F1
31 7月
イベントは終了しました
07 8月
イベントは終了しました
14 8月
イベントは終了しました
28 8月
イベントは終了しました
17 8月
イベントは終了しました
R
アイフェルGP
09 10月
次のセッションまで……
19 days
23 10月
次のセッションまで……
33 days
31 10月
次のセッションまで……
41 days

ガスリー、今季のパフォーマンスに自信「レッドブルも結果に満足している」

シェア
コメント
ガスリー、今季のパフォーマンスに自信「レッドブルも結果に満足している」

アルファタウリ・ホンダのピエール・ガスリーは、今季の自身のパフォーマンスに自信を持っており、レッドブルの首脳陣も、そのパフォーマンスに満足していると明かした。

 アルファタウリ・ホンダのピエール・ガスリーが、今季力強い走りを見せている。開幕戦オーストリアGPと第4戦イギリスGPでは7位入賞。無得点に終わった2レースでも、予選Q3に進出してみせた。

Read Also:

 ガスリー本人は、チーム名がまだトロロッソだった昨年終盤戦の勢いを、今年まで維持できていると考えているようだ。

「去年の僕は、トロロッソと共にかなり力強い形でシーズンを終えられたと思う。ブラジルだけでなく、シンガポールや鈴鹿、メキシコなど、終盤のほとんどのレースで、力強い結果を手にした。そしてその勢いを、2020年に続けることが重要だったんだ」

 ガスリーはそう語る。

「それが、僕たちがやっていることのように感じている。ほぼ毎週末、マシンからポテンシャルの全てを引き出すことができている。もし金曜日に良い形でスタートできなかったとしてもね。チームと共にしてきた仕事については、本当に満足しているんだ。どのセッションでも、一歩ずつ前進できているように感じるし、色んなことが常に改善している。これはチームの努力の結果だ」

「大きな変更をしたとは考えていない。でも、チームとの関係、そしてレースエンジニアとセカンドエンジニアとの仕事は、明らかに良い形になっている。彼らとの仕事は、昨年のスパでスタートした。そして、複数のレースを一緒に戦ってきたから、お互いの理解は深まったと思う。おそらく、それだけだよね」

 ガスリーは昨シーズン、レッドブルのドライバーに抜擢された。しかしなかなか思うような結果を残すことができず、シーズン中盤でトロロッソに差し戻されることになった。ただ、ガスリーの後任としてレッドブル入りしたアレクサンダー・アルボンは、特に今季苦しんでおり、昨年のガスリーと同じような状況に置かれているように見える。

 もしガスリーが、今のようなパフォーマンスを続けることができれば、レッドブルに呼び戻される可能性もある。これについて尋ねられたガスリーは、次のように語った。

「ヘルムート(マルコ/レッドブルのモータースポーツ・アドバイザー)は、僕のリザルトとパフォーマンスに本当に満足している。それは決勝でも、予選でもね。しかし結局のところ、僕が決められるようなことじゃない。僕のためにできること、僕が今唯一集中していることは、ただ全ての週末に良いパフォーマンスを発揮し、あらゆる可能性を掴み取るということだ」

「それが、僕にとって唯一の目標だ。力強いパフォーマンスを続ける限り、遅かれ早かれ、チャンスが訪れると信じている。それは、その時になったら分かることだ。今は自分の仕事に集中し、自分のベストを尽くすだけだ」

Additional reporting by Alex Kalinauckas and Oleg Karpov

Read Also:

ヒュルケンベルグ、F1 70周年記念GPもペレス代役続投「今回はポイント争いが目標」

前の記事

ヒュルケンベルグ、F1 70周年記念GPもペレス代役続投「今回はポイント争いが目標」

次の記事

“ブレーキダクト問題”はルノーが勝訴。レーシングポイントは罰金と選手権ポイント減点

“ブレーキダクト問題”はルノーが勝訴。レーシングポイントは罰金と選手権ポイント減点
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
イベント F1 70周年記念GP
ドライバー ピエール ガスリー
チーム アルファタウリ・ホンダ