IndyCar ニュース

レイホール「インディカーに移籍すればベッテルは“復活”するはず」
アメリカのF1ブームはインディカーに追い風か、逆風か?
インディカーで成功収めたパロウ、”インディ・ジャパン”復活を熱望
世界一面白いレースはインディカー! パワーとエリオが熱弁
コルトン・ハータ、F1挑戦も諦めず「やってみたいことがたくさんある」

インディカーに参戦しているアレキサンダー・ロッシは、F1マイアミGPに期待を寄せている一方で、アメリカでの存在感を増しているF1がインディカーにとって脅威であるとも認識している。

かつてスーパーフォーミュラで活躍し、現在はインディカーのディフェンディングチャンピオンであるアレックス・パロウは、インディ・ジャパンの復活を熱望しているようだ。

インディカー・シリーズに長年参戦するウィル・パワーとエリオ・カストロネベスは、F1がモータースポーツの頂点であることは認識しているものの、インディカーの方がはるかに競争が激しく、ファンにとってもより良いものだと考えている。

アンドレッティ・オートスポートのドライバーとしてインディカー・シリーズを戦うコルトン・ハータは、F1参戦の大きなチャンスを逃したものの、まだ興味を持ち続けていると語った。

マクログリンがパロウを下し今季2勝目。佐藤琢磨は14位|インディカー第9戦ミッドオハイオ

インディカー第9戦ミッドオハイオは、スコット・マクログリン(チーム・ペンスキー)が今季2勝目を挙げた。

かつてF1にもスポンサードのROKiT、支払い巡りインディカーでトラブルか? カルデロンの継続参戦は「保証されていない」

ラリー・フォイトは、インディカー・シリーズのA.J.フォイト・レーシングを支援するROKiTを巡る憶測を早急にクリアし、必要なら代替の資金を探す必要があると語った。

インディカーでの脊髄損傷の大クラッシュから約4年。ウィケンス、レース復帰後初優勝に「記念すべき一勝だ!」

2018年にインディカーでの大クラッシュにより脊髄を損傷したロバート・ウィケンスは、ハンドドライブのヒョンデ『エラントラN TCR』を駆り、IMSAミシュラン・パイロット・チャレンジでレース復帰後初優勝を遂げた。

インディカー、エアロスクリーンの軽量化目指す。ハイブリッド化で重量増加の2024年を睨む

インディカーは、2024年のハイブリッド化に合わせて、エアロスクリーンの軽量化も検討しているようだ。

パワーがロッシ抑え今季初勝利。2番手発進の佐藤琢磨は13位:インディカー第7戦デトロイト

インディカー・シリーズ第7戦デトロイトが行なわれ、ウィル・パワーが勝利を飾った。佐藤琢磨は13位でのフィニッシュとなった。

“琢磨と切磋琢磨”が好結果の秘訣? デイル・コインの佐藤琢磨&新人マルーカス、予選2番手&6番手を確保

インディカー・シリーズ第7戦の予選で好成績を収めたデイル・コイン・レーシング。佐藤琢磨とデイビッド・マルーカスは、このパフォーマンスは素晴らしいチームワークの成果であると語った。

佐藤琢磨、ポールポジションには届かずも予選2番手。ニューガーデンが最速|インディカー第7戦デトロイト

インディカー・シリーズ第7戦デトロイトの予選では、ジョセフ・ニューガーデンがポールポジションを獲得。佐藤琢磨は2番手につけた。

アレクサンダー・ロッシが”マクラーレン加入”を決めた理由「昨年から飛躍的な進歩を遂げたから」

アレクサンダー・ロッシは、アロー・マクラーレンSPに移籍することを決断した理由について、マクラーレンがチームを買収して以来、大きな進歩を遂げたからだと語った。

アレクサンダー・ロッシ、来季はアロー・マクラーレンSPに加入。複数年契約を締結

2016年のインディ500勝者であるアレクサンダー・ロッシが、2023年から複数年契約でアロー・マクラーレンSPに加入することが決まった。

アイスマンの目に涙。ディクソン、最多ラップリード記録もインディ500”2勝目”ならず「胸が張り裂けそうだ」 Indy 500
ビデオ・インサイド

アイスマンの目に涙。ディクソン、最多ラップリード記録もインディ500”2勝目”ならず「胸が張り裂けそうだ」

チップ・ガナッシのスコット・ディクソンは、第106回インディ500で歴代最多のラップリード記録を樹立したが、勝利を逃す原因となった痛恨のミスを悔やんだ。

佐藤琢磨、インディ500”3勝目”ならず「スピードはあったけど、少し幸運が足りなかった」

インディ500での3勝目を目指して2022年のレースに挑んだ佐藤琢磨は、レース終盤ギャンプル的な戦略に賭けるもこれは功を奏さず、25位に終わった。

マーカス・エリクソン、インディ500初制覇「信じられない。僕はとっても幸せ者」

2022年のインディ500が行なわれ、マーカス・エリクソン(チップ・ガナッシ・レーシング)が優勝。「信じられない勝利だ」と語った。

マーカス・エリクソン、終盤の驚速でインディ500初制覇! 佐藤琢磨、逆転狙うも実らず25位

第106回インディ500の決勝レースが行なわれ、マーカス・エリクソン(チップ・ガナッシ)が優勝。佐藤琢磨(デイル・コイン・レーシング with RWR)は25位に終わった。

インディ500決勝速報:マーカス・エリクソンが初制覇! 大逆転狙った佐藤琢磨は25位

第106回インディ500の決勝レースが行なわれ、マーカス・エリクソン(チップ・ガナッシ)が優勝した。

佐藤琢磨、インディ500の3勝目に向けて視界良好! 最終プラクティス”カーブデイ”3番手

インディ500決勝レース前、最後のプラクティスとなるカーブデイは、チップ・ガナッシ勢が好調。デイル・コイン・レーシング with RWRの佐藤琢磨も3番手と好位置につけた。

グラハム・ヒルに佐藤琢磨……インディ500を制した12人のF1ドライバーたち

インディ500は「モータースポーツ界最高のスペクタクル」と呼ばれる程の大舞台。このレースに挑み、優勝した12人のF1ドライバーをご紹介しよう。

佐藤琢磨、インディ500予選は10番手。でも決勝には大きな期待「トラフィックで強力なマシンがある」

佐藤琢磨(デイル・コイン・レーシング with RWR)は、2022年のインディ500予選を10番手で終えた。しかしレースで強いマシンを手にしているため、決勝に大いに期待しているとコメントした。

佐藤琢磨、インディ500決勝は10番手スタートへ。ディクソンが最速PP記録塗替えトップ|インディ500予選

第106回インディ500の予選2日目が行なわれた。ポールポジションを獲得したのはスコット・ディクソン。日本人ドライバーの佐藤琢磨は10番手から決勝へ挑むことになった。

佐藤琢磨、インディ500予選初日12位……PP目指し2日目へ「色々なことが起きた1日だった」

佐藤琢磨(デイル・コイン・レーシング with RWR)は、インディ500予選初日を12番手で終え、予選2日目にポールポジション獲得の権利を手にした状態で挑むことになった。

佐藤琢磨、ウォールにヒットしながらも“全開”アタックでトップ12入り|インディ500予選

2022年のインディ500の予選1日目が行なわれた。最速をマークしたのはリーナス・ヴィーケイで、日本の佐藤琢磨はトップ12入りを果たしている。

最新アプリ登場!
今すぐダウンロード

Motorsport.comアプリは、お気に入りのレースシリーズのすべての情報を提供し、最高のコンテンツと結果、特別な機能、統計などに直接アクセスすることができます。