ホンダ、2輪世界選手権の2021年体制発表をオンラインで開催へ

ホンダは2021年の2輪モータースポーツ世界選手権の参戦体制発表を、12月10日にオンラインで行なうと発表した。

ホンダ、2輪世界選手権の2021年体制発表をオンラインで開催へ

 本田技研工業株式会社は、12月10日(木)に2021年の2輪モータースポーツ世界選手権の体制発表会をオンラインで行なうと発表した。

 例年、ホンダは2輪モータースポーツの世界選手権の来季体制について、EICMA(ミラノショー)で発表を行なってきた。しかし世界中で新型コロナウイルスが猛威を振るう中、EICMA2020(当初予定では11月初旬)は中止。そのためホンダも例年通りの発表を行なうことはできなかった。

 ただホンダはこうした状況の中でも、多くのモータースポーツファンに直接思いを伝えたいとして、初のオンラインイベント形式で2021年の参戦体制を発表することにしたという。

 参戦体制発表は12月10日(木)の18:00〜19:00を予定。動画は英語による進行となるが、日本語字幕が用意されるとしている。

 発表カテゴリーはMotoGP、Moto2、 Moto3、スーパーバイク世界選手権、EWC、モトクロス世界選手権、AMAスーパークロス選手権、トライアル世界選手権、ダカール・ラリーだ。

 なおMotoGPチームのレプソル・ホンダはマルク・マルケス、ポル・エスパルガロとの契約が発表済み。LCRホンダも中上貴晶、アレックス・マルケスの布陣となることがすでに発表されている。

 

Read Also:

シェア
コメント
ワークス離れるバレンティーノ・ロッシ、“最高の思い出”は『2013年のヤマハ復帰』

前の記事

ワークス離れるバレンティーノ・ロッシ、“最高の思い出”は『2013年のヤマハ復帰』

次の記事

ホンダ、レーシングサンクスデー2020を“オンライン”で12月19〜20日に開催

ホンダ、レーシングサンクスデー2020を“オンライン”で12月19〜20日に開催
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ General , MotoGP