フェラーリSF21には”有望な兆候”アリ? ルクレールが寄せる期待

フェラーリのシャルル・ルクレールは、今季のマシンSF21について、いくつかの「有望な兆候」があると語る。

フェラーリSF21には”有望な兆候”アリ? ルクレールが寄せる期待

 シャルル・ルクレールは、今季のフェラーリF1マシン”SF21”について、初めてテストで走行させた後「いくつかの有望な兆候」を感じたと語った。

 フェラーリは2020年に大苦戦の1年を過ごし、1980年以来最も低い順位であるコンストラクターズランキング6位でシーズンを終えた。これはパフォーマンスの低いパワーユニットと、空気抵抗の大きなシャシー特性に足を引っ張られた結果であり、チームはこれを改善すべく懸命に作業を続けている。

 SF21の可能性を判断するには時期尚早だが、ルクレール曰く、コース上の実走データとファクトリーでのシミュレーションのデータが良好な相関関係を示しており、今シーズンに向けて期待を膨らませているようだ。

「印象は今日も良かったよ」

 ルクレールはそう語った。

「初日は、午前中に全てのプログラムを完了した。でもコンディションはとてもトリッキーだったんだ」

「とても暖かく、風が強い。だから、今のところ昨年と比較するのは難しい。そして、あとはライバル次第だ。彼らが僕らと比較して、どれだけ改善してきたかということだね。いくつか有望な兆候があるけど、最初の予選までは分からないね」

 フェラーリは、リヤのグリップ改善に取り組んできた。これについてルクレールは、次のように語る。

「これについてはいくつかの作業が行なわれたと思う。最初にコースを走ってみたデータは、テスト前にマラネロで見たデータと相関している。これはすでにポジティブなことだ」

「でも、こういうコンディションでマシンのフィードバックをしたり、フィーリングを語るのはとても難しい。でも僕らが取り組んだことを確認するという意味でも、マラネロでのデータと実走行のデータの相関関係が取れているのは、既に良い兆候だ」

 新しいPUについてもルクレールは優れていると感じているようだが、他メーカーのPUとの比較は、まだ不可能であると語る。

「全てが非常に良い感じだ。でも繰り返しになるが、今コメントするのはとても難しい。特にこういうコンディションでは、誰も限界まで攻めていない」

 そうルクレールは語った。

「今のところ、まだ初期段階だ。でも全てのフィーリングが良く、僕らが期待していた通りのデータが出ている」

 

Read Also:

シェア
コメント
アルファタウリ、バーレーン政府提供のCOVIDワクチンをメンバー全員が受ける

前の記事

アルファタウリ、バーレーン政府提供のCOVIDワクチンをメンバー全員が受ける

次の記事

【訃報】F1実況の“伝説”、マレー・ウォーカー氏が逝去。享年97

【訃報】F1実況の“伝説”、マレー・ウォーカー氏が逝去。享年97
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
イベント Bahrain March testing
ドライバー シャルル ルクレール
チーム フェラーリ
執筆者 Jonathan Noble