ホルヘ・マルティン、骨折の手術が延期へ。第4戦スペインGPは欠場濃厚

MotoGPポルトガルGPでクラッシュし、骨折を負ったホルヘ・マルティン。彼は頭部へ受けた衝撃の影響を鑑みて手術が延期されるようで、第4戦スペインGPへの参加は難しい状況となっている。

ホルヘ・マルティン、骨折の手術が延期へ。第4戦スペインGPは欠場濃厚

 アルガルヴェ・サーキットで行なわれたMotoGP第3戦ポルトガルGPのFP3で、ホルヘ・マルティン(プラマック)は転倒を喫してしまい、診断の結果右手と右足首に骨折を負ったことが分かった。

 彼は一晩地元の病院に入院した後、スペインの病院で手術を受ける予定と伝えられていたが、転倒時に頭部へ加わった衝撃の影響を医師が考慮し、21日まで延期されることになったようだ。

 また4月末から予定されている第4戦スペインGPへは参加できない可能性が高いとも認めている。

「今最も重要なことはホルヘの回復だ」

 マルティンの代理人はmotorsport.comに対しそう語った。

「まず彼ら(医師)による手術が必要で、術後どうなるかを確認しなければならない。しかし我々は急いではいないし、もし彼が(復帰を)ル・マンまで待つ必要があるというなら、我々はそれを待つ」

「我々はヘレスに居るからといって、手術を急がせるつもりはないんだ。彼がしなければいけないことは、まず第一に回復することだ」

「現時点では彼がスペインGPへ参加することは非常に難しいと思うし、その選択はほぼ除外している。ただこうしたものに100%確実、というのも無いがね」

 マルティンは第2戦ドーハGPで、ルーキーながらポールポジションを獲得。決勝でも17周にわたってリードラップを記録して、3位表彰台を獲得するなど注目の的となっていた矢先の転倒だった。

 

Read Also:

シェア
コメント
遠かったクアルタラロ、遠かった初優勝。2位フランチェスコ・バニャイヤ「予選で勝つチャンスを失った」

前の記事

遠かったクアルタラロ、遠かった初優勝。2位フランチェスコ・バニャイヤ「予選で勝つチャンスを失った」

次の記事

ミル、レース序盤は“マルケス相手”に接触しながらの追い抜き劇。「王座狙うならアグレッシブさ必要」と説く

ミル、レース序盤は“マルケス相手”に接触しながらの追い抜き劇。「王座狙うならアグレッシブさ必要」と説く
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ MotoGP
執筆者 Germán Garcia Casanova