中上貴晶、タイヤに苦しみ17位完走「ラップタイムをキープできなかった」

MotoGP第2戦ドーハGPを、中上貴晶は17位でフィニッシュ。タイヤの消耗に苦しみ、ペースを上げられなかったと語った。

中上貴晶、タイヤに苦しみ17位完走「ラップタイムをキープできなかった」

 中上貴晶(LCRホンダ)は、ロサイル・インターナショナル・サーキットで行なわれたMotoGP第2戦ドーハGPを17位でフィニッシュした。

 予選でQ2に進出できず、16番グリッドからのスタートとなった中上。その決勝レースも厳しいモノとなった。

 スタート直後には順位を上げた中上だったが、徐々にフロントタイヤの消耗に苦労。徐々にペースを落としていった。

「今日も厳しい日でした。序盤はよかったのですが、7、8周目くらいからフロントタイヤが消耗したように感じ、そのあとはコーナーでマシンをコントロールするのがとても難しくなり、ラップタイムをキープすることができませんでした」

 中上はチームのプレスリリースにそうコメントを寄せた。同じサーキットで行なわれた開幕戦カタールGPでは、転倒リタイアに終わった中上。この第2戦では完走を果たしたものの、当然満足いく結果ではなかった。

「もちろん今回のポジションには満足していません。しかし、開幕戦は転倒リタイアでしたが、今日は完走することができました。前向きに考えなければなりません」

「カタールで多くのデータを集めることができました。次のポルティマオのレースに活かしたいです」

 

Read Also:

シェア
コメント
Moto2ドーハ決勝:サム・ロウズが2戦連続ポールトゥウィン! 小椋藍、5位入賞で初ポイント

前の記事

Moto2ドーハ決勝:サム・ロウズが2戦連続ポールトゥウィン! 小椋藍、5位入賞で初ポイント

次の記事

MotoGPドーハ決勝:クアルタラロ今季初優勝、ヤマハがロサイル連戦を制覇。マルティン3位表彰台

MotoGPドーハ決勝:クアルタラロ今季初優勝、ヤマハがロサイル連戦を制覇。マルティン3位表彰台
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ MotoGP
イベント ドーハGP
ドライバー 中上 貴晶
チーム Team LCR