絶対王者ドゥーハン、マルケスは”他のライダーとは違うレベル”と評価

元ロードレース世界選手権王者のミック・ドゥーハンは、マルケスは他のライダーとは違うレベルにいると考えている。

 ロードレース世界選手権を5連覇した経験を持つミック・ドゥーハンは、レプソル・ホンダのマルク・マルケスは他のライダーとは異なるレベルに到達していると語った。

 昨年のMotoGPチャンピオンであるマルケスは、今シーズンは開幕から出遅れ、最初の6レースを終えた時点でランキング首位から37ポイントも離されてしまった。

 しかし彼は第14戦アラゴンGPを終えた時点で5勝を挙げており、現在はアンドレア・ドヴィツィオーゾ(ドゥカティ)に16ポイントの差をつけてランキング首位に立っている。

 1994年から1998年までロードレース世界選手権500ccクラス(現在のMotoGP)で5連覇を達成したドゥーハンは、マルケスは他のライダーよりも優れていると考えている。

「今の彼はとても強いし、他のライダーたちよりも上をいっていると思う」

「彼は他のライダーとはレベルが違う。(バレンティーノ)ロッシと同じくらい良いライダーだ。ロッシには強さがあって自信に満ちている。それに良いバイクもあるし、昨年苦戦していたレースでも今年は良くなっている」

「マルクもすでに大きな自信を築いている。チャンピオンシップにおける彼のアドバンテージはとても大きいわけではないけど、今後のレースでは差を広げることができるだろう」

 またドゥーハンは、マルケスと違ってドヴィツィオーゾはMotoGPを"支配"することはできないと考えている。

「ドヴィ(ドヴィツィオーゾの愛称)はマルクと同じレベルには達していない」

「彼は何年もトップクラスのライダー達と戦ってきたが、彼が他のライダー達を圧倒できるかどうかはわからない」

「だけど私は間違っているかもしれない。ドヴィツィオーゾは私にそれ(他のライダーを圧倒できると)を示してくれるだろう」

【関連ニュース】

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ MotoGP
ドライバー マルク マルケス , Mick Doohan
記事タイプ 速報ニュース
タグ mick-doohan