F1
02 4月
-
05 4月
イベントは終了しました
30 4月
-
03 5月
イベントは終了しました
R
第6戦スペインGP
07 5月
-
10 5月
イベントは終了しました
21 5月
-
24 5月
イベントは終了しました
04 6月
-
07 6月
次のセッションまで……
8 days
11 6月
-
14 6月
次のセッションまで……
15 days
25 6月
-
28 6月
Postponed
02 7月
-
05 7月
次のセッションまで……
36 days
16 7月
-
19 7月
次のセッションまで……
50 days
R
第13戦ハンガリーGP
30 7月
-
02 8月
次のセッションまで……
64 days
27 8月
-
30 8月
次のセッションまで……
92 days
R
第15戦イタリアGP
03 9月
-
06 9月
次のセッションまで……
99 days
R
第16戦シンガポールGP
17 9月
-
20 9月
次のセッションまで……
113 days
R
第17戦ロシアGP
24 9月
-
27 9月
次のセッションまで……
120 days
08 10月
-
11 10月
次のセッションまで……
134 days
22 10月
-
25 10月
次のセッションまで……
148 days
R
第20戦メキシコGP
29 10月
-
01 11月
次のセッションまで……
155 days
R
第21戦ブラジルGP
12 11月
-
15 11月
次のセッションまで……
169 days
R
第22戦アブダビGP
26 11月
-
29 11月
次のセッションまで……
183 days

フェラーリ、新規則導入の延期で不利に? それでも「F1のために必要なこと」

シェア
コメント
フェラーリ、新規則導入の延期で不利に? それでも「F1のために必要なこと」
執筆:
2020/03/31 3:39

フェラーリは新しいレギュレーションの導入が2022年に延期されることで、ライバルに対して不利になる可能性があると話した。

 新型コロナウイルスが世界的に大流行している状況を受け、F1は開催スケジュールの大幅変更を余儀なくされた。実際にレースが行なえるか不透明な状況の中、分配金やスポンサー収入が減ることで、チームが財政的な危機に直面する可能性がある。

 チームやFIAとの協議が行なわれた結果、2021年に導入される予定だった新しい技術規則の導入を1年遅らせ、2021年も現行マシンを使用することで合意がなされた。

 この決定は、フェラーリにとって不利に働く可能性がある。フェラーリはプレシーズンテストの結果を受けて、2020年のマシン『SF1000』がライバルであるメルセデスやレッドブルに対して、望んでいたほどの競争力がないと考えているのだ。

 しかし、フェラーリのチーム代表であるマッティア・ビノットは、自分たちの競争力に焦点を合わせるよりも、小規模チームを救うための努力を後押しすることの方が重要だと語った。

「現在のベースラインと、テストからのフィードバックを考慮すると、レギュレーション導入を遅らせるという選択で、我々にアドバンテージがあるとは思わない」

 ビノットは、スカイ・イタリアにそう話した。

「簡単な決定ではなかったが、そうしなければいけなかったんだ。今後のことについて、責任あるシグナルを送ることが重要だった」

 ビノットは、来年に向けてどんな変更が許可され、許可されないのはどんなことなのかを正確に決めるための議論が必要だと主張した。

「我々はそれを詳細に定義する必要がある。開発が凍結されるのはどこか、許可されるのはどこなのかを理解するために、全チームの代表者およびFIAと話し合っている。”競争”というF1のDNAが維持されることを望む」

 またビノットは、F1オーストラリアGPでマクラーレンのスタッフがコロナウイルスに感染していたことが分かった後、仮にそのままイベントが進められていたとしても、フェラーリは参加しなかったと話した。

「我々の立場はすぐに明確になった。週末が通常通り開催されていたとしても、レースに参加することはなかっただろう」

「フェラーリはチームの全メンバーの安全を確保するためにレースはしなかっただろう。(木曜日)夜のうちに、シャルル(ルクレール)とセブ(セバスチャン・ベッテル)に、自由に帰宅できると知らせていたんだ」

 

Read Also:

次の記事
コロナ対応への寄付金募ったノリス、目標達成で“丸坊主”に「さよなら僕の髪の毛!」

前の記事

コロナ対応への寄付金募ったノリス、目標達成で“丸坊主”に「さよなら僕の髪の毛!」

次の記事

セナだけが輝いていたわけじゃない……84年F1デビュー組、それぞれの運命

セナだけが輝いていたわけじゃない……84年F1デビュー組、それぞれの運命
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
チーム Scuderia Ferrari
執筆者 Jonathan Noble