特集|2023年のF1ドライバーのカーナンバー。誰がどの番号を使うのか? その理由は?

F1ドライバーはキャリアを通じて使用する固定カーナンバーを選ぶが、現役F1世界チャンピオンのみが「1」を付けることが許される。2023年はどのドライバーがどの番号を使い、その選択の背景にはどのようなストーリーがあるのだろうか?

特集|2023年のF1ドライバーのカーナンバー。誰がどの番号を使うのか? その理由は?
Listen to this article

 F1では、全てのドライバーが固定のカーナンバーを使用してキャリアを戦う。

 この仕組みは、コース上のドライバーへの認知度を高めるために2014年に導入されたもので、かつてはチャンピオンシップの最終順位に基づいてナンバーが決められたり、チームごとにナンバーが決まっていたこともあった。

 ただずっと変わらないモノ……それは前年のチャンピオンのみがカーナンバー1をつけることができるということだ。1974年以来、カーナンバー1は一部の例外を除いて、前年チャンピオンしかつけることが許されなかった。現在でも、現役のF1世界チャンピオンだけが自分の固定ナンバーをチャンピオンナンバーである「#1」に変更することができる。

 多くのドライバーにとっては、自身が選んだカーナンバーには、ラッキーナンバーであったり、特別な思い出があったりと……それぞれにストーリーがある。この記事では、2023年F1シーズンに参戦するドライバーのカーナンバーと、その背景にあるストーリーをご紹介する。

2023年F1ドライバーのカーナンバー一覧

カーナンバー ドライバー
1 Netherlands マックス・フェルスタッペン(レッドブル)
2 United States ローガン・サージェント(ウイリアムズ)
4 United Kingdom ランド・ノリス(マクラーレン)
10 France ピエール・ガスリー(アルピーヌ)
11 Mexico セルジオ・ペレス(レッドブル)
14 Spain フェルナンド・アロンソ(アストンマーチン)
16 Monaco シャルル・ルクレール(フェラーリ)
18 Canada ランス・ストロール(アストンマーチン)
20 Denmark ケビン・マグヌッセン(ハースF1)
22 Japan 角田裕毅(アルファタウリ)
23 Thailand アレクサンダー・アルボン(ウイリアムズ)
24 China 周冠宇(アルファロメオ)
27 Germany ニコ・ヒュルケンベルグ(ハースF1)
31 France エステバン・オコン(アルピーヌ)
44 United Kingdom ルイス・ハミルトン(メルセデス)
55 Spain カルロス・サインツJr.(フェラーリ)
63 United Kingdom ジョージ・ラッセル(メルセデス)
77 Finland バルテリ・ボッタス(アルファロメオ)
81 Australia オスカー・ピアストリ(マクラーレン)
未定 Netherlands ニック・デ・フリーズ(アルファタウリ)

#1|マックス・フェルスタッペン(レッドブル)

 現役F1世界チャンピオンであるレッドブルのマックス・フェルスタッペンは、2023年シーズンも#1を使用することを選択。2021年に初の戴冠を迎えたことで2022年は既存の#33から変更しており、来季はチャンピオンナンバーで2シーズン目を迎える。

 フェルスタッペンは2022年シーズンの最終戦アブダビGPで、来季のカーナンバーについて次のように語っていた。

「もし僕が世界チャンピオンじゃなくなったら、いつでも#33には戻ることができる。でも僕が世界チャンピオンである限り、僕は毎年#1を使うよ」

 フェルスタッペン以前に、チャンピオンナンバーを使用したのは2014年のセバスチャン・ベッテル。それ以降タイトルを獲得していたルイス・ハミルトンは自身の固定ナンバーを使用し続け(2018年アブダビGPのFP1では1度だけ#1を使用したが)、2016年シーズンの世界チャンピオンであるニコ・ロズベルグはその年限りでF1を引退したため、翌年は#1を使用する権利を手にしたドライバーはいなかった。

 

 フェルスタッペンの固定カーナンバーである#33にもストーリーがある。彼のラッキーナンバーは#3だったが、既にF1ではその番号をダニエル・リカルドが使用していたため、フェルスタッペンは”二重の幸せを願って”#33とした。

「子供の頃、この番号でレースをしていたから、F1でも#33を使ったら良いと思ったんだ」とフェルスタッペンは語り、#33と書かれたオモチャのクルマに乗る写真を載せてソーシャルメディアに投稿していた。

 なおフェルスタッペンは、ヨーロッパF3では#30、F1公式セッションデビューとなった2014年の日本GPフリー走行1回目では#38を付けたトロロッソ(現アルファタウリ)を走らせた。

#2|ローガン・サージェント(ウイリアムズ)

 2023年にウイリアムズからF1デビューを果たすローガン・サージェントは、#2をピックアップ。そのカーナンバーを選択した理由としてサージェントは、多くの勝利を挙げたフォーミュラ・ルノー時代に付けていたからだと説明している。

 #2は2017〜2018年にかけてマクラーレンからF1を走ったストフェル・バンドーンが使用していたものの、最後の使用から2年以上が経過しているため、バンドーンの保有権は失効。サージェントの使用が可能となっていた。

#4|ランド・ノリス(マクラーレン)

 マクラーレンのランド・ノリスはカーナンバーとして#4を選択し、その理由を次のように説明している。

「背後にストーリーはないよ。ハッシュタグの#L4ndoにはよく合うけど、全てのレースカテゴリーで使ってきた訳じゃないんだ」

 そしてノリスはMotoGPの伝説的なライダーであるバレンティーノ・ロッシの大ファンということもあり、彼の#46を使うことも考えたものの、「模倣」にはなりたくないとして、#4を使用することを選んだ。

#10|ピエール・ガスリー(アルピーヌ)

 2023年にアルファタウリからアルピーヌへと移籍するピエール・ガスリーは、2013年のフォーミュラ・ルノー2.0ユーロカップでこのカーナンバーを付けてチャンピオンに輝いている。GP2時代は#21、スーパーフォーミュラ時代は#15番を付けていたが、サッカーの元フランス代表ジネディーヌ・ジダンの大ファンでもあるガスリーは、F1昇格に合わせて#10を選んだ。

#11|セルジオ・ペレス(レッドブル)

 レッドブルのセルジオ・ペレスがマシンにつけているのは#11。その由来はモータースポーツではなく、サッカーにある。

 ペレスはクラブ・アメリカ、特にバンバンことイバン・サモラーノの大ファンであり、次のように語っていた。

「バンバンのプレー、得点の仕方が好きだったんだ。彼のファンになって、その背番号でレースに出ることにしたんだ。今に至るまで、メールアドレスとかも常に11を使っているんだ!」

#14|フェルナンド・アロンソ(アストンマーチン)

 来季アルピーヌからアストンマーチンへと移籍するフェルナンド・アロンソは、#14を背に2001年からF1に参戦。1999年7月14日、14歳の時にカーナンバー#14でカートの世界チャンピオンになった「その瞬間から、#14が自分のナンバーだと理解した」とその由来を語っていた。

#16|シャルル・ルクレール(フェラーリ)

 フェラーリのシャルル・ルクレールは、#16でF1に参戦している。当初はラッキーナンバーの#7を所望したものの、これは既にキミ・ライコネンが使用していた。第2希望の#10も親友のガスリーが使用していたため、「1+6=7だから」と#16を選んだ。

 因みに彼の誕生日は1997年の10月16日。16は彼にとって縁のある数字でもある。

#18|ランス・ストロール(アストンマーチン)

 アストンマーチンのランス・ストロールは、カーナンバーに#18を選択。キャリア初期に、ストロールはこのカーナンバーでイタリアF4を制覇。そして18歳の誕生日を迎えた直後にウイリアムズからF1デビューを果たしている。

「ちょっと迷信的だけど、自分としては重要な小さなことを持ち続けるのが好きなんだ。それらを変えようとは思わないよ」

 ストロールは自身のカーナンバーについてそう語っていた。

#20|ケビン・マグヌッセン(ハースF1)

 ケビン・マグヌッセンは、2014年にマクラーレンからグランプリデビューを果たす前年2013年に、フォーミュラ・ルノー3.5シリーズのタイトルを獲得。その時に使用していた#20でF1に参戦している。

#22|角田裕毅(アルファタウリ)

 角田裕毅は、アルファタウリからのF1デビュー時に#22をカーナンバーに選択した。5月11日生まれの角田はカート時代に#11を使用しており、F1でもその番号を希望したものの、そのカーナンバーはペレスが既に使用していたため、22となった。

 角田は22を選択した理由について、次のように語っている。

「本当は11番が良かったんです。小さい頃レースデビューした番号が11番でしたし、僕の誕生日が11日(5月11日)なので。ただ11番はセルジオ・ペレス選手に先に取られていたので、本当に単純に1+1=2で、22に(笑)」

#23|アレクサンダー・アルボン(ウイリアムズ)

 ウイリアムズからF1に参戦しているアレクサンダー・アルボンは、#23を選択。バスケットボール界ではマイケル・ジョーダンやレブロン・ジェームズがこの番号でプレーし、サッカー界ではデビッド・ベッカムもキャリアの一部でこの番号を使用していたことから、この#23はスポーツでは象徴的な存在だと言える。

 ただ、アルボンがこの番号を選んだ理由は、ノリスと同様にロッシの大ファンだから。カート時代にアルボンは#46をつけてレースをしていたが、F1ではこの番号を半分にすることにした。

 

#24|周冠宇(アルファロメオ)

 2022年シーズンのルーキーF1ドライバーであるアルファロメオの周冠宇は、#24を選択。彼がこの番号を選んだ理由は、大ファンであるバスケットボーツ選手のコービー・ブライアントへのトリビュートからだ。ブライアントは、レイカーズでの最後の数年間を背番号#24でプレーしていた。

 因みに、周より前にF1で#24を選択していたドライバーはティモ・グロックだ。

#27|ニコ・ヒュルケンベルグ(ハースF1)

 2023年にハースF1からF1へ復帰するニコ・ヒュルケンベルグは、フル参戦を行なっていた2019年以前と同じく#27を使用し続ける。このカーナンバーはジル・ビルヌーブを象徴する番号であり、アイルトン・セナやジャン・アレジなど他のスタードライバーも使ったため、F1界では伝説的な番号と言える。

 しかし、ヒュルケンベルグが#27を選んだ理由はそれとは全く関係がない。彼の誕生日である8月19日の8と19を足したモノだと言われている。

#31|エステバン・オコン(アルピーヌ)

 アルピーヌのエステバン・オコンは、#31を使用。オコンは2007年にこのカーナンバーでカートでの初タイトルを獲得しており、キャリアの中でも輝かしい一年と彼は今でも考えている。また2014年10月にロータスで初のF1テストを行なった際にも、オコンは#31を使用している。

#44|ルイス・ハミルトン(メルセデス)

 7度のF1世界チャンピオンであるルイス・ハミルトンは、#44を使用し続けている。ハミルトンは初めてのカートレースの際に、どの番号を選べば良いのか分からず、父親のクルマのナンバー「F44」からこのカーナンバーの着想を得た。

 そこからハミルトンはF1でも一貫して#44を使用してきた。前述にもある通り、F1でチャンピオンナンバーを使用できる際にも基本的には#44を使用し続けてきた。

#55|カルロス・サインツJr.(フェラーリ)

 フェラーリのカルロス・サインツJr.は、カーナンバーに#55を選択しており、彼はその理由について次のように語っている。

「僕の名前は5に似ているSから始まって、苗字も同じくSから始まる。だから55になったんだ」

 彼の好きな数字は#5だが、そのカーナンバーはセバスチャン・ベッテルが既に使用していたため、”言葉遊び”で彼は#55を選択するに至った。

#63|ジョージ・ラッセル(メルセデス)

 メルセデスのジョージ・ラッセルはF1で#63を使用しているが、その理由について彼は次のように語っている。

「僕の兄が#63でカートをやっていたから、それ以来、このカーナンバーが家族の番号になっているんだ」

 この#63、遠目で見るとラッセルのイニシャルであるGRとも読むこともできる。また、彼の母国イギリス(Great Britain)のイニシャルをとったGBという見方もできる。

#77|バルテリ・ボッタス(アルファロメオ)

 2023年にアルファロメオで2シーズン目を迎えるバルテリ・ボッタスは、他のドライバーと同様にラッキーナンバーの#7を希望していた。ただこのカーナンバーは同胞のライコネンが既に使用していたため、7がT似ていること、そして苗字のBo”tt”asにちなんで#77を選択した。

#81|オスカー・ピアストリ(マクラーレン)

 来季マクラーレンからF1へデビューするオスカー・ピアストリは、ジュニアカテゴリー時代に散発的に使用していた#81をF1でも使用することを発表している。

 母国オーストラリアでカートをやっていた時には#11を使用していたが、カートカテゴリーを上るにつれてライバルが既にそのカーナンバーを使用していたことから、#81に変更。ヨーロッパに戦いの場を移すと、様々なカーナンバーを使用したが、イギリスF4とフォーミュラ・ルノー・北ヨーロッパカップに参戦する際は#81に戻していた。

Jules Bianchi, Marussia MR03

Jules Bianchi, Marussia MR03

Photo by: Sutton Images

F1に永久欠番はある?

 F1ドライバーは、カーナンバーに#17を使用することができない。これは、2014年の日本GPのアクシデントにより命を落としたジュール・ビアンキへのトリビュートとして、F1はこの番号を永久欠番としているからだ。

ドライバーはいつまで固定カーナンバーを維持できる?

 F1を去ったドライバーも、復帰の可能性に備えて最長2年間はそれまでF1で使用していたカーナンバーを維持できる。この間、他のドライバーがその番号を使用することができない。

 例えば、アロンソが2021年に2シーズンぶりに復帰した際も#14を選ぶことも可能であり、アルボンやヒュルケンベルグら一時F1グリッドから離れていたドライバーもそれまでに使用していたカーナンバーのままとなっていた。そのため、長期的にF1を離れていた場合は、新しいカーナンバーを選ぶこととなる。

 来季、ニック・デ・フリーズは初のF1フル参戦を迎えることとなり、固定カーナンバーを選ぶこととなる。両ドライバーはこれから使用する番号を確定させるが、以下のカーナンバーは2023年には使用できない。

カーナンバー

ドライバー名

期限

3

ダニエル・リカルド

2024年末まで

5

セバスチャン・ベッテル

2024年末まで

6

ニコラス・ラティフィ

2024年末まで

7

キミ・ライコネン

2023年末まで

9

ニキータ・マゼピン

2023年末まで

17

ジュール・ビアンキ

永久欠番

47

ミック・シューマッハー

2024年末まで

99

アントニオ・ジョビナッツィ

2023年末まで

 
関連ニュース:

シェア
コメント

アウディ、2026年のF1参戦に向け開発拠点の拡充を開始。数百人規模の採用活動も実施中

ブランドル、ビノットのフェラーリ離脱は”奇妙”だと首をかしげる。「後任は、イタリアメディアに晒されない必要がある」

最新ニュース

チーム再建のキーマンになるか? ウイリアムズF1のボウルズ新代表、関係者から全幅の信頼集める

チーム再建のキーマンになるか? ウイリアムズF1のボウルズ新代表、関係者から全幅の信頼集める

F1 F1

チーム再建のキーマンになるか? ウイリアムズF1のボウルズ新代表、関係者から全幅の信頼集める チーム再建のキーマンになるか? ウイリアムズF1のボウルズ新代表、関係者から全幅の信頼集める

開催カレンダーにバラエティ性を持たせづらい国内カテゴリー。海外戦、復活させませんか?:英国人ジャーナリスト”ジェイミー”の日本レース探訪記

開催カレンダーにバラエティ性を持たせづらい国内カテゴリー。海外戦、復活させませんか?:英国人ジャーナリスト”ジェイミー”の日本レース探訪記

SGT スーパーGT

開催カレンダーにバラエティ性を持たせづらい国内カテゴリー。海外戦、復活させませんか?:英国人ジャーナリスト”ジェイミー”の日本レース探訪記 開催カレンダーにバラエティ性を持たせづらい国内カテゴリー。海外戦、復活させませんか?:英国人ジャーナリスト”ジェイミー”の日本レース探訪記

1輪失っても抜いてやる……! フェネストラズ、接触覚悟で掴んだフォーミュラE初ポイント。低調な序盤も日産に回復の兆し

1輪失っても抜いてやる……! フェネストラズ、接触覚悟で掴んだフォーミュラE初ポイント。低調な序盤も日産に回復の兆し

FE フォーミュラE

1輪失っても抜いてやる……! フェネストラズ、接触覚悟で掴んだフォーミュラE初ポイント。低調な序盤も日産に回復の兆し 1輪失っても抜いてやる……! フェネストラズ、接触覚悟で掴んだフォーミュラE初ポイント。低調な序盤も日産に回復の兆し

2022年WRCラリー・ジャパンを制したヒョンデi20 N Rally1が大阪オートメッセに展示決定。ブース訪問でプレゼントも!

2022年WRCラリー・ジャパンを制したヒョンデi20 N Rally1が大阪オートメッセに展示決定。ブース訪問でプレゼントも!

Misc General

2022年WRCラリー・ジャパンを制したヒョンデi20 N Rally1が大阪オートメッセに展示決定。ブース訪問でプレゼントも! 2022年WRCラリー・ジャパンを制したヒョンデi20 N Rally1が大阪オートメッセに展示決定。ブース訪問でプレゼントも!