F1
21 5月
-
24 5月
イベントは終了しました
04 6月
-
07 6月
次のセッションまで……
3 days
MotoGP
14 5月
-
17 5月
イベントは終了しました
R
イタリアGP
28 5月
-
31 5月
スーパーGT
29 5月
-
31 5月
R
ブリーラム
03 7月
-
05 7月
次のセッションまで……
32 days
スーパーフォーミュラ
17 5月
-
17 5月
イベントは終了しました
20 6月
-
21 6月
次のセッションまで……
19 days
執筆者

Alex Kalinauckas

Alex Kalinauckasの最新ニュース

グリッド
リスト
ルクレール、映画撮影でフェラーリSF90駆りモナコを爆走。時速240キロを記録
ビデオ・インサイド

ルクレール、映画撮影でフェラーリSF90駆りモナコを爆走。時速240キロを記録

F1ドライバーのシャルル・ルクレールは短編映画『Le Grand Rendez-vous』の撮影のため、モナコ公国の市街をフェラーリSF90ストラダーレで爆走。無事に走行を完了した。

財政難は”すぐ”に分かった……ペレス、フォースインディア加入初日を語る

レーシングポイントのセルジオ・ペレスは、現チームの前身であるフォースインディアのファクトリーを2014年シーズンの前に初めて訪問した際に、チームの財政面は大きな問題であると気付いたと明かす。

規模拡大中のレーシングポイント「スタッフも予算も……我々はF1で”最小”のチーム」

レーシングポイントのチーム代表であるオットマー・サフナウアーは、チームの予算やスタッフの規模は依然として最小だと語った。

エゴなんて何の役にも立たない! レーシングポイント、新車コンセプト一転のカギ

レーシングポイントのテクニカルディレクターは、チームに“エゴ”が少ないことが、長年の空力コンセプトを破棄し、メルセデス風のアプローチを取ることを可能にしたと考えている。

開発凍結でも、2021年のF1マシンは、今年のマシンと見た目が少し変わる?

レーシングポイントのテクニカル・ディレクターであるアンドリュー・グリーンは、2021年のマシンデザインについて、新型コロナウイルスの影響で開発が凍結されるにも関わらず「少し違う見た目になる」はずだと語る。

レーシングポイント代表、予算上限を引き下げられれば「僅差の激戦になる」と期待

レーシングポイントのチーム代表であるオットマー・サフナウアーは、チームの年間予算上限を引き下げることができれば、パフォーマンスが”均等”になる可能性があると語る。

“ピンク・メルセデス”監査のため、ファクトリーを訪問したとFIA認める

レーシングポイントのテクニカルディレクターであるアンドリュー・グリーンは、FIAの面々がチームのファクトリーを訪れてRP20をチェックしたことを明かした。

スタッフの一時解雇も「いつか元通りに戻るため」ノリス、集中力を切らさず

ランド・ノリスは、マクラーレンによるスタッフ一時解雇などのコスト削減策は、可能な限り元通りに戻るためのものだと説明した。

ノリス、F1の”シャットダウン”は「ある意味で全チームにとって平等な状況」

マクラーレンのランド・ノリスは、新型コロナウイルスの影響でF1のシーズンが中断したことで、マシン開発の面では各チームが平等な状況だと話した。

eスポーツでも大活躍のノリス、開幕後はもっと”真面目”に?「変わるつもりはないけどね!」

マクラーレンのランド・ノリスは、F1でのルーキーシーズンはふざけすぎていたかもしれないと振り返ったが、変わるつもりはないと話した。

ルーキーイヤー大活躍のノリス、マクラーレンからの”リスペクト”を感じる?

2019年にマクラーレンからF1デビューを果たしたランド・ノリスは、自身1年目のシーズンを終え、チームからの”リスペクト”を感じるようになったという。

ノリス、シルバーストン逆走レイアウトは大歓迎「かなり違うしトリッキー!」

マクラーレンのランド・ノリスは、新型コロナウイルスの感染拡大により2020年のF1シーズンが短縮された際の対策の一環として、シルバーストン”逆走”レースが計画されていることについて、大きなチャンスがあると考えている。

全チームが生き残るために……ウイリアムズ、チーム間の”協力”関係に釘を刺す

ウイリアムズは、F1がフルグリッドを保つためにはチーム間の協力関係に対し、一定の制限を設けるべきだと考えている。

その名も”プロジェクト・ピットレーン”。英国拠点のF1チームがコロナ対策に団結

新型コロナウイルスの対策に必要な医療機器を製造するため、英国政府を支援することを約束した、同国を拠点に活動する7つのF1チーム。彼らは『プロジェクト・ピットレーン』として団結することになった。

マクラーレン、豪州でコロナウイルスの検疫措置を受けていたスタッフが帰国へ

マクラーレンは、オーストラリアで検疫措置を受けていたチームスタッフが今週中にイギリスに帰国する予定だと発表した。

「トップ3チームとの差はまだ大きい」レーシングポイント、慎重姿勢を崩さず

セルジオ・ペレスは、F1の上位3チームとレーシングポイントの戦力差は、まだかなりあると考えているようだ。

アルボン「今年のオーストラリアGPはいつもと違う……」コロナ対策で異様な雰囲気に

レッドブルのアレクサンダー・アルボンは、コロナウイルスに対する措置が講じられているため、2020年のF1開幕戦オーストラリアGPは雰囲気が違うと話した。

FIAとフェラーリの“和解”への抗議は続く。フェルスタッペン“公平なF1”を望む

マックス・フェルスタッペンは、FIAとフェラーリの和解騒動について抗議を続けているレッドブルは、公平なF1を望んでいると語った。

マクラーレン、仕上がりは上々? 「MCL35は“トゲ”の少ないマシン」とノリス

マクラーレンのランド・ノリスは、2020年マシンのMCL35が「“トゲ”が少ない」一貫性のあるマシンであると感じている。

F1テスト後半開始。初日午前はクビサがトップ! ホンダ勢も2、3番手に続く

2020年のF1プレシーズンテスト2回目がスタート。初日午前はアルファロメオのロバート・クビサがトップとなった。

映像証拠がなくても、”DAS”は見つかった? アルボン「チームにもカメラマンがいる」

レッドブルのアレクサンダー・アルボンは、オンボード映像がなくても、メルセデスが新車W11に搭載したDASの存在は明らかになっていただろうと語った。

今年のレッドブル・ホンダは扱いやすい? アルボン「去年より一歩前進した」

レッドブル・ホンダのアレクサンダー・アルボンは、2020年用”RB16”は「扱いやすい」と感じており、昨年マシンRB15と比べて「一歩前進している」と語っている。

ウイリアムズ、昨年レベルの不振は「絶対ない」と自信。目標は“Q2のポジション”?

ジョージ・ラッセルは、今季のウイリアムズが昨年と同じくらいライバルから後れを取っていることは決してないと語った。

フェラーリ代表「我々はメルセデスやレッドブルほど速くない……現時点ではね」

フェラーリのチーム代表であるマッティア・ビノットは、今年のフェラーリはメルセデスやレッドブルよりも遅いと感じている。