F1
25 9月
FP3 まで
13 時間
:
06
:
51
MotoGP
18 9月
イベントは終了しました
25 9月
イベントは終了しました
スーパーGT
10 9月
イベントは終了しました
R
第5戦 富士
03 10月
次のセッションまで……
7 days
スーパーフォーミュラ
26 9月
次のセッションまで……
04 時間
:
06
:
51

F2バルセロナ:レース2はドルゴビッチが優勝。角田裕毅は4位、松下信治は5位

シェア
コメント
F2バルセロナ:レース2はドルゴビッチが優勝。角田裕毅は4位、松下信治は5位

FIA F2第6戦バルセロナのレース2では、MPモータースポーツのフェリペ・ドルゴビッチが優勝した。

 FIA F2第6戦バルセロナのレース2が、スペインのカタルニア・サーキットで行なわれた。優勝したのはフェリペ・ドルゴビッチ(MPモータースポーツ)で、日本勢は角田裕毅(カーリン)が4位、松下信治(MPモータースポーツ)が5位に入賞した。

 前日に行なわれたレース1では、松下が18番グリッドから逆転優勝。第5戦レース2での角田に続き、2戦連続で日本人が表彰台の頂点に立つこととなった。また、角田も終盤まで優勝争いを展開して4位に入り、ポイントランキングで5番手に浮上した。

Read Also:

 今回のレース2では、レース1で8位のルカ・ギオット(ハイテック)がリバースグリッドでポールポジション。角田が5番グリッド、松下が8番グリッド、そして佐藤万璃音(トライデント)は15番グリッドからのスタートとなった。

 なお、レース1のファイナルラップで縁石と衝突したショーン・ゲラエル(DAMS)は、胸椎を骨折したことでレース2は欠場となった。

 フォーメーションラップがスタートするが、20番グリッドのジュリアーノ・アレジ(HWA)が発進できず。ピットレーンスタートとなってしまった。

 26周のスプリントレースがスタート。直後の1コーナーを先頭で抜けたのは2番グリッドのドルゴビッチ。そこにギオット、カラム・アイロット(ユニ-ヴィルトゥオーシ)が続いた。角田は周冠宇(ユニ-ヴィルトゥオーシ)に交わされ6番手、松下は7番手でオープニングラップを終えた。

 ドルゴビッチはファステストラップを更新しながら2番手のギオットに3秒の差をつけてトップを快走。序盤から快適なリードを築いた。

 レースは10周を過ぎ、ドルゴビッチ、ギオット、アイロット、ミック・シューマッハー(プレマ)、周、角田、松下というオーダーは変わらず。ただ、タイヤに苦しみ徐々にラップタイムが落ちるマシンが出始めた。

 レース距離の半分が過ぎると、ドルゴビッチのリードは7秒以上に広がった。2番手のギオットはペースが上がらず、そのギオットを交わせない3番手のアイロットから7番手の松下までが団子状態となった。

 18周目、角田がターン1への飛び込みで周を交わして5番手に浮上。前を行くシューマッハーを追いかける態勢となった。そんな中、ポイント圏外を走っていたロバート・シュバルツマン(プレマ)、ダニエル・ティクトゥム(DAMS)、ジャック・エイトケン(カンポス)らがピットイン。タイヤを交換して残り周回でプッシュする作戦に出た。

 残り6周、シューマッハーがアイロットをパスして3番手に。すかさず角田もアイロットを交わし4番手に上がった。そして松下もタイヤを痛めた周を交わし6番手にポジションを上げた。大きくペースを落とした周はタイヤを交換し、19番手まで順位を落としてしまった。

 アイロットの後ろでチャンスを伺っていた松下は残り2周のターン1でオーバーテイク。5番手に浮上した。アイロットは直後にニキータ・マゼピン(ハイテック)、ペドロ・ピケ(チャロウズ)にも交わされ8番手に落ちた。

 ドルゴビッチは最後までひとり旅を続け、トップチェッカー。2位ギオットに9.5秒差をつける独走で今季2勝目を挙げた。3位にはシューマッハーが入り、角田が4位、松下が5位に続いた。6位はマゼピン、7位はピケで、最終シケインでアイロットを半ば強引に抜いたルンガーが8番手でチェッカーを受けたが、この件で5秒ペナルティを科されて降着。アイロットが1ポイントを手にした。

 角田はこれで8点を加算し、ポイントランキングで周を逆転して4番手に上がった。角田が来季F1昇格に必要なスーパーライセンスを獲得するためには、ランキング4位以上でシーズンを終えることが条件となっている。

 

Read Also:

順位 ドライバー チーム 周回数 タイム 前車との差 Mph ポイント
1 Brazil フェリペ ドルゴビッチ Netherlands MPモータースポーツ 26         15
2 Italy ルカ ギオット United Kingdom ハイテック 26 9.500       12
3 Germany ミック シューマッハー Italy プレマ 26 10.900       10
4 Japan 角田 裕毅 United Kingdom カーリン 26 14.900       8
5 Japan 松下 信治 Netherlands MPモータースポーツ 26 19.900       6
6 Russian Federation ニキータ マゼピン United Kingdom ハイテック 26 23.200       4
7 Brazil ペドロ ピケ Czech Republic チャロウズ 26 24.500       2
8 Denmark クリスチャン ルンガー France ARTグランプリ 26 29.100       1

ゲラエル、胸椎骨折でF2バルセロナ戦レース2を欠場。レース1での縁石との衝突が原因

前の記事

ゲラエル、胸椎骨折でF2バルセロナ戦レース2を欠場。レース1での縁石との衝突が原因

次の記事

アルファタウリ代表、角田裕毅を高評価「遅かれ早かれ、我々のF1に乗るだろう」

アルファタウリ代表、角田裕毅を高評価「遅かれ早かれ、我々のF1に乗るだろう」
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ FIA F2
イベント Barcelona
サブイベント Race 2