F3バルセロナ:岩佐歩夢のデビュー戦は19番手スタートから14位。レース1優勝はスモリャル

FIA F3開幕戦バルセロナのレース1はARTグランプリのアレクサンダー・スモリャルが優勝した。岩佐歩夢は14位だった。

F3バルセロナ:岩佐歩夢のデビュー戦は19番手スタートから14位。レース1優勝はスモリャル

 2021年FIA F3開幕ラウンドのレース1がスペインのカタルニア・サーキットで行なわれた。優勝したのはアレクサンダー・スモリャル(ARTグランプリ)だった。

 FIA F2、そしてF1へのステップアップを目指す30人の若手が競い合うFIA F3がついに開幕した。今季はレースウィークの土曜日にふたつのスプリントレースを行ない、日曜日にフィーチャーレースを行なう3レース制に変更された。それに伴いグリッドの決定方法も複雑となり、予選でトップタイムを記録したデニス・ハウガー(プレマ)はレース3のポールポジションを確保し、リバースグリッドのレース1は12番グリッドからのスタートとなった。

 レース1のポールポジションは予選12番手のジョニー・エドガー(カーリン)。その隣にはスモリャルが続いた。今季からレッドブルジュニアの一員としてこのカテゴリーに参戦する昨年のフランスF4チャンピオン、岩佐歩夢(ハイテック)は19番グリッドに並んだ。

 スタートではPPのエドガーがホールショットを決めたが、4周目にスモリャルが追い付き首位交代。そのままスモリャルがリードを広げていった。エドガーはその後もライバルから追い立てられる形となり、クレメント・ノバラク(トライデント)、カイオ・コレット(MPモータースポーツ)、ローガン・サージェント(チャロウズ)に交わされてしまった。

 岩佐はレース序盤から大きな集団の後ろ、16番手につけて様子を伺っていった。そしてアーサー・ルクレール(プレマ)がトラブルで戦線離脱した後、岩佐はファン・マヌエル・コレア(ARTグランプリ)をオーバーテイクして14番手に順位を上げた。

 そんな中、オリバー・ラスムッセン(HWA)が最終コーナーでコースオフしストップ。残り3周というタイミングでセーフティカーが出動する事態となった。最終的にリスタートが切られることはなく、セーフティカー先導の下、スモリャルがシリーズ参戦2年目にして初のトップチェッカーを受けた。2位は同じく2年目のノバラク、3位はルーキーのコレットだった。

 岩佐はスタートから徐々に順位を上げていき、レース2のポールポジション(レース1の12位)にあと少しまで迫っていたが結果的に14位フィニッシュとなった。これでレース2は14番グリッド、レース3は19番グリッドからのスタートが確定した。

 

Read Also:

順位 ドライバー チーム 周回数 タイム 前車との差 Mph ポイント
1 Russian Federation アレクサンダー スモリャル France ARTグランプリ 21 -       15
2 United Kingdom クレメント ノバラク Italy トライデント 21 1.500 1.500 1.500   12
3 Caio Collet Netherlands MPモータースポーツ 21 1.900 1.900 0.400   10
シェア
コメント
F3バルセロナ予選:岩佐歩夢、F3デビュー戦は予選19番手タイム。PPはハウガー
前の記事

F3バルセロナ予選:岩佐歩夢、F3デビュー戦は予選19番手タイム。PPはハウガー

次の記事

F3バルセロナ:岩佐歩夢、波乱のレース2を生き残り7位初入賞。優勝はコールドウェル

F3バルセロナ:岩佐歩夢、波乱のレース2を生き残り7位初入賞。優勝はコールドウェル
コメントを読み込む