MotoGPイタリアFP3:バニャイヤがレコード更新のトップタイム記録。中上貴晶はQ1スタートが決定

MotoGP第6戦イタリアGPのフリー走行3回目が行なわれた。トップタイムをマークしたのは、ドゥカティのフランチェスコ・バニャイヤだ。

MotoGPイタリアFP3:バニャイヤがレコード更新のトップタイム記録。中上貴晶はQ1スタートが決定

 ムジェロ・サーキットで行なわれているMotoGP第6戦イタリアGP。2日目のフリー走行3回目は、ドゥカティのフランチェスコ・バニャイヤがトップタイムをマークした。

 この日もサーキット周辺は快晴。気温20℃、路面温度29℃のコンディションで走行が開始された。

 セッション序盤はヨハン・ザルコ(プラマック)が1分46秒201と初日トップタイムに肉薄するラップタイムをマークしてリードした。

 FP3までの総合トップ10が予選Q2へ直接進出となるため、残り15分を切ると各ライダーはアタックを徐々に開始。中でもファビオ・クアルタラロ(ヤマハ)が1分45秒701をマークし大きくタイムを更新していった。

 セッションの最後までアタックは続いたが、最終的にトップタイムをマークしたのは、このコースのレコードを更新する1分45秒456をマークしたバニャイヤとなった。2番手(+0.157秒)にはクアルタラロ、3番手にはブラッド・ビンダー(KTM/+0.196秒)が続いている。

 ドゥカティはムジェロ4連覇がかかっているが、ジャック・ミラーが4番手(+0.245秒)、ザルコが5番手(+0.269秒)と上位に3台が名を連ねた。

 またスズキのアレックス・リンスとジョアン・ミルがそれぞれ6番手タイムと8番手タイム(+0.298秒/+0.369秒)をマークして、予選Q2への直接進出を決めた。

 ホンダ勢では9番手に入ったポル・エスパルガロ(レプソル・ホンダ/+0.402秒)が最上位。中上貴晶(LCRホンダ)は終盤のアタックで自己ベストを更新する走りを見せており、ポジションアップが予想されていたが、トラックリミット違反によってそのラップは取り消しに。最終的に中上は15番手(+0.855秒)で予選はQ1からのスタートとなった。

 今回が母国戦のバレンティーノ・ロッシ(ペトロナス・ヤマハSRT)だが、彼は初日に引き続き苦戦。0.902秒差の18番手タイムでFP3を終えた。

 

Read Also:

順位 ライダー 周回数 タイム 前車との差 平均速度
1 Italy フランチェスコ バニャイヤ 19 1'45.456     179.050
2 France ファビオ クアルタラロ 20 1'45.613 0.157 0.157 178.784
3 South Africa ブラッド ビンダー 18 1'45.652 0.196 0.039 178.718
4 Australia ジャック ミラー 17 1'45.701 0.245 0.049 178.635
5 France ヨハン ザルコ 17 1'45.725 0.269 0.024 178.595
6 Spain アレックス リンス 20 1'45.754 0.298 0.029 178.546
7 Portugal ミゲル オリベイラ 19 1'45.791 0.335 0.037 178.483
8 Spain ジョアン ミル 21 1'45.825 0.369 0.034 178.426
9 Spain ポル エスパルガロ 19 1'45.858 0.402 0.033 178.371
10 Italy フランコ モルビデリ 18 1'45.865 0.409 0.007 178.359

シェア
コメント
クアルタラロ、イタリアGP初日終え危険なトラフィックに苦言「FP2からスロー走行するなんて考えられない」
前の記事

クアルタラロ、イタリアGP初日終え危険なトラフィックに苦言「FP2からスロー走行するなんて考えられない」

次の記事

マルク・マルケス、怪我の回復に行き詰まり「具合が復帰時と変わらない」

マルク・マルケス、怪我の回復に行き詰まり「具合が復帰時と変わらない」
コメントを読み込む