタンを押しちゃった!」

メルセデスのジョージ・ラッセルは、F1サクヒールGPの予選中に誤ってニュートラルボタンを押してしまったと明かした。

メルセデスのコックピットは窮屈? ラッセル、普段より小さいシューズで対応「痛いのは我慢!」

ジョージ・ラッセルは、メルセデスのマシンにフィットするために、通常より1サイズ小さいレーシングシューズを履いていることを明らかにした。

ボッタス、代役ラッセルとの”対決”は考えず「負けたらマズイとは思っているけど……」

バルテリ・ボッタスは、F1サクヒールGPでメルセデスのマシンに乗ることになったジョージ・ラッセルに負けるようなことがあってはならないと語った。

深夜2時、入浴中にかかってきた”幸運”の電話……ラッセル、メルセデス入りを語る

ジョージ・ラッセルは深夜2時に入浴していた際、メルセデスF1のトト・ウルフから電話を受け、ルイス・ハミルトンの代役を務める可能性について知らされたという。

完璧なアタックだったのに……ボッタス、ハミルトンとのタイム差に「かなり驚いた」

メルセデスのバルテリ・ボッタスは、F1バーレーンGPの予選でついたルイス・ハミルトンとの差に驚いたと語った。

ハミルトン、僚友ボッタスとの大きなポイント差は「彼の”不運”も影響している」

メルセデスのルイス・ハミルトンは、チームメイトのバルテリ・ボッタスとの差が開いたのは、ボッタスの運が悪かったことが一因だと考えている。

ハミルトン、フェラーリ会長との”会談”認めるも、移籍は「考えたこともない」

ルイス・ハミルトンは、フェラーリ移籍の可能性について、そしてメルセデスを離れることについては、真剣には考えたことはなかったと語った。