F1メキシコFP1速報:メルセデス1−2、レッドブル・ホンダ勢が続く。角田裕毅は11番手タイムを記録

F1第18戦メキシコGPのフリー走行1回目が行なわれ、バルテリ・ボッタス(メルセデス)がトップでセッションを終えた。アルファタウリ・ホンダの角田裕毅は、11番手だった。

F1メキシコFP1速報:メルセデス1−2、レッドブル・ホンダ勢が続く。角田裕毅は11番手タイムを記録

 F1第18戦メキシコGPのフリー走行1回目が行なわれ、バルテリ・ボッタス(メルセデス)がトップでセッションを終えた。

 ボッタスは1分18秒341を記録し、2番手のチームメイトであるルイス・ハミルトンに0.076秒差をつけた。

 3番手にはトップから0.123秒差でマックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)。4番手には母国優勝を狙うチームメイトのセルジオ・ペレスが並んだ。

 アルファタウリ・ホンダの角田裕毅は、トップから1.670秒差の11番手。チームメイトのピエール・ガスリーは5番手だった。

 なお、角田は今回4基目のパワーユニット(PU)コンポーネントを複数投入。規定数を超えた使用により、決勝ではグリッド最後尾からのスタートとなることが決まっている。

 
 
Read Also:
順位 ドライバー 周回数 タイム 前車との差 平均速度
1 Finland バルテリ ボッタス 28 1'18.341     197.781
2 United Kingdom ルイス ハミルトン 24 1'18.417 0.076 0.076 197.589
3 Netherlands マックス フェルスタッペン 28 1'18.464 0.123 0.047 197.471

シェア
コメント
熾烈なF1タイトル争い、決着はどんな形に? ハミルトン「”セナプロ”のような接触は望んでいない」
前の記事

熾烈なF1タイトル争い、決着はどんな形に? ハミルトン「”セナプロ”のような接触は望んでいない」

次の記事

F1メキシコFP1:ボッタスがトップ。レッドブル・ホンダ勢はメルセデスの後塵を拝す、角田裕毅は最多周回で11番手

F1メキシコFP1:ボッタスがトップ。レッドブル・ホンダ勢はメルセデスの後塵を拝す、角田裕毅は最多周回で11番手
コメントを読み込む