KTM、ホンダ移籍が濃厚なエスパルガロの後任を探す。引退したペドロサの復活は否定

KTMのレースディレクターはポル・エスパルガロの後任となるライダーを探していることを認めた。またダニ・ペドロサを起用する選択はありえないと語った。

KTM、ホンダ移籍が濃厚なエスパルガロの後任を探す。引退したペドロサの復活は否定

 2021年に向けたMotoGPのライダー市場の動きは、KTMのポル・エスパルガロがレプソル・ホンダへ移籍するという情報によって、再び大きく揺れた。

 さらにそれ以前にも、ドゥカティがMoto2の有望株かつKTMと繋がりのあったホルヘ・マルティンと契約を結び、来季ファクトリーチームに昇格するジャック・ミラーの後任としてプラマックのライダーに起用したことも、KTMにとっては大きな打撃となった。

 エスパルガロの離脱は、MotoGPクラスに参戦して以来プロジェクトを牽引してきた重要なピースを失うことを意味しており、彼らはその穴を埋める人員を探さなければならない。

「我々は現役のライダーを探している」と、KTMのレースディレクターであるマイク・レイトナーは語り、既にライダーとの話し合いも行なっていると明かした。

「我々は可能性のあるシナリオを探しているし、現在何人かのライダーと話し合いを行なっている」

 KTM陣営にはMotoGPでの優勝経験を持っているダニ・ペドロサがテストライダーとして加入している。エスパルガロが離脱するならば、ペドロサのような有力ライダーを起用することは、考えうる最初の選択肢と言えるだろう。

 しかしKTMは、ペドロサにレース復帰を願うつもりは無いと明言した。

「ダニにそれを聞くべきだと言うんだろう。しかし彼は引退していて、我々はそれを受け入れなければならないんだ。それこそ我々が今も現役のライダーを探している理由だ」

 ペドロサが無理となると、次に浮かび上がってくるライダーのひとりに、ダニーロ・ペトルッチがいる。彼は2020年限りでドゥカティを放出される予定であり、MotoGPでの優勝経験もある。

 ただレイトナーはペトルッチ獲得の可能性こそ排除しなかったものの、可能性を真剣に検討しているわけではない様子だ。

「我々はこの3年間で非常にいい仕事をしてきたと認識すべきだ。我々のマシンはより競争力が高まっただけではなく、ポルもライダーとして成長しているからだ」

「現在、ホンダのファクトリーチームがエスパルガロを狙っているという事実は、認めなければならない。確かに違った結果にしたいのだが、それはそれだ」

「ポルにとって、ホンダは素晴らしいチャンスだろう」

 

Read Also:

シェア
コメント
MotoGPのイタリアGPが今季開催中止に。同サーキットではF1開催の噂……

前の記事

MotoGPのイタリアGPが今季開催中止に。同サーキットではF1開催の噂……

次の記事

MotoGP、改訂版カレンダーが発表。ヨーロッパラウンド13レースの予定が明らかに

MotoGP、改訂版カレンダーが発表。ヨーロッパラウンド13レースの予定が明らかに
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ MotoGP
ドライバー ダニ ペドロサ , ポル エスパルガロ
チーム KTM , Repsol Honda Team
執筆者 Germán Garcia Casanova