ホンダF1初優勝の記念すべき名車『RA272』が日本自動車殿堂の歴史遺産車に選定

2020〜2021日本自動車殿堂において、ホンダRA272が2020日本自動車殿堂 歴史遺産車に選定された。

ホンダF1初優勝の記念すべき名車『RA272』が日本自動車殿堂の歴史遺産車に選定
Listen to this article

 特定非営利活動法人 日本自動車殿堂は11月6日(金)、『日本自動車殿堂 2020 殿堂者(殿堂入り)』、『2020 歴史遺産車』、『2020〜2021 殿堂イヤー賞』を発表した。その中の『2020 歴史遺産車』では、ホンダが1965年シーズンのF1を戦ったマシン『RA272』が選定された。

 日本の自動車の歴史に優れた足跡を残した名車を選定し、日本自動車殿堂に登録して永く伝承するために設けられたこの『歴史遺産車』。今年は『ホンダRA272』『トヨペット ライトトラック SKB』『スズキ ジムニー LJ10型』の3台が選定された。

 横置きV12エンジンを搭載したRA272は、ホンダがF1活動を開始して2年目の1965年シーズンに登場。リッチー・ギンサーとロニー・バックナムがステアリングを握った。中でもギンサーは最終戦メキシコGPで勝利を収めたが、これはホンダF1のみならず、日本製F1マシンとして記念すべき初優勝となった。

 このRA272は現在も動態保存されており、イベントなどで度々使用されている。最近では、昨年のF1日本GPを前にレッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンがホンダのテストコースでドライブして話題となった。

 なお、『2020〜2021 殿堂イヤー賞』では、ホンダから『FIT』がカーオブザイヤー、『Honda e』がカーテクノロジーオブザイヤーを受賞した。

 

Read Also:

シェア
コメント
F1サウジアラビアGPが実現へ、開催契約の締結を正式発表。2021年は夜間市街地レースに
前の記事

F1サウジアラビアGPが実現へ、開催契約の締結を正式発表。2021年は夜間市街地レースに

次の記事

なぜ黄旗が出なかったんだ! デブリを踏んで勝利を逃したボッタス憤慨

なぜ黄旗が出なかったんだ! デブリを踏んで勝利を逃したボッタス憤慨
コメントを読み込む