MotoGPサンマリノFP2:ウエットでザルコ躍動、大差のトップ。中上貴晶は大苦戦24番手

MotoGP第14戦サンマリノGPのフリー走行2回目が行なわれた。ウエットコンディションで行なわれたFP2のトップタイムはヨハン・ザルコだった。

MotoGPサンマリノFP2:ウエットでザルコ躍動、大差のトップ。中上貴晶は大苦戦24番手

 MotoGP第14戦サンマリノGPのフリー走行2回目が行なわれた。このセッションでトップタイムとなったのは、プラマックのヨハン・ザルコだった。

 MotoGPクラスのFP2前に行なわれたMoto3クラスのFP2はドライコンディションで行なわれたものの、MotoGPクラスのセッションが始まる前に勢いの強い雨が振り始めてしまった。

 雨足は程なく弱まったものの、路面はフルウエット。そのため各ライダーはレインタイヤでコースへ向かった。なお今戦からレースへ復帰したアンドレア・ドヴィツィオーゾ(ペトロナス・ヤマハSRT)はしばらくピットに留まって様子を伺っていた。

 淡々と走行を重ねていくライダー達の中で、セッションをリードしたのはドゥカティのジャック・ミラー。周回ごとにタイムを縮めていった。

 またチームメイトのフランチェスコ・バニャイヤやヨハン・ザルコといったドゥカティ勢がミラーに続く状況が続いた。 

 セッション中盤まで積極的な走りを見せていたミラーは、FP2終盤はピットで様子見の態勢がしばらく続いた。

 終盤になりタイムを縮めて来たのはバニャイヤ。それまでトップだったミラーのタイムを上回る1分42秒657をマークした。

 これでFP2のトップタイムはバニャイヤになるかと思われたが、セッション終了直前に、ザルコがそれを大幅に上回る1分42秒097をマーク。これを上回る者は現れず、FP2トップタイムはザルコとなった。2番手はバニャイヤ、3番手はミラーとなり、トップ3はドゥカティ勢が独占した。

 サンマリノGPが復帰戦となっているフランコ・モルビデリ(ヤマハ)とドヴィツィオーゾは、それぞれ13番手と21番手となった。なおモルビデリのチームメイトでポイントリーダーのファビオ・クアルタラロも18番手と苦戦気味だった。

 LCRホンダの中上貴晶はFP2では存在感を示せず、最後尾の24番手でセッションを終えている。

 なおFP2は終始フルウエットでの走行となったため、ドライのFP1で記録されたタイムが更新されることはなかった。そのため、初日総合タイム順はFP1のタイム結果と同一となった。

 またウエットコンディションでの走行中には、エネア・バスティアニーニ(エスポンソラマ)と、イケル・レクオナ(テック3・KTM)ら2名が転倒。特にレクオナはターン1でハイサイドを喫し、背中側から路面に落ちる形となったが、なんとか自力でコースを後にした。

 

Read Also:

順位 ライダー 周回数 タイム 前車との差 平均速度
1 France ヨハン ザルコ 20 1'42.097     149.081
2 Italy フランチェスコ バニャイヤ 21 1'42.650 0.553 0.553 148.278
3 Australia ジャック ミラー 16 1'42.719 0.622 0.069 148.179
4 Spain ジョアン ミル 18 1'42.910 0.813 0.191 147.903
5 Spain マルク マルケス 18 1'42.921 0.824 0.011 147.888
6 Portugal ミゲル オリベイラ 22 1'43.234 1.137 0.313 147.439
7 Italy ダニーロ ペトルッチ 19 1'43.329 1.232 0.095 147.304
8 Spain アレイシ エスパルガロ 15 1'43.629 1.532 0.300 146.877
9 Spain イケル レクオーナ 14 1'43.722 1.625 0.093 146.746
10 Spain アレックス マルケス 20 1'43.739 1.642 0.017 146.722

シェア
コメント
Moto2サンマリノ初日:トーマス・ルティ、初日総合トップ。小椋藍は後方に沈む
前の記事

Moto2サンマリノ初日:トーマス・ルティ、初日総合トップ。小椋藍は後方に沈む

次の記事

マルク・マルケス、怪我の影響未だ引かず「ライディングを楽しめていない……」

マルク・マルケス、怪我の影響未だ引かず「ライディングを楽しめていない……」
コメントを読み込む