【ル・マン24h】小林可夢偉、”偽マーシャル”は「手しか見えなかった」

2017年のル・マン、クラッチトラブルに泣いたトヨタ7号車。その遠因となった”偽マーシャル”事件について、小林可夢偉が当時の状況を語った。

 優勝が確実視される中、残り3分でル・マン制覇を逃してから1年。3台目のトヨタTS050ハイブリッドを投入する必勝体制で2017年のル・マン24時間レースに挑んだトヨタだったが、その3台ともがトラブルに見舞われた。

 中でもトヨタ7号車(小林可夢偉/マイク・コンウェイ/ステファン・サラザン)は、小林のドライブでポールポジションを獲得するなど絶好調。決勝もクラッチトラブルに見舞われるまではトップを走っていた。

 レース開始10時間前、すっかり日も暮れた中でコース上にセーフティカーが出動。このタイミングで、7号車はピットインした。ドライブを担当していた小林は、セーフティカーの隊列が通過するまで、ピット出口で待たされていた。

 この時、”偽マーシャル”が突然現れ、小林のマシンに手で何か合図を行った。これをマーシャルによる”発進可”の指示だと勘違いした小林は、一度マシンを発進させてしまった。しかしこの合図を出したのは、LMP2クラスの”ドライバー”。すぐにチームからの無線によりマシンを止めたものの、一連の動作でクラッチにトラブルが生じ、リタイアの原因となってしまった。

 当時の状況について、6月30日・7月1日に鈴鹿サーキットで行われたスーパーGTの公式合同テストに参加した小林は、このように話してくれた。

「合図をしているのは見えました。ただ、コックピットの位置が低くて、ルーフがあるからヘルメットが見えなくて、手の合図だけ見えました。ルール的にマーシャルがOKと言えば、信号が赤でも行っていいので。その時は信号が壊れているんやろうなと思って、動きました」

「ちょうど1分ぐらい止まっていたので、行けという合図をしていたから『信号が壊れたんかなぁ?』と思って動きました」

 結果的に、その時にクラッチが壊れたのだが、判明したのはそれよりも後のことだったという。

「そこで無線で言われて止まって、また動いたときにクラッチが壊れました。壊れたことがわかったのは後のことでしたけどね」

 この”偽マーシャル”はアルガルヴェ・プロ・レーシングのビンセント・キャピラリーであることがわかっており、本人は「小林を励ましたかっただけだ。今思えば行動は不適切だった。後悔している」と弁解。レースのスチュワードは彼の行動を問題視し罰金を科している。トヨタはすでに、彼からの謝罪を受け入れている。

取材・執筆/吉田知弘

【関連ニュース】

【動画】トヨタ7号車のスローダウン。無念のリタイア

【スーパーGT】小林可夢偉、”初テスト”完了「GT500は甘くない」

トヨタ、”偽マーシャル”事件の謝罪を受け入れる  

7号車トヨタのル・マン24時間リタイアの原因は偽"マーシャル"!?

トヨタ村田氏「勝てるクルマを作ったのに勝てなかった」

小林可夢偉「セーフティカー中、クラッチに異常を感じた」

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ Le Mans , WEC
イベント名 ル・マン24時間レース
サーキット ル・マン
記事タイプ 速報ニュース