MotoGP
R
ドイツGP
18 6月
Canceled
25 6月
Canceled
R
フィンランドGP
09 7月
Canceled
14 7月
イベントは終了しました
24 7月
イベントは終了しました
02 8月
イベントは終了しました
14 8月
イベントは終了しました
R
スティリアGP
21 8月
次のセッションまで……
6 days
R
イギリスGP
27 8月
Canceled
R
サンマリノGP
10 9月
次のセッションまで……
26 days
R
エミリア・ロマーニャGP
18 9月
次のセッションまで……
34 days
R
カタルニアGP
25 9月
次のセッションまで……
41 days
R
タイGP
02 10月
Canceled
09 10月
次のセッションまで……
55 days
R
日本GP
15 10月
次のセッションまで……
61 days
R
アラゴンGP
16 10月
次のセッションまで……
62 days
R
テルエルGP
23 10月
次のセッションまで……
69 days
R
オーストラリアGP
23 10月
Canceled
R
マレーシアGP
29 10月
Canceled
R
ヨーロッパGP
06 11月
次のセッションまで……
83 days
13 11月
Canceled
R
バレンシアGP
13 11月
次のセッションまで……
90 days
R
アルゼンチンGP
20 11月
Canceled

ロッシの3位表彰台は、獲得に向けた”疑問”払拭した……ペトロナスSRT代表語る

シェア
コメント
ロッシの3位表彰台は、獲得に向けた”疑問”払拭した……ペトロナスSRT代表語る
執筆:
2020/07/30 3:10

ペトロナス・ヤマハSRTのチーム代表であるラズラン・ラザリは、来季チーム加入が噂されるバレンティーノ・ロッシについて、MotoGPのアンダルシアGPでの表彰台が、その”疑問”の声を払拭すると考えている。

 ヤマハのバレンティーノ・ロッシは、来季からサテライトチームであるペトロナス・ヤマハSRTに移籍することが、まだ正式発表こそされていないものの、ほぼ間違いないと見られている。

Read Also:

 そのロッシは、先日ヘレスで行なわれたアンダルシアGPで3位表彰台を獲得。これはロッシにとって、2019年のアメリカズGP以来、久々の表彰台登壇となった。

 アンダルシアGPの前のレースであるスペインGPでは、レース途中にもかかわらずロッシは勝者となったファビオ・クアルタラロ(ペトロナス・ヤマハSRT)から14秒遅れ、さらに最終的にはマシントラブルでリタイアとなった。このパフォーマンスについては、将来に向けて不安視する声もあった。ロッシ自身も、自分の将来への不安を感じたと認めている。

 さらに、移籍先と目されるペトロナス・ヤマハSRTのチーム代表であるラズラン・ラザリも、イタリアのガゼッタ・デロ・スポルト紙の取材に対し、ロッシのパフォーマンスに疑問を抱いていたことを認めた。

「バレンティーノは、バレンティーノだ」

 ラザリ代表はそう語った。

「正直に言って、最初のレースが終わった後、疑問もあった。でも私は『きっと”ドクター(ロッシの愛称)”が戻ってくるはずだ』と、自分に言い聞かせていたんだ」

「ただ、(アンダルシアGPで)レースをした極端なコンディションを考えれば、彼は私に、とても印象的なモノを見せてくれた」

 アンダルシアGPでロッシがパフォーマンスを大幅に向上させたことにより、SRTの株主たちに対して、2021年のライダーとして迎え入れる理由を”簡単に”説明できるようになったとも語る。

「全てのことが、簡単になるようにしてくれた」

 ラザリ代表はロッシが表彰台を獲得したことについて語った。

「我々はペトロナスSRTであり、ビジネスに基づいた選択を行なう。しかし、地元のライダーを熱望するファンの声を無視することはできない。選択を強制されたわけではないが、彼(ロッシ)は普通のライダーではない」

「時間は確かにかかったが、彼が日曜日に見せたパフォーマンスにより、我々がバレンティーノを選ぶ理由を、株主に説明しやすくなった」

 ロッシの契約が正式に発表されるのが遅れているのは、彼のクルーをどうするかということが問題になっていると考えられている。しかしラザリ代表は、チームとしては、ロッシがいるというだけで有名になることは求めておらず、クアルタラロと共に築き上げた”哲学”を継続したいと考えていると語る。

「チームは、バレンティーノのおかげで有名になることを望んでいない」

 そうラザリ代表は語る。

「共に走る誰もが良い結果を出すことを、我々は望んでいる。ある観点から言えば、ゼロから何かを作り出し、今ファビオが築いているポジションは、私にとっての喜びである」

「我々は、今後もその哲学を継続したい。そしてバレンティーノについても、彼のことを助けることができるようにしたいと考えている」

「彼がいるからということだけで、人気を得たいとは思っていない。しかし、彼の年齢であっても、競争力を手にできるということを手助けしたいのだ」

「彼や彼のスタッフと話をしたことで、我々は彼が何を必要としているのか、それを理解している」

Read Also:

ロッシ、VR46アカデミー生の活躍は”誇り”。でもレース後アクシデントにはお叱り

前の記事

ロッシ、VR46アカデミー生の活躍は”誇り”。でもレース後アクシデントにはお叱り

次の記事

シルバーストン、MotoGPとの開催契約延長を熱望「更新できなかったら落胆する」

シルバーストン、MotoGPとの開催契約延長を熱望「更新できなかったら落胆する」
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ MotoGP
ドライバー バレンティーノ ロッシ 発売中
執筆者 Lewis Duncan