F1 アゼルバイジャンGP

レッドブル、フェラーリの反撃を疑わず「間違いなく問題を解決してくるはず」

レッドブルのクリスチャン・ホーナー代表は、信頼性トラブルに見舞われているフェラーリが、反撃してくるのは間違いないと語った。

Charles Leclerc, Ferrari F1-75, Max Verstappen, Red Bull Racing RB18

 F1第8戦アゼルバイジャンGPは、フェラーリにとってまたしても悪夢のようなレースとなった。ポールシッターのシャルル・ルクレールは、4戦連続ポールポジションと速さを見せているものの、第3戦オーストラリアGP以来勝つことができていないのだ。

 モナコでの戦略ミスも痛かったが、ルクレールはスペインGPとモナコGPでエンジントラブルに見舞われており、グリッド降格ペナルティが近づいているのもチームにとっては悩ましい状況だ。

 また、アゼルバイジャンGPではカルロス・サインツJr.も油圧系のトラブルでリタイアしており、信頼性の問題を早急に解決できなければ、チャンピオンシップで致命的なダメージを負ってしまうことにもなりかねない。

 そんな状況にも関わらず、レッドブルのチーム代表であるクリスチャン・ホーナーは、ライバルの逆襲を予想している。ライバルの失敗をただ望んでいるだけではいけないと語った。

 フェラーリとのタイトル争いの展望について訊かれ、ホーナーはmotorsport.comに次のように語った。

「確かに彼らは土曜日(予選)にはとても速いマシンを持っていると思う」

「今シーズンのほとんどのレースで、日曜日には彼らと互角に渡り合ってきたと私は思う。そして、序盤のラップを見る限り、(バクーでも)そうだったようだ」

「彼らは問題を解決してくるだろう。そのことに疑いはない。だが必然的に、シーズンの後半には(グリッド降格)ペナルティを受けることになるだろう」

「もちろん、このチャンピオンシップには長い長い道のりがある。この4、5戦でポイントに大きな変動があったし、それは事態の変化がいかに早いかを示しているんだ」

 アゼルバイジャンGPで勝ったマックス・フェルスタッペンは、仮にフェラーリ勢にトラブルが起きずとも、勝てるだけのペースがあったと考えているが、ホーナーも彼の意見に同意しているようだ。

「レースが続かなかったことは、色々な意味で残念だ。我々は良いレースカーを持っていたと思うからね」

「我々が選んだルートで、戦略的にシャルルに勝てたと思う。だが、本当のところは分からない」

「でも重要なのは、彼らの不運に乗じてポイントを獲得したことだ。今のところ、チャンピオンシップの状況は健全に見えるからだ。しかし、それがいかに早く変化するかはわかるだろう」

 
Read Also:

Be part of Motorsport community

Join the conversation
前の記事 FIA、F1ドライバーを悩ませるポーパシング抑制に向け動く……ただ”発端”のメルセデスには不利に働く?
次の記事 表彰台獲得へ、”トップ2チームの不幸”を期待し続けるわけにはいかない……ラッセルの危機感

Top Comments

コメントはまだありません。 最初のコメントを投稿しませんか?

Sign up for free

  • Get quick access to your favorite articles

  • Manage alerts on breaking news and favorite drivers

  • Make your voice heard with article commenting.

Motorsport prime

Discover premium content
登録

エディション

日本