予算超過チームに容赦なき制裁を! メルセデスF1代表、FIAに”誠実な”規則履行求める「今後に向けても重要な一件」

メルセデスのトト・ウルフ代表は、噂通り2021年シーズンに予算制限レギュレーション違反のチームが発生した場合、FIAは違反チームに容赦すべきではないと語っている。

予算超過チームに容赦なき制裁を! メルセデスF1代表、FIAに”誠実な”規則履行求める「今後に向けても重要な一件」
Listen to this article

 FIAは、各チーム1億4500万ドルという予算制限の下で争われた2021年シーズンのF1に関して、10月5日に”最終会計報告”となる遵守証明書をレギュレーションに適合したチーム向けに発行する。

 ただ、F1パドックの関係者によると、最終的な会計処理が完了した時点で、レッドブル・レーシングとアストンマーチンの2チームが上限を超過したとして、遵守証明書を取得できない可能性が高いと言われている。

 これについてメルセデスのトト・ウルフ代表は、違反したチームに対してFIAはレギュレーション通りの罰則を科すべきだと主張している。

Read Also:

 F1の財務レギュレーションには、予算制限超過に関していくつかの種類の罰則が明記されており、主に”軽微な違反”と”重大な違反”のふたつに区別される。

 アストンマーチンは、2021年の予算上限に対して5%未満、つまり約700万ドル程度の軽微な違反と見られている。一方で、レッドブルは5%を超える重度な違反とみなされる可能性がある。そうなるとタダでは済まない……最悪の場合は「選手権からの除外」となり得るのだ。

 こうした厳しい罰則が用意されているのには、前年の予算上限超過が翌年以降にも影響を与えるという特性があるからだろう。特に今季は技術レギュレーションが刷新され、昨年の開発が現在のパフォーマンスに大きく影響を与えていると言っても過言ではない。

 レッドブルがダブルタイトル獲得に向けて独走状態を築く中、FIAのモハメド・ベン・スレイエム会長以下がどのような措置を下すのか、今後のレギュレーション適用に関しても重要なケーススタディになると注目を集めている。対応如何によっては、罰則を加味した上で予算制限を超過することを選択するチームが跡を絶たず、予算制限レギュレーション自体が形骸化する可能性もあるのだ。

Christian Horner, Team Principal, Red Bull Racing, Toto Wolff, Team Principal and CEO, Mercedes AMG

Christian Horner, Team Principal, Red Bull Racing, Toto Wolff, Team Principal and CEO, Mercedes AMG

Photo by: Mark Sutton / Motorsport Images

 シンガポールGP初日、この問題についてフェラーリのマッティア・ビノット代表と協議を行なっていたウルフは、予算制限の超過が証明された場合、FIAは当該チームに対して厳しい制裁を科すべきだと主張している。

「予算制限は、公平な競争条件を保つ上で、おそらく最も重要なレギュレーションの進化だ」

 そうウルフは言う。

「予算が十分ではなかったチームが上位に追いつくことを可能にする。トップチームの支出に制限を設けることができるのだ。レギュレーションが遵守されるというデモンストレーションにおいて、今回はとても重要になる」

「そうでないと信じる理由はどこにもない。FIA、特にモハメドはあらゆるレギュレーションを施行する上で、揺るがない姿勢を見せてきた」

「我々は今、重要なトピックについて話をしていると思うが、その通りなら彼はこれまで同様に誠実さをリーダーシップを示してくれるはずだ」

 FIAは査定が完了するまでは裁定を下さないとしており、違反したチームの有無を明かしていない。

「FIAは現在、全F1チームから提出された2021年の財務データの査定を終えた段階だ。予算レギュレーション違反の疑いがある場合は、レギュレーションに定められた通りの正式なプロセスに従い、追って対処される」とFIAの声明にはある。

「FIAは、この件に関して重大かつ根拠の無い憶測や推測があることを認識している。査定は進行中であり、外部の議論を考慮することなく正しい手続きを踏むことを改めて強調したい」

 レッドブルのマックス・フェルスタッペンとメルセデスのルイス・ハミルトンのタイトル争いが、最終戦アブダビGPの最終ラップまでもつれ込んだ昨シーズン。セーフティカーの解除手順など様々なトピックが取り沙汰されたが、最終的にはレッドブルとフェルスタッペンに軍配が上がった。

 レッドブルの予算超過が昨年のタイトル争いに影響を及ぼした可能性はあるか、そうウルフに尋ねると彼は具体的な言及を避けた。

「彼らが違反しているのか、それがどの程度のモノなのか、その段階で私は情報を持っていなかった。ただ明らかに、1年目で違反があったということは、2年目も違反しているということだし、3年目も違反する可能性がある」

「それが明らかになった時、どういう影響が出るのかについては色々と議論が行なわれるだろう。ただ、現時点でコメントするのは時期尚早だ」

 
Read Also:

シェア
コメント
二連覇間近のフェルスタッペン、日本GPでのF1タイトル決定に期待「鈴鹿は素晴らしいし、ホンダの母国GPだからね!」
前の記事

二連覇間近のフェルスタッペン、日本GPでのF1タイトル決定に期待「鈴鹿は素晴らしいし、ホンダの母国GPだからね!」

次の記事

F1シンガポールFP3速報:大雨襲来……ウェット路面でルクレールが最速。角田裕毅は15番手

F1シンガポールFP3速報:大雨襲来……ウェット路面でルクレールが最速。角田裕毅は15番手