来季未定のペレス、レッドブル加入無理なら休養へ「F1が恋しいのか確かめる」

来季シートが未定のセルジオ・ペレスは、F1に留まるための唯一の選択肢はレッドブル加入であり、それがかなわない場合には2021年を休養し評価に充てる意向だという。

来季未定のペレス、レッドブル加入無理なら休養へ「F1が恋しいのか確かめる」

 2020年限りでのレーシングポイント離脱が決まっているセルジオ・ペレス。今季のF1終盤戦となっても来年のシートが未定のペレスだが、彼はレッドブル加入がF1残留の唯一の可能性であると語った。

 レーシングポイントは来季アストンマーチンへと名を変えるが、彼らは2021年に向けセバスチャン・ベッテルを起用することを決定し、その割を食ったペレスがチームを追われることとなってしまった。

 当初はアルファロメオやウイリアムズ、ハースといったチームへ加入するのではないかと見られていたペレスだが、それらのチームはペレス起用を否定。現在残る選択肢はレッドブル加入のみとなってしまった。

 レッドブルは来季、アレクサンダー・アルボンを経験豊富なドライバーと交代させることを検討しており、彼とニコ・ヒュルケンベルグがその候補として浮上している。

「それ(レッドブル加入)が唯一の選択肢だ」と、ペレスは言う。

「以前も話したことだが、僕はF1に長年参戦してきているし、今後も続けていきたいと思っている。僕はキャリアのピークに居ると思うんだ」

「ただ僕は良いプロジェクト、良い計画の下でF1に留まりたいんだ。モチベーションを100%に保つ良いプロジェクトが無いなら、やめたほうが良いとも思っている」

「今は彼らがどう決定を下すかを待っているだけだ。僕の手の及ぶところじゃない」

「残り3戦にはただただ普段どおりにアプローチしていく。仕事に集中し、実行する。それ以外のことは僕がどうにかできることじゃない。だからこの件についてはこれ以上は何も言うことはないよ」

 またヒュルケンベルグやアルボンよりも自身が好ましいとレッドブルが考えるべき理由はあるかと訊かれた際、ペレスは「僕自身のことを聞くのは間違いだと思う」と答え、次のように続けた。

「個人的な意見を話すことはできるし、確かに僕は自分のことを最高(の候補)だと言うこともできるだろう。だけど自分で自分を評価するべきでは無いと思う」

 さらに来季レッドブル加入が叶わなかった場合について、ペレスはF1以外のカテゴリー参戦への興味はないと強調した。

「自分が何をしたいのか、それは明確でプランAは当然F1を続けることだ。プランBは1年間休んで、レースをしないとどう感じるか……レースが本当に恋しいのか、本当に戻ってきたいのか、それとも他のシリーズに興味があるのか、モータースポーツから離れるほうがいいのか、それを確認することになるだろう」

「その前に僕には本当にやりたいことは何なのかを考える時間が1年ある。来年、F1に留まれなかったとしても、僕は他のことをするとは思わない」

「だから1年間、本当にF1が恋しいのかを考えようと思う。大部分の引退したドライバーは、半年すると狂おしくなって、可能なことは何でもしたいと思うようになるんだという」

「僕はそれを経験したことはない。だから確かめないといけない。僕はこのスポーツに夢中になってきたから、これ無しで自分がどう感じるのか、それでも良いのかを確認しなくちゃいけないんだ。F1が恋しいのか、そのままの生活を続けたいのかをね」

 ただ、ペレス自身はレース無しの人生を楽しんでいくことができると考えている様子だ。

「ああ、レース以外のことにもたくさん興味があるんだ。言うまでもなく僕はまだ若い。モータースポーツから離れたビジネスのことも考えられるだろう。ただ30代で考えることじゃない」

「いよいよとなれば、そうした選択肢を考慮するのもいいだろう。僕には家族がいるし、子供の成長も見守りたい。他にもたくさんモータースポーツ無しの人生を想像することができるよ」

 

Read Also:

シェア
コメント
レッドブル、スポーティングディレクターがコロナ陽性。他メンバーに影響なし
前の記事

レッドブル、スポーティングディレクターがコロナ陽性。他メンバーに影響なし

次の記事

年間2位は重要じゃない? フェルスタッペン「良い形でシーズンを終えることが大事」

年間2位は重要じゃない? フェルスタッペン「良い形でシーズンを終えることが大事」
コメントを読み込む