F1
24 10月
-
27 10月
イベントは終了しました
01 11月
-
03 11月
イベントは終了しました
14 11月
-
17 11月
イベント 進行中 . . .
28 11月
-
01 12月
イベント 進行中 . . .

愚かなミスだった……メルセデス、ハミルトン3度目のピットストップを後悔

シェア
コメント
愚かなミスだった……メルセデス、ハミルトン3度目のピットストップを後悔
執筆:
2019/11/18 9:29

メルセデスF1のテクニカルディレクターであるジェームス・アリソンは、ブラジルGPでルイス・ハミルトンが行った3度目のピットストップを悔いている。

 メルセデスF1チームのテクニカルディレクターを務めるジェームス・アリソンは、第20戦ブラジルGPでルイス・ハミルトンが行った3度目のピットストップについて、ドライバーに判断を委ねたチームのミスだったと話した。

 ハミルトンはレース終盤、マックス・フェルスタッペン(レッドブル)に次ぐ2番手を走行していた。しかし66周目、フェラーリの2台が接触しリタイア。コース上にデブリが落ちたことで、セーフティカーが出動した。

 ハミルトンがペースを落としてピット入り口に近づくと、担当エンジニアであるピーター・ボニントンは、無線でハミルトンに「新しいタイヤに変えたいなら、ポジションをひとつ落とすことになる」というメッセージを2度伝えた。

 これを受けて、ハミルトンは少し考えた後「君が決めてくれ」と返答した。ところが、ハミルトンは自らピットインを決断。ピットロードに飛び込むと「(ピットに)入るよ、入るよ」とチームに伝えた。

 しかし、ハミルトンはこのピットインでアレクサンダー・アルボン(レッドブル)とピエール・ガスリー(トロロッソ)に先行を許し、4番手まで後退してしまう。さらに、レースが再開されたのは残り2周というタイミング。新しいタイヤを有効に活用できる時間はごく僅かだった。

 ガスリーこそ難なくパスしたハミルトンだったが、ターン10でアルボンにオーバーテイクを仕掛けた際に接触。アルボンをスピンさせてしまい、失速した隙に再度ガスリーに前に出られてしまった。

 フロントウイングにダメージを負ったハミルトンは、ガスリーに迫ったものの抜ききれず、3番手でチェッカーを受けた。その後、アルボンとの接触で5秒のタイム加算ペナルティを受け、最終的に7位に終わった。

 アリソンはハミルトンに間違った情報を与え、ピットストップの判断を任せたことについて、”馬鹿げたミス”だったとコメントした。

「その時点で、最も輝かしいレースという感じにはなっていなかったので、馬鹿げたことをしてしまった。ひとつポジションを落とす代わりに新しいタイヤを手に入れ、適切なポジションを取り戻すために十分なラップが残り、優勝に挑戦できると思っていたんだ」

「実際のところ、ふたつポジションを落とすことになったので正しくなかった。ガスリーのことを考慮していなかったし、コース上に落ちたデブリの量を考えていなかった。予想以上にセーフティカーが長引いたんだ」

「そして、今回のクルマがあまり速くなく、優勝を狙うには程遠かったというルーキーのようなミスをした。我々がミスをしたんだ」

 アリソンは、ピットインを選んだハミルトン自身にミスの責任はないと語った。

「実際、完全に我々のミスだった。なぜなら、我々は儚いチャンスのことを考えていたんだ」

「我々にはそれが正しいことかどうか全く分からなかった。しかし、可能性はあったんだ」

「そこで、ルイスに意見を求めようと考えた。だが、そうするべきではなかったんだ。我々は彼に、失うポジションはひとつだと言っていたが、実際はふたつだったのだから、我々が決断をすべきだった」

「彼は1〜2秒考えて、ピットに飛び込んできた。彼はレースが好きだからね。しかしそれは間違いだった」

「彼がガスリーの後ろでコースに復帰した時、我々はがっかりして『なんでこんなことをしたんだ?』と感じたんだ」

Read Also:

次の記事
トロロッソ代表、初表彰台獲得のガスリーは「”円熟”したドライビングだった」と称賛

前の記事

トロロッソ代表、初表彰台獲得のガスリーは「”円熟”したドライビングだった」と称賛

次の記事

”働くお母さん”の希望に……レッドブル代表、戦略担当女史を表彰台に送る

”働くお母さん”の希望に……レッドブル代表、戦略担当女史を表彰台に送る
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
イベント 第20戦ブラジルGP
サブイベント Race
ドライバー ルイス ハミルトン 発売中
チーム メルセデス 発売中
執筆者 Adam Cooper