Moto3ポルトガル初日:コンディションに翻弄される1日に。トップはガブリエル・ロドリゴ

MotoGP第3戦ポルトガルGPのMoto3クラス初日のフリー走行は、ガブリエル・ロドリゴがトップタイムを記録した。

Moto3ポルトガル初日:コンディションに翻弄される1日に。トップはガブリエル・ロドリゴ

 アルガルヴェ・サーキットで行なわれているMotoGP第3戦ポルトガルGP。Moto3クラスの初日フリー走行では、ガブリエル・ロドリゴ(Indonesian Racing Gresini Moto3)がトップタイムをマークした。

 ロサイル・インターナショナル・サーキットでの開幕2連戦を終えたMotoGPは今回からヨーロッパラウンドに突入。昨シーズン初めてMotoGPを開催したアルガルヴェだったが、今季もグランプリが開催されている。

 Moto3のフリー走行1回目は天候こそ晴れだったが、路面がウェットから乾いていく難しいコンディションで、タイムは控えめなモノに。フリー走行2回目もセッション中盤すぎに雨が降り始めてしまい、普段ならアタックが繰り広げられる終盤も各ライダーがピットへ戻ったまま終了を迎えた。

 FP1とFP2を通じて、総合トップタイムをマークしたのはロドリゴ。タイムは1分49秒538だった。なお昨年記録されたレコードタイムは1分47秒398であり、この日のタイムはまだまだといった状況だ。

 2番手にはアンドレア・ミーニョ(Rivacold Snipers Team)。3番手にはジャウマ・マシア(Red Bull KTM Ajo)が続いた。

 日本勢で最上位につけたのは鈴木竜生(SIC58 Squadra Corse)で、総合7番手タイムを記録している。鳥羽海渡(CIP Green Power)は20番手、國井勇輝(Honda Team Asia)は23番手、山中琉聖(CarXpert PruestelGP)は25番手、佐々木歩夢(Red Bull KTM Tech 3)は27番手タイムだった。

 また第2戦ドーハGPでピットレーンスタートから初優勝を獲得した注目のルーキー、ペドロ・アコスタ(Red Bull KTM Ajo)は6番手タイムを記録している。

 

 

 

順位 ライダー 周回数 タイム 前車との差 平均速度
1 Argentina カブリエル ロドリゴ 11 1'49.538     153.941
2 Italy アンドレア ミーニョ 13 1'50.014 0.476 0.476 153.275
3 Spain ジャウマ マシア 10 1'50.042 0.504 0.028 153.236
4 Spain Sergio Garcia 13 1'50.161 0.623 0.119 153.070
5 Italy ロマーノ フェナティ 12 1'50.270 0.732 0.109 152.919
6 Spain Pedro Acosta 11 1'50.309 0.771 0.039 152.865
7 Japan 鈴木 竜生 10 1'50.423 0.885 0.114 152.707
8 Switzerland Jason Dupasquier 11 1'50.510 0.972 0.087 152.587
9 Italy デニス フォッジア 14 1'50.616 1.078 0.106 152.440
10 Italy ニッコロ アントネッリ 9 1'50.641 1.103 0.025 152.406

シェア
コメント
ペドロ・アコスタ、Moto3衝撃の“逆転勝ち”にMotoGPライダーから称賛の嵐。「今季の王者候補」との評価も

前の記事

ペドロ・アコスタ、Moto3衝撃の“逆転勝ち”にMotoGPライダーから称賛の嵐。「今季の王者候補」との評価も

次の記事

Moto3ポルトガル予選:好調ミーニョがポール獲得。日本勢は佐々木歩夢10番手が最上位

Moto3ポルトガル予選:好調ミーニョがポール獲得。日本勢は佐々木歩夢10番手が最上位
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ MotoGP , Moto3