F1
31 7月
イベントは終了しました
07 8月
イベントは終了しました
14 8月
イベントは終了しました
28 8月
イベントは終了しました
17 8月
イベントは終了しました
25 9月
イベントは終了しました
09 10月
次のセッションまで……
9 days
23 10月
次のセッションまで……
23 days
31 10月
次のセッションまで……
31 days

”史上最悪”のフェラーリF1、ベルギーGPでの遅さに「怒りと失望」

シェア
コメント
”史上最悪”のフェラーリF1、ベルギーGPでの遅さに「怒りと失望」
執筆:
, Grand prix editor

フェラーリのチーム代表であるマッティア・ビノットは、ベルギーGPを無得点で終えたことについて”失望と怒り”を覚えていると語った。

 フェラーリにとって2020年のベルギーGPは、悪夢のようなグランプリとなった。2台共に予選ではギリギリQ2に進出、決勝ではポジションを上げることができず、セバスチャン・ベッテルも、シャルル・ルクレールも、ポイント圏外でのフィニッシュとなった。

Read Also:

 ルクレールは素晴らしいスタートを決め、8番手にジャンプアップした。しかしながら、ストレートスピードが劣るフェラーリは徐々にポジションを落とすことになった。

 またルクレールはレース終盤、パワーユニットの空気圧を補充する必要性に迫られたため、2度目のピットストップを実施。最後尾までポジションを落とすことになった。

 結局ベッテルは13位、ルクレールは14位でチェッカーを受けている。

 フェラーリのチーム代表であるマッティア・ビノットは、今年のマシンは空力効率とパワーの両方が「非常に欠けている」と指摘した。

「我々は大いに失望し、怒りに満ちている」

 ビノット代表はそう語った。

「今はシーズンの中でも、とても難しい時を過ごしている。そして当初から我々には、厳しい時期に見舞われることが分かっていた。しかしこの困難な状況を乗り越えるためにしっかりと立ち、前を向く必要がある。今はそういう時なのだ」

「この状況から抜け出すための唯一の方法はそれしかない」

 レース終了後、ルクレールは非常にパワーの面で劣っており、ケメルストレートでDRSを使ってオーバーテイクするのも難しかったと指摘した。

「僕らにとってとても難しい週末だった。とても苛立たしかったよ」

 そうルクレールは語った。

「僕らが行なった2回のピットストップには問題があったため、レースがこれ以上簡単になることはなかった。その問題により、多くのタイムとポジションを失うことになった」

「前を追いかけようとした。しかしたとえDRSを使っても、オーバーテイクするのはとても難しかった」

「僕らは問題の解決策を見つけるために、仕事を続ける必要がある。でもそれは、とても難しいことだ」

 ベッテルは、問題が”スパ特有”のモノであることを望んでいるが、モンツァとムジェロのイタリア2連戦でのチャンスについても、現実的になる必要があると語った。

「この週末から多くのことを学んだ。だから僕たちは懸命に働かなければいけない。力強く、そして結束し、できる限りのことを確実に実行する必要があるんだ」

 そうベッテルは語った。

「この先2週間で、チームにとっては重要なふたつのレースが予定されている。それが、自分たちが集中しているところだ。でも、奇跡を期待することはできない。現実的である必要があるんだ」

「パッケージは、期待していたほど強くはない。そのため、僕らは前を向き、良い部分を探さなければいけない。たとえ今は、その良いモノが多くはないとしてもね」

Read Also:

ハロに感謝! ラッセル、ジョビナッツィとのクラッシュで恐怖感じる

前の記事

ハロに感謝! ラッセル、ジョビナッツィとのクラッシュで恐怖感じる

次の記事

ウイリアムズの買収に元F1ボスが関わっていた!? 副代表「そんなことはない」と否定

ウイリアムズの買収に元F1ボスが関わっていた!? 副代表「そんなことはない」と否定
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
イベント ベルギーGP
チーム Scuderia Ferrari
執筆者 Luke Smith