【全日本ラリー】2年ぶりのモントレー……福永修が逆転で3連勝達成

全日本ラリー選手権の第6戦モントレー2021が行なわれ、福永修が3連勝を達成した。

【全日本ラリー】2年ぶりのモントレー……福永修が逆転で3連勝達成

 全日本ラリー選手権第6戦「モントレー2021」が6月11日〜13日、群馬県高崎市を舞台に開催。3月の「新城ラリー」(愛知県新城市)、4月の「ツール・ド・九州」(佐賀県唐津市)、5月の「丹後ラリー」(京都府京丹後市)から続くターマック連戦を締めくくる一戦として開催された。

 2020年の大会が新型コロナウィルスの影響により中止となったことから、モントレーは2年ぶりの開催で、しかも今大会は新ステージが設定されていた。ラリーフォーマットは12日の土曜日の午前中にレッキと車検を実施し、午後にレグ1としてSS1、13日の日曜日にレグ2としてSS2、SS3を設定するなど近年流行の短期集中型スケジュールが採用されていた。しかしレグ1のSS1「Grandma.Kimura」は21.92km、レグ2のSS2およびSS3の「Ghost Tunnel」は19.65kmのロングステージで、まさにWRCを彷彿とさせるダイナミックなルートが採用された。

 ちなみに今大会は全日本ラリー選手権と同時開催で国際格式ラリーのJSR(Japan Super Rally Series)も併催され、計3台がエントリー。全日本ラリーにはオープンクラスを含めて計74台が集結していたが、最も注目を集めたのがJN1クラスで、11台が最高峰クラスに参戦した。

 まず好天に恵まれた12日のレグ1で幸先の良いスタートを切ったのはクスコ・レーシングの柳澤宏至で、シュコダ・ファビアR5を武器にSS1でベストタイムをマークした。トップから3.5秒の僅差で2番手につけたのは、今季よりトヨタGRヤリスにマシンをスイッチしたヌタハラ・ラリーチームの奴田原文雄で、同じくGRヤリスを駆るトヨタGAZOOレーシングの勝田範彦が7.8秒差の3番手でレグ1をフィニッシュすることになった。

 一方、シュコダ・ファビアR5を武器に2連勝を果たしている555モータースポーツの福永修はトップから8.6秒差の4番手、開幕戦の新城ラリーで負傷しながらも3戦目の丹後ラリーで復帰を果たしたitzzラリーチームの鎌田卓麻がスバルWRXを武器に14.8秒の5番手でレグ1をフィニッシュするなど苦戦。さらにスバルWRXを駆り新城ラリーを制したアライ・モータースポーツの新井敏弘はステージ途中でパンクに祟られ、トップから1分59秒遅れのクラス最下位に低迷することなった。

 翌13日のレグ2は曇天の下でラリーがスタートした。この日のオープニングステージとなるSS2でベストタイムをマークしたのは福永。初日首位の柳澤も3番手タイムをマークし、なんとか首位をキープしたものの、2番手に浮上した福永との差は3.1秒差と縮まった。一方、国内規定のRJ車両で争われる3番手争いに関しては、鎌田が2番手タイムを叩き出して一気に3番手に浮上。勝田が4番手、奴田原が5番手に後退するなど、レグ1で出遅れていたドライバーが猛追を披露した。

 SSごとにポジションが入れ替わる激しいシーソーゲームが展開された今回のモントレー2021。最終SSとなるSS3はインターバルの間に降り出した雨により路面がフルウェットになったことが大きく影響し、トップ争いは予想外の結末を迎えることとなった。

 降雨を見越してウェットタイヤを用意していたトップの柳澤が痛恨のスピンを喫し、首位陥落。「柳澤選手のスピンがあったけれど、3連勝できたのはいい流れです」と語るようにSS3ベストタイムをマークした福永が逆転を果たし、3連勝を達成した。

 2位は柳澤で、「SS1は終盤でブレーキが効かなくなったのでタイムロスをしましたが、今日はしっかりとマネジメントしながら走りました」と語る鎌田がRJ車両の最上位となる3位で今季初の表彰台を獲得した。

「SS2でグレーチングにアンダーガードをヒットさせたけどクルマは問題ない」と語る勝田が4位、SS3で橋の欄干にリヤをヒットさせながらも「マシンのフィーリングは悪くなかった」と語る奴田原が5位入賞となった。なお追い上げが注目された新井はSS2で今度はマシントラブルに祟られ、3戦連続でリタイアすることなった。

 

Read Also:

シェア
コメント
”GRヤリス”、21年全日本ラリー初戦はマシントラブル発生も、ライバルは今後に向け警戒怠らず

前の記事

”GRヤリス”、21年全日本ラリー初戦はマシントラブル発生も、ライバルは今後に向け警戒怠らず

次の記事

全日本ラリー第7戦:GRヤリス駆る勝田範彦がスバルWRX勢抑え、今季初のグラベル戦を制す

全日本ラリー第7戦:GRヤリス駆る勝田範彦がスバルWRX勢抑え、今季初のグラベル戦を制す
コメントを読み込む