WRC

WRCラリージャパン、2021年大会の開催断念を発表「2022年に開催できるよう尽力」

2021年11月に予定されていたWRC(世界ラリー選手権)の日本戦、『フォーラムエイト・ラリージャパン2021』の開催が断念されることとなった。

 ラリージャパン2021実行委員会は、2021年のWRC(世界ラリー選手権)最終戦として11月11日〜14日にかけて行なわれる予定だった『フォーラムエイト・ラリージャパン2021』の開催を断念した事を発表した。

 2020年に10年ぶりの復活を果たす予定だったラリージャパンは、新型コロナウイルスの感染拡大の影響によって開催中止に。運営事務局は2021年大会の開催に向けて準備を行なっていたが、2021年に入っても感染拡大が続き、同年のF1日本GP、MotoGP日本GP、WEC富士6時間、鈴鹿8耐など、国際規格のレースが次々と開催を断念していた。

 そして9月7日、ラリージャパン2021実行委員会も声明を発表し、ラリージャパンの開催を断念するという決断を下した事を明らかにした。

 同委員会によると、ラリージャパン開催に向けては政府関係省庁、開催地自治体や、FIA、JAF、WRCプロモーターらと長期に渡る調整を続けてきたものの、公道を使用して地域住民と一丸となって開催するという競技特性や、未だ予断を許さない感染拡大状況を考慮した上で、開催断念の決断を下したという。

 ラリージャパン2021実行委員会会長の鈴木堅志氏は次のようにコメントし、2022年の開催に向けて尽力していくと述べた。

「フォーラムエイト・ラリージャパン2021が開催断念となり、楽しみにしていた皆様には大変申し訳なく思っております。また、開催実現に向けて尽力いただいていた皆様には、心より感謝申し上げます。このコロナ禍をなんとか克服し、2022年に日本の地でWRCが開催できるよう尽力して参ります」

Read Also:

前の記事

WRC、ラリー・ジャパン開催に向け日本の状況を注視「他のイベントに対して行なっているのと同じ」

次の記事

勝田貴元、WRCラリー・ギリシャの出場断念。コ・ドライバーのウィリアムスが緊急帰国

最新のビデオ

新着ニュース一覧

My Personal Information

Motorsport Network

part of

アプリをダウンロード