トップイベント
F1
R
第1戦オーストラリアGP
12 3月
-
15 3月
次のセッションまで……
54 days
R
第2戦バーレーンGP
19 3月
-
22 3月
次のセッションまで……
61 days

フィルター:

選手権 ドライバー チーム イベント ロケーション 記事タイプ
603 articles
選手権
読み込み中……
ドライバー
読み込み中……
チーム
読み込み中……
イベント
読み込み中……
ロケーション
読み込み中……
記事タイプ
読み込み中……

新着ニュース一覧

グリッド
リスト

インディ500予選落ちを振り返るマクラーレンCEO「とても愚かなミスだった……」

マクラーレン・レーシングCEOのザク・ブラウンは、2019年のインディ500でチームがとても愚かなミスを犯したと認めた。

山本尚貴、“世界”への挑戦に関心もインディカーは「リスクも伴う……」

山本尚貴は、今後国際的なレースカテゴリーに参戦することに関心を持っているが、インディカー・シリーズを戦うことには乗り気でないようだ。

読者が最も心揺さぶられたのは? 2019年ベストレース・ベストモーメント

2019年も見る者の心を震わせるレースが数多くあった。motorsport.comの読者が最も印象に残ったレース、瞬間は何だったのだろうか?

速さ、強さ、人気を兼ね備えた1台は……? 読者が選ぶ2019年ベストマシン

2019年のモータースポーツシーンを彩った様々なマシン。今回はTwitterにて募集した『2019年ベストマシン』で高い支持を集めたものを紹介する。

新人“豊作”の2019年で1番人気だったのは……? 読者が選ぶベストルーキー

各カテゴリーで印象的な活躍をするルーキーが多かった2019年。Twitterにて募集した『2019年ベストルーキー』の集計結果を紹介!

あなたの“1番”はランクインした? 読者が選ぶ2019年ベストドライバー・ライダー

Twitterにて募集した、2019年のベストドライバー・ライダーの結果を一挙に紹介!

ドラゴンスピード、2020年のインディカーフル参戦は叶わず。6戦にスポット参戦

2020年にインディカーフル参戦をする予定だったドラゴンスピードだが、インディ500を含めた6戦にスポット参戦することとなった。

この2年間夢見ていた……パロウ、インディ挑戦は「目標だった」

デイル・コイン・レーシングから2020年のインディカー・シリーズに参戦することになったアレックス・パロウ曰く、インディカー挑戦は「夢であり、達成するべき目標」だったと語る。

みんなで振り返ろう、2019年のモタスポ。あなたの“今年1番”をTwitterで募集!

モータースポーツファンみんなで、2019年を振り返りませんか?

パロウ、2020年はインディカー挑戦。チームゴウがデイル・コインとタッグ

2019年のスーパーフォーミュラで大活躍を見せたアレックス・パロウは、2020年にデイル・コイン・レーシング・ウイズ・チーム・ゴウからインディカー・シリーズへ挑戦する。

”みんな”の優しさに触れた1年。佐藤琢磨が『TCM 2019』でファンに感謝

佐藤琢磨によるスペシャルトークイベント『Takuma Club Meeting 2019』が行なわれ、佐藤は集まったファンに2020年に向けた抱負を語った。

新生SRS生が見せた驚異の伸び率。佐藤琢磨“校長”の哲学が世界への道を拓く?

インディカー参戦の傍ら、鈴鹿サーキットレーシングスクール(SRS)2部門のプリンシパルとして活動した佐藤琢磨。ブライトリング主催のトークイベントに登場した佐藤に、“琢磨体制”1年目のSRSについて話を聞いた。

ここからは戦いだ……佐藤琢磨指導。トップ10の小学生がレーシングカート初走行

佐藤琢磨が主宰する小学生向けのカートイベント「グリコ x With you Japan TAKUMA KIDS KART CHALLENGE 2019」。その上位10人だけが参加できる”アカデミー”が開催され、小学生たちが初めてレーシングカートをドライブ。戦いの世界に足を踏み入れた。

「不可能はない」世界の舞台で戦った佐藤琢磨、中上貴晶、室屋義秀が子供たちにエール

「ジャパン・レーサーズ・スクワッド」の佐藤琢磨、中上貴晶、室屋義秀によるトークセッションが行なわれ、3人が“夢の実現”をテーマに子供たちへメッセージを送った。

アロンソ、ダカール挑戦も”3冠”達成への熱意は消えず「インディ500が最優先!」

フェルナンド・アロンソは、インディ500で優勝することが依然として優先順位のトップにあると語った。

パロウがブルデー後任の最有力候補? ヒンチクリフとインディカーのシートを争う

デイル・コインは、チームを離れたセバスチャン・ブルデーに代わるドライバー候補として、アレックス・パロウをリストアップしていることを認めた。

佐藤琢磨が直接指導。KIDS KART CHALLENGEファイナルで、小学生たちが激熱バトル

佐藤琢磨が主宰する「グリコ x with you Japan TAKUMA KIDS KART CHALLENGE 2019 FINAL」が11月2日と3日にかけて鈴鹿サーキットのアドバンスカートのコースで行なわれ、小学生たちが最速を目指し、激戦のバトルを展開した。

ヒュルケンベルグ、インディカー行きもなし? エド・カーペンターが“噂”を否定

2020年のF1シート喪失が濃厚なニコ・ヒュルケンベルグだが、インディカー・シリーズに参戦するエド・カーペンター・レーシングはヒュルケンベルグ加入という“噂”を否定した。

ペンスキー子会社が、インディカーを買収。インディアナポリス・モータースピードウェイも

ペンスキー・エンターテイメントは、ハルマン&カンパニーからNTTインディカー・シリーズと、インディアナポリス・モータースピードウェイを買収したことを発表した。

レッドブル育成離脱、来季インディ参戦のオワード。マクラーレンからF1テストへ?

マクラーレンは、インディカーで起用することになったパトリシオ・オワードとオリバー・アスキューを2020年のF1テストに招集する可能性を認めた。

「“意義ある”何かがあれば」マクラーレンCEO、アロンソとの関係継続に含み

マクラーレンのCEOザク・ブラウンは、フェルナンド・アロンソとのアンバサダー契約が今年限りの物だと明言し、関係の継続については話し合う必要があると語った。

インディカーフル参戦のアロー・マクラーレンSP、オワードとアスキュー起用を発表

アロー・マクラーレンSPは、ドライバーとしてパトリシオ・オワードとオリバー・アスキューを起用することを発表した。

アロンソは“3台目”の選択肢……来季のインディ500、起用はマクラーレン次第?

マクラーレンはシュミット・ピーターソン・モータースポーツと提携し、2020年からインディカーに参戦するが、インディ500でフェルナンド・アロンソを3台目のマシンに乗せる可能性がある。

オワード、レッドブル育成も離脱。来季はマクラーレンと共にインディカーへ?

来季からインディカー・シリーズに参戦するアロー・マクラーレン・レーシングSPのスタッフが、F1のメキシコGPとアメリカGPに帯同することになるようだ。また、スーパーフォーミュラ最終戦を欠場することになったパトリシオ・オワードが加入する可能性が示唆されている。